まずは住宅カタログ一括請求をしよう!

リンク広告

家づくりは何から始めればいいか分からないと思います。
どのように工務店やハウスメーカーへコンタクトを取ろうかと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

家づくりは、ほとんどの人が一生に一度建てる事が出来るかどうかだと思います。
1回しかないので、なおさら後悔はしたくないですよね?今回は、まず最初にどうやってコンタクトを取るのか解説したいと思います。

まずは住宅展示場?

まずは、『住宅展示場へ足を運んで話を聞いてみるか。』そう考えている人も多いのではないでしょうか?

勿論それは間違いではありません。一度足を運んでみて体験した方が家づくりについて大いに役に立ちます。
そして、住宅展示場へ行くと話をして最後に自社のパンフレット、つまり自社のカタログを渡されます。

このカタログは、自分の会社の家づくりはこんなに素晴らしいんだ、こんな家づくりが出来るんだという事が載ってます。

家づくりの場合、何社も見て回る事もあるので、最初に回った住宅展示場はどんな感じだったかなと悩む場面も出てくるでしょう。
しかし、カタログがあればあーそうだったねと思い出す事が出来るためカタログは非常に便利です。

そう、家づくりの第一歩はカタログを見る・またはカタログを集める事だと思います。

カタログを集める方法は?

カタログを集める方法は主に3パターンあります。

●住宅展示場へ行く

●ホームページから1社ずつ請求する

●会社を訪問する

しかし、この3つの方法は、時間の効率が悪いし、一番面倒なのは面と向かって話をして営業を受けるストレスがあります。

最初は良いんです。色々話を聞くと勉強になりますから。しかし、何度も話を聞いていくうちに大体聞かれる事は同じなんです。
どういった家を、広さはどれくらいを希望か、最終的な予算など聞かれて最終的に面倒になるんですよね・・・。

それさっきも(別の工務店で)話したし・・・と言った具合になるんです。

【出来れば、会わなくてもカタログだけとりあえず見て検討したい】そう思ってくるんです。

また、大手のハウスメーカーはきちんとしたモデルルームがありますが、地元の工務店なんかは、モデルルームを持っていないケースも多いです。ですから実際に見る事は出来ないかもしれないけど、カタログは欲しい・・・でも面倒・・・また、インターネットを利用してホームページから資料請求を1件1件行う・・・すごく面倒・・・。

何よりフィーリングの合わない営業マンと時間を一緒に使う・・・これはストレスでしかありません。

会社を訪問する前に自分の好みのデザインなのか、下調べしていた方がストレスを感じる確率は下がります。この世の中、少しでも確率で考えていかないと、ストレス社会にどっぷりつ漬かってしまいます。

その下調べには、カタログが不可欠であると思います。

でも安心して下さい。そんな悩みを解決する方法があるんです。



一括カタログ請求サイト

ハウスメーカーや工務店のカタログを、1回で数社まとめて請求できる、とても便利なサービスです。

各工務店やハウスメーカーを調べるのにも時間が掛かりますが、1回の入力で多くのカタログ請求が出来るので時間のない人にとってはすごく便利です。

しかも無料!少しでも良いなと思った所はカタログ請求して、カタログをしっかりと見た方が絶対に早いです。

勿論、企業のホームページもしっかりと作り込まれていますので分かり易いと思うのですが、このペーパーレスの時代に申し訳ないですが
個人的には、まだ紙ベースで見たい(笑)カタログを請求後、気になったハウスメーカーや工務店のホームページを後から確認するなどした方が効率は良いです。特にホームページには、各会社のブログなどを掲載している工務店が多いため、ブログでも会社の情報を確認出来ます。

カタログ一括請求サイトはこちら☟



ハウスメーカー・工務店を比較・カタログ一括請求

カタログを請求したら、カタログが届くのを待つだけ。その後カタログが届いたら、
『この会社はオシャレな家づくりをしているね』『この会社は断熱性能に力を入れているね』など夫婦や家族と一緒に楽しいカタログ鑑賞会が出来ます。

カタログの請求は無料ですので、いい家を建てるためにも是非活用して下さい。

カタログには、会社案内は勿論、施工例の写真なんかも掲載されています。自分の好みがイメージしやすい事が最大のメリットだと思います。

新築で成功するためには、必ず複数の会社と比較する事が非常に大事です。当たり前の話ですが、全ての工務店やハウスメーカーが自分に合っているか分かりません。しかし、最初は必ずお客様へ合わせようとします。営業マンも仕事ですから、契約取りたいです。

しかし、1社だけだったら、当たり前が分からないですよね?当たり前が分からないから、その1社が当たり前って錯覚する可能性があります。
そう比較って非常に大事なんです。

注文住宅であれば、何でも注文出来ると思っていますよね?そう、間違いではないんです。しかし、各工務店やハウスメーカーで得意のスタイルがあるんです。

例えば音楽でも様々なジャンルがありますよね?クラシックからジャズ・洋楽・J-POPなど様々。勿論クラシックを毎日演奏している方に、突然ジャズを演奏して下さいと言ったら?演奏できるかもしれませんが、毎日ジャズを演奏している人に比べて上手に演奏できるかは・・・

まぁ腕にもよるかもしれませんが、毎日行っている人の方が上手に演奏できる確率は上がりますよね?

家づくりも同じです。注文住宅なので、依頼すれば可能だと思いますが毎回同じスタイルの家を建てている所に依頼を行った方が失敗する確率は低いという事です。工務店やハウスメーカーによって、使用する材料、木の種類などが異なります。

でも実際にカタログだけを請求して何を基準に判断すればいいか分からないと思います。しかし、その工務店やハウスメーカーの特長は分かるはずです。
まずは、自分の好きなデザインなどで判断していいと思います。ここの『工務店よりこっちの工務店の方がオシャレな感じる』
そういった理由でもいいです。そうやって比較しながら候補から外していく作業を行う事をお勧めします。

今はインターネットの普及により、様々な情報がネットで得られます。本当に色々な情報がありそれが正しいのか正しくないのかさえ分からない事も多いです。

例えば、工務店の口コミなんかは信頼していいのか分からない事もありますよね?

全てにおいて同じ事が言えます。人気芸能人でも万人に好かれる事はありません。必ずアンチがいるものです。口コミも一緒です。その人に合う、合わないは必ずあります。口コミサイトなどだけで判断すると失敗するかもしれません。

正しい情報を手に入れるためには、自分が経験し、そして色々な工務店からの相見積もりが必要です。やはり金額の比較も大事な事です。まずは、どの程度金額が掛かるのか、分からない事だらけだと思います。

まとめ

住宅を検討している方は、カタログ集めは必須だと思います。でも、お金や手間、何より時間を掛けたくない方にとっては非常に便利なお得な情報だと思います。

カタログで、各会社の得意なスタイルを確認、また参考になる間取りや自分好みを再確認、何よりいろんな会社を比較する事が出来ます。

是非、カタログ一括請求サイトを利用して、失敗のない家づくりを行って欲しいと思います。

カタログ一括請求サイトはこちら☟



ハウスメーカー・工務店を比較・カタログ一括請求

また、初めてで何も分からない、どうしようかなと思っている方は、SUUMOカウンターへ相談する事も一つの手だと思います。
SUUMOカウンターは私も利用しましたので、参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です