トイレの選び方!トイレ選びに注意したい点!

リンク広告

突然ですが、トイレって毎日使う物ですよね?しかも1回だけじゃなく数回使用します。中には、トイレに癒しを求めている方もいるのではないでしょうか?トイレは決して広い空間ではないですが安心感のある空間にしたいと誰もが思っていると思います。
また、家族だけでなくお客様も使用する事があるトイレ。家電製品みたいに簡単に買い替えれば良いという製品ではありませんので、後悔なく自分の納得のいく商品を選びたいですよね。今回はトイレの選び方について紹介します。

トイレを選ぶ時に考えるポイント

トイレを選ぶ時に各々基準があると思いますが、今だから私が思う事を紹介したいと思います。良ければ参考して頂ければと思います。

トイレの機能に何を求める?

まずは、あなたがトイレに何を求めるかと言う事だと思います。温水洗浄便座は近年では当たり前になって来ています。
(一般的にどのメーカーも商品も温水洗浄便座の事をウォシュレットと呼ばれていますが、厳密に言うとウォシュレットと言う名前はTOTOさんが出している温水洗浄便座の商品名です。)
でも最近のトイレは温水洗浄便座だけでなく、様々な機能がある事を知っていますか?まずはどんな機能があるか確認をする事が大事です。ここでは、簡単に各メーカーが出しているトイレの特徴を簡単に紹介します。気になった場合は、ショールーム等で確認する事をおススメします。

TOTO

出典:https://jp.toto.com/products/toilet/neorest_nx/plan/01.htm

TOTOと言えば、やはりトイレメーカーのパイオニアです。ウォシュレットの発売から、今現在人気の除菌関係でも先駆者です。個人的には
トイレに清潔を求めている一番の会社ではないでしょうか?
使用前に、便座ボウル面にミスト(水)をふきかけるてボウル面に汚れがつきにくくしています。さらに使用後から8時間たって誰もトイレを使わなければ、「きれい除菌水」のミストを自動でふきかけ、見えない汚れを分解、菌を除菌してくれる優れものです。トイレのきれいが長持ちします。
また、ノズルもきれいに保ちます。使用前後は毎回ノズルを自動洗浄し、きれい除菌水でノズルの内側も外側も自動で洗浄します。また、長時間使用していない時でも定期的に洗浄します。

現在は他メーカーも同様な機能はあります。そのため、TOTOさんの特徴が薄れましたが、何より一番最初におしり洗浄や、除菌を世に出したメーカーですので、信頼度も高いのではないでしょうか?

LIXIL

出典:www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

LIXIL言えば、新品のツルツル状態が100年続くと宣言しているアクアセラミックが人気です。便器に汚れが付きにくく、また汚れが落ちやすい素材で作っている商品になります。
また、シャープのプラズマクラスターを搭載している商品もあり、消臭と除菌を行うため、トイレ空間がいつでも綺麗になります。
個人的には、LIXILさんは他社製品の良いとこ取りした感があります。企業力と言ったところでしょうか。
LIXILさんが他メーカーと異なる点は、座ると自動で音楽を再生する機能があるという事です。クラシックなどが流れて心地良い音楽でリラックスしながらトイレが可能と言った点が他社とは異なる点です。

Panasonic

出典:sumai.panasonic.jp/search/toilet/

Panasonicはやはり陶器ではなく、有機ガラス系新素材で出来ている事が一番の特徴ではないでしょうか。水垢が付きにくく、また男性立ち小用時のトビハネヨゴレを抑える泡のクッションで抑える事が出来る事もPanasonicが一番最初に出した製品です。
※泡クッションは現在LIXILさんでも発売しております。
また、2018年8月には、Panasonicさんでも除菌や消臭が可能なアラウーノL150が発売されるとの事です。Panasonicさんがエアコンでも出しているナノイーXを放出する製品が発売されるとの事です。
他に、他社と異なる点は、エコナビを搭載している点です。使う人の行動や室温、水量を検知し、最適なエコをアシストしてくれると言った優れものです。

節水や掃除のしやすさは?

正直、どのメーカーも節水や掃除のしやすさには大きな違いはないと思います。1990年以前の便器に比べ、現在のトイレは約1/3~1/4程度の節水になっています。店舗など頻繁にトイレを使用するのであれば多少細かく見た方が良いかもしれませんが、住宅であれば、ほとんど相違はありません。また、掃除のしやすさについてもほとんど変わりはないと思います。
個人的には、節水や掃除のしやすさは、選ぶ基準から度外視しても良いかと思います。
(でもショールームで掃除方法は確認した方が良いです。自分に合った掃除方法から選ぶ事は多少考慮して良いと思います)

一番はショールームに行って座って確かめる

やはり何と言っても座って確かめるのが一番です。人によっては長時間座る人もいるでしょう。空間も勿論大事ですが、座り心地もソファーや椅子と一緒で大事だと思います。トイレは簡単に変える事が出来ない商品です。やはり座って確認する事が一番大事だと思います。機能や見た目より、使い勝手、座り心地は大事です。

まとめ

現在のお使いのトイレと比較すれば、良くなる事は間違いないと思います。恐らくですが、節水・掃除・清浄面では進歩が激しいです。毎日使用しますので、是非後悔ないトイレ選びを行ってほしいと思います。

ちなみにですが、現在オートがほとんどです。便器に近づくと、便フタが開き、便器に座ると脱臭がスタートし、トイレ使用後は、便器から立つと水が流れ、便フタが閉まると言った一連の流れが自動で行ってくれます。
この一連の流れを全てオートになる事は本当に良い事です。が、この機能注意が必要です。小さいお子さんがその機能しか知らない場合、よそでトイレをした時に対応できるのか?と言った事も考えられるそうです。
トイレのマナーは大事です。その辺りも少しは気にした方が良いかもしれません。
自分は取り入れたい機能でも、それを使うすべての人にとって良い機能かも含めて検討したいところではないかなと思います。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

トイレについては別にも記事にしてますので、良ければ参考にして下さい。

新築における2Fのトイレの必要性

我が家のメイン(1F) タンクレストイレ 

アラウーノSⅡの正直な使い勝手の感想

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です