ウッドデッキとタイルデッキどちらがいいの?お答えします!

リンク広告

新築を建てる時は、絶対デッキが欲しいと思っている方は多いと思います。実際に私もデッキが欲しいと思っていました。

しかし、デッキはなくても生活出来る、どっちかというと贅沢品の部類に入ります。
デッキに関して言えば、最初は欲しいと考えていたけれど、最終的に予算がなくなってなくなる率も高いようです。

しかし、せっかくの庭付き一戸建て。デッキがあるとバーベキューなど夢が広がります。だからこそ絶対デッキを付ける!と意気込みしているあなた!デッキにも色々種類がある事を知っていますか?

大きく分けてデッキの種類は、ウッドデッキとタイルデッキの2種類になります。
しかもウッドデッキには現在流行りの人工木材のウッドデッキと天然木のウッドデッキがあります。

今回は、ウッドデッキ(人工木材のデッキを含む)とタイルデッキのメリットデメリットを考えて、どちらがいいのかを考えて行きます。

ウッドデッキ(天然木)のメリット

木の特有の素材を楽しむ事が出来る事が最大のメリットです。木ってやはり落ち着くんですよね。

それが本物の木であれば尚更です。木の質感を感じる事が出来る事が一番です。

出典:https://www.advan.co.jp/eshop/category/737

ウッドデッキ(天然木)のデメリット

やはり天然木は水に弱いです。あくまでも、人工木材・タイルデッキと比べたらと思って下さい。

木にもいろいろな種類があって、デッキに使用した方がいい木は沢山あります。
主にデッキとして使用される木は、レッドシダー・セランガンバツ・イペ・ウリンなどでしょうか。

もし、デッキ材に普通の杉材を使用するとの話であれば、絶対にしない方がいいです。 杉材は安価な材料であるため、すぐにダメになります。元々紫外線が多く当たる外部には使用する材料ではありません。

しかし、どんな木でもメンテナンスが必要という事です。どんなメンテナンスかというと、塗装です。塗料を1年に1回ないし2回塗って行かないと早く腐れてしまうという欠点です。

勿論、メンテナンスを行えば長年使用する事は可能です。あと、棘やササクレが発生する事もデメリットの一つです。

小さいお子様がいれば、棘やササクレで怪我をする心配があります。



ウッドデッキ(人工木)のメリット

そもそも人工木材とは、プラスチック(樹脂)と木(廃材など)を混ぜて作った物です。

樹脂製なので、ほとんど水を吸う事がなく、腐れる事がない事が一番のメリットです。
また、天然木のように棘やササクレも発生する事もないですし、メンテナンスをする必要はありません。

天然木のデメリットが全て解消されているのがメリットです。

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/kirarastage_m/

ウッドデッキ(人工木)のデメリット

人工木のデメリットは、デッキの表面が熱くなる事です。

勿論、天然木も熱くなるのですが、人工木は裸足では歩けないくらい熱くなります。
ですので、スリッパを履いてからの使用になります。

これについては先程の天然木のデメリットもありましたが、棘やササクレが発生しますので、天然木の場合でも裸足で歩くと危険である事は間違いありません。
もっと言えば、雨風にさらされているデッキ材の上を裸足で歩く事は基本的にはないと個人的には思っています。

しかし、何故かウッドデッキは裸足で歩くといった概念が強いと感じるのは私だけでしょうか?
ウッドデッキも外ですので、裸足で歩くと間違いなく足は汚れます・・・。ウッドデッキであっても裸足で歩くとは考えれられないと個人的には思っているので、デッキが熱くなるのは、デメリットではないのではないでしょうか?

※まだ歩けない子供が勝手にデッキの上に行くことがないようには厳重に注意する必要があります。
その場合、ハイハイなどでも火傷の危険があります。

タイルデッキのメリット

タイルデッキのメリットといえば、掃除が楽だという事です。汚れた場合でもブラシでゴシゴシすれば取れます。

人工木材のデッキはメンテナンスは必要ありませんが、日々の掃除は必要です。

例えば、人工木のデッキの上で、ジュースをこぼしたときや、雨が降って雨シミが出来た、泥やほこりがデッキの上にある場合は、掃除をこまめに行わないと、それらがカビ菌とくっついてカビが発生する事もあるんです。

シミが出来ると、掃除が大変です。カビが発生すると、カビキラーなどを使用する必要があります。そう考えると、いくら塗装などのメンテナンスは必要ないとはいえ、日々の掃除は大変ですよね?

しかし、タイルデッキの場合であれば、掃除が簡単です。想像してみても分かると思いますが、タイルが汚れる事はあっても、汚れが落ちない想像は出来ますか?

高圧洗浄機があれば簡単に掃除が出来ます。バーベキューなどして炭火であってもタレでも落とした場合でも掃除さえすれば大丈夫です。

ウッドデッキの場合、炭火を落とすと焦げたりしますので、注意が必要です。樹脂と木の粉で作られている人工木材は、火に強いわけではありませません。

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/tile_deck/

タイルデッキのデメリット

これは人工木のデッキと一緒ですが、熱くなるという事です。

人工木よりも更に熱くなりますので、可能であれば、日陰に出来るものオーニングなどをつけるといいと思います。オーニングについても色々種類がありますが、部屋外に付けるロールスクリーンもありますので、参考にして下さい。

後は、小さい子供が遊んでいる時に転ぶなどすると表面が固いですので、怪我をする可能性があります。
nしかし表面が固いのは、天然木のデッキであっても、人口木材のデッキであっても表面は硬いので、ケガをするのは変わりません。

我が家の選択

我が家はタイルデッキを採用しました。やはり掃除のしやすさを選びました。

ちなみに天然木は選択肢に入りませんでした。メンテナンス(塗装)って絶対しないと思ったからです。

1年後、2年後はするかもしれません。
しかし、5年後10年後を考えた時に家も多少古くなってきてあまり気にしなくなってきた時にメンテナンスをするかと考えた時、我が家はしないと思いました(笑)

なので、天然木の選択肢はありませんでした。
天然木が一番金額も安価なんですけど、よく言う<strong>イニシャルコストは安いけどランニングコストが高くつくと思います。
[/keikou] ですので、我が家は天然木はありませんでした。あとは、人工木とタイルデッキを比べた時に、デメリットに関しては同じという事でメリットを考えた時にタイルデッキのメリットの方が大きいと個人的に思ったからです。

人工木のメリットは、天然木のデメリットがなくなった事で、後は、ある意味偽物の木ですので木の素材を楽しむ事だけしかメリットがないんです。

でもタイルデッキの場合は掃除のしやすさなどメリットがたくさんあります。ですので、我が家はタイルデッキにしました。

これから家を建てられる方に参考になれば幸いです。

他にも外構工事について別記事にしてますので参考にして下さい。

 もう一回家を建てるなら必ず後悔ないオシャレな家を建てる
もう一回家を建てるなら必ず後悔ないオシャレな家を建てる
失敗のない家作り

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です