タンクレストイレとタンク付きトイレの違い!

リンク広告

最近のトイレはタンクレストイレが多いのではないでしょうか?実際にあなたもタンクレストイレ見たことがあるはずです。新しいコンビニなんかでもタンクレストイレが多いですし、商業施設やデパートやホテルなんかでもタンクレストイレが多くなってきています。
それは何故でしょうか?今回はタンクレストイレが普及している理由とタンク付きトイレについて紹介します。

タンク付きトイレって?

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/toilet/

タンク付きトイレとは、その名の通りタンクがついています。タンクとは、水を溜めるためのタンクです。ひと昔前のトイレはほぼこのタンク付きトイレでした。このタンク付きトイレにもメリットデメリットがありますので上げていきます。

タンク付きトイレのメリット

●価格が安い

一番のメリットは価格です。価格が安い!物を選ばなければ本当に安いです。トイレに拘りがなく、ただトイレとしての機能が備わっていればいいと言う方にはタンク付きトイレが良いです。

●手洗い付きタンクを選択すれば、手洗い器を設置する必要なし

これも価格面でプラスになる話です。トイレに新しく手洗い器を設ける必要がありませんので、その分の費用を抑える事が出来ます。
※手洗い付きの方が手洗いなしより価格面ではアップになります。

●水圧は関係ない

水を溜めてレバーを引いて流すので、水圧は全く関係ありません。(溜まった水の量で水圧は変わるでしょうが・・・)一般的に言われる戸建てなんかでは2Fは水圧が弱くなるといいます。マンション関係も高層になると水圧が弱くなるといいますが、タンク付きトイレの場合は関係なく流す事が出来ます。
個人的な意見ですが、最近のトイレは節水タイプなため、流れる量が少ない気がしてならないです・・・。もう少し流れても良くない?と思うのは私だけでしょうか(笑)

●停電の時でも使用可

水圧の時と同じですが、水を溜めてレバーを引くので、電気は全く関係ありません。停電時でも使用が出来ます。
※しかし、洗浄機能は使用出来ません。

タンク付きトイレのデメリット

●タンク内の水が溜まるまで待たなければいけない

これは皆さん経験あるのではないでしょうか?一回では流せなくて、連続しても溜まってないから水圧が弱い、流せるようになるまで待たなくてはいけないといった経験です。まぁ待てばいい話です。

●見た目がチョット・・・

気にする人は気にする?のか分かりませんが、タンクレストイレよりは少しデザイン的に劣るかなっと思います。まぁ、構わない人にとっては問題ないと思います。

●トイレのスペースが多少狭くなる

タンクが付いている分、トイレの大きさが少し大きくなります。そのため、多少トイレの空間が狭くなります。
しかし、手洗い付きのタンク付きトイレの場合であれば、手洗い器がない分トイレの中は広く取れますので、あまりデメリットではない気がします。

以上デメリットを上げて見ましたが、大きなデメリットはないと思います。
ただ、トイレの中もオシャレにしたいと思っている人は、タンクレストイレの方が良いかもしれません。

タンクレストイレのメリット

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/concept/

今の新築ではほとんど採用されているタンクレストイレのメリットから考えて行きます。

●デザイン性が良い(タンク付きトイレと比べて)

タンクがない分スッキリしていますし、トイレの空間を広く取る事が出来ます。何もより形の見え方が違うので、あまり変わらないサイズでもトイレの空間が広く感じる事が出来ます。間取的にトイレの空間が狭くしか取れないなどの場合はタンクレストイレにする事によって解決する事もあるかもしれません。

●連続して流す事が出来ます

水道直結方式のため、タンクに水が溜まるのを待つ必要がなく、水を連続して流すことが出来ます。待たなくていい点はメリットです。やはり待つのはストレスですよね?特に真夏のトイレや真冬のトイレなんかは少しでも早くトイレから出たいものです。

●節水効果が高い

タンクレストイレは節水に力を入れているトイレといっても過言ではありません。タンク付きトイレのように水を溜めているわけではないので、どれだけ節水出来るかは重要なポイントだと思います。ひと昔前の1/3の水の量で洗浄する事が出来るとのデータもあるぐらいです。
しかし、先程も述べましたが、個人的には節水しすぎなのでは?と思う事もあります。

●掃除がしやすい

タンクが付きていないので、奥行が短いので拭き掃除が手で届くんです。タンクが付きている場合、結構な段差がある商品もあるので、掃除のしやすさでいればタンクレストイレの方が掃除はしやすいと思います。

タンクレストイレのデメリット

●停電時に使用出来ない

タンクレストイレは電気がないと水が流れません。停電時には使用できないというデメリットがあります。
いや、正確には停電時でも使用出来ます。しかし、手動に切り替えが必要であったり水をバケツなどで補充する必要があります。そういった事が手間であったり面倒であったりもします。しかし、そう簡単に停電が起きないのも事実です。もしものリスクの確立で言えばかなり低いと思います。

●価格が高い

タンク付きトイレに比べると価格が高いです。種類やグレードにもよりますが、10万前後変わるケースもあります。
価格が高い商品ですが、機能も色々付いています。例えば、自動で蓋が開く機能であったり、便座に座ると脱臭が始まりトイレ使用後は便座から立つと水が勝手に流れ蓋が閉まるといった事が自動で行ってくれる機能があったり、座ると音楽が流れる機能があったりと色々です。
こういった機能付きのトイレは高くなりますので、どこまでコストを掛けるのか、考えればそう高くないタンクレストイレでも良いと思います。

●水圧が弱いと上手く流れない

タンクレストイレは水道直結方式であるため、水圧が弱いと設置できない場合があります。設置出来ないわけじゃないですが、トイレの水の流れが悪かったり、詰まりやすかったりする場合があります。しかし、最近では水圧の弱さを補うことが出来るブースター(加圧装置)がなどを使用する事で水圧が弱くても設置出来ない事はありません。どうしても2Fや3Fにもタンクレストイレを使用したいと思っている人は、工務店やハウスメーカーに相談すれば問題はないと思います。

●手洗い器を新たにつけなければならない

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/handwash/

これも価格面でのデメリットになります。タンクがないため手を洗う事が出来ません。トイレの中か、トイレからすぐ近い場所に新たに手洗い器の取付を行わなければいけません。タンクレストイレってタンク付きのトイレに比べて高いのに、さらに手洗いまで・・・と考えると多少頭が痛い問題ですよね。

まとめ

今回タンク付きトイレとタンクレストイレのメリット・デメリットを考えてみましたがどうでしょうか?私個人的には、どちらも大きなデメリットはないと思います。但し、やはり良い面・悪い面がある事は確かです。しっかりとメリット・デメリットを理解した上で選択して欲しいと思います。
後は、トイレにどれだけ重きを置くかという事だと思います。機能面なのか、見た目なのかコストなのか。しっかりと考えて後悔のないトイレを選んで下さい。
ただ、これだけは言えます。トイレにいる時間は短いかもしれません。しかし、毎日使用するのもトイレです。トイレの座り心地って凄く大事だと思います。だから必ずトイレにはショールームで座って下さい。物によって凄く座り心地って変わります。

トイレについては別にも記事にしてますので、参考にして下さい。

トイレの選び方!トイレ選びに注意したい点!

アラウーノSⅡの正直な使い勝手の感想

新築における2Fのトイレの必要性

我が家のメイン(1F) タンクレストイレ 

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です