コンセントの配置で失敗しないためには

リンク広告

家が完成して失敗したなぁ~って思う事。それは電気配線、もっと言えばコンセントの場所って結構あると思うんです。
欲しい場所にコンセントがない、あっても足らないなど多いと思います。
でも当たり前ですよね?想像だけえは本当に予測は不可能で、実際に住んでみて初めて分かる事は多いのです。本来であれば、何十・何百と建てている工務店やハウスメーカーからきちんとアドバイスが欲しいところですが、人それぞれ生活スタイルが異なりますので完全にその人にマッチする事は不可能・・・。
でも、折角であれば失敗はしたくないですよね?今回は最低限ここだけ抑えておけば失敗が少ない事をまとめました。

まずは掃除機を想定する

掃除機って今はハンディータイプが多く普及していますので、あまり関係ないと思われそうですが、掃除機のためのコンセントの位置を決める事で確実に一部屋に一つのコンセントを考えます。掃除機のためのコンセントがどこにあればいいか想像してみると、万遍なくコンセントの配置が出来ますので、偏りがありません。逆にコンセントが無い部屋がない事になるので、多少遠くてもコンセントがある事は最低限大丈夫という事になります。
我が家はトイレの中もコンセントがあります。これは、掃除機を想定して付けましたが、携帯を充電しながらゆっくりトイレタイムを満喫出来ますし、正解だったと思っています。ちなみに、ダイソンなどのコードレスクリーナーを使用する事を決められているのであれば、収納場所にもコンセントを忘れないようにして下さい。

テレビを置く場所を決める

間取りが決定すると、基本的にはリビングに置くテレビの場所は決まるのではないでしょうか?しかし、他の部屋を考える必要があります。寝室にもテレビを置くのか、子供部屋はどうするのかを考える必要があります。テレビ用のコンセントhが通常のコンセントと異なるため、あらかじめ想定しておかなければいけません。
また、インターネット関連も考える必要があります。今は無線のWI-FIがほとんどですが、ノートパソコンなのか、デスクトップのパソコンを使用するのか、その場所はどこで行うのか、テレビも光TVにするのか、アンテナにするのかなどの想定は行わなければなりません。それに寄っては、コンセントの位置や個数が変わってきます。
ちなみに我が家は、寝室とリビングだけTV用のコンセントを設けました。今のところ不便さを感じている事はありません。

キッチン回りとダイニングテーブル付近にはコンセントを設ける

料理を使用している時に、フードプロセッサーやミキサーを使用したいなど常に使うわけではないけどって事ありますよね?そんな時のためにキッチン回りにコンセントがあると便利です。他にもカップボード付近には、何の家電を置くか検討しておいた方が良いです。
我が家の場合、冷蔵庫・電子レンジ・ケトル・コーヒーメーカー・炊飯器を置いてます。恐らくどの家庭もそのくらいは置いていると思いますので、そのくらいは置けるぐらいのコンセントを考えておいた方が良いと思います。
あともう一つ。ダイニングテーブルを置く場所を決めた方が良いです。その理由はダイニングテーブルでホットプレートでの料理やたこ焼きパーティーなどを行う時に必ずコンセントが必要になります。そういった意味ではダイニングテーブル付近にはコンセントは必須です。

他は想像を膨らませる

正直、後は想像を膨らませるしかありません。
例えば、子供部屋の場合。今は子供が小さいから難しいかもしれませんが、将来的にはここに学習机を置いて、ベッドはここに置いた場合、コンセントはここにあったら便利ってある程度の想像は必要です。
寝室の場合も同じです。あらかじめ予定としてここにベッドを置くのであれば、寝ながら携帯を触る事を想定して、充電しながら携帯を見たいからここにコンセントが必要であるといった想像が必要です。
ですから、間取りが決まったら電気配線を決める前にある程度の家具を決めてしまいたいですね。最低でも、この場所に何を置く、置きたい事は決めてしまって後は想像する事が大事です。
私は個人的にリビングで過ごす際の携帯の充電がソファーに届かない事が後悔ポイントです(笑)携帯の充電のコードが長いものを購入すれば解決します。
他にも我が家の後悔ポイントの記事を書いてますので、良かったら参考にして下さい。

常に使うものだけでなく、季節によって必要になる物もある

一年中使う物は想像出来ますが、シーズンによっては使うもの・使わないものは想定できないところにもなりますので、注意が必要です。
例えば、扇風機やファンヒーター、加湿器などがそうですね。そういった想定は中々難しいですが、決めれるのであれば、ここに置きたいなど想定出来ると後悔はないでしょう。もし、コンセントが遠くにしかない場合、コードが邪魔になって小さい子供がいれば引っ掛かり転んでしまう事も考えられますので、出来れば想定していた方が良いです。

コンセントの口数も考える

先程のキッチンの話ではないですが、キッチン(カップボード)回りは、家電が集中するところになります。コンセント設けているけど、口数が足らないでは後悔ポイントになりますので、注意して下さい。またTVボード回りも同じですよね?テレビだけでなく、DVDプレーヤーや、ゲーム機器などを考えると2口コンセントではなく4口コンセントの方が良いとか、想像が必要になります。

家の外にもコンセントは必要

外にもコンセントは必要になります。我が家のい場合、高圧洗浄機を使用しています。また外構に間接照明を後から付けたいなどあったりしますよね?最初から何もかも想定する事は出来ないものですが、コンセントがあれば後付けで照明も付ける事が出来ます。
また、庭が広いのであれば、バーベキューもする時も家電が使えます。それこそ扇風機なども使えますし、料理もコンロではなくホットプレートも使用出来ます。外にコンセントはあった方が良いです。せめて一つだけでも作りましょう。

まとめ

今住んでいる場所で、ここにコンセントがあれば便利だよって事を考えてみる事が大事だと思います。普段の生活で慣れてしまって、コンセントが無い事が当たり前になってしまう事もあるかもしれません。しかし、せっかく注文住宅にするのであれば、後悔したくないですよね?出来れば、この記事を参考にしてもらって図面を照らし合わせて下さい。そして、想像して下さい。問題なければ良いですが、あったらいいなと思う場所には、思い切って付けちゃいましょう。後からコンセントを作るってお金も手間もかかりますが、途中であれば、金額も¥3,000-程度ですし、迷わず付けた方が後悔ポイントはないと思います。
我が家の事は、読み直してみると、携帯の充電の事しか書いてない気がします・・・。しかし、携帯の充電も大事です(笑)

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です