カーテンとどっちがいい?バーチカルブラインドのメリットデメリット!

リンク広告

家の中でないと困るものは沢山あると思いますが、カーテン関係もないと困ります。特に周りに家が密集していると外から家の中が丸見えになりますし、夜になると尚更外からしっかりと見えちゃいます。

そんなカーテン関係、今は多くの種類があり、リビングに採用率が高いバーチカルブラインド(縦型ブラインド)についてメリットデメリットを含めて紹介します。

また、カーテンと比べてバーチカルブラインドってどうなの?と思っている方も多いと思いますので、そちらも併せて紹介します。

そもそもバーチカルブラインドって?

バーチカルブラインドは縦型ブラインドの事です。

通常のブラインドをイメージして貰いたいのですが、通常、ブラインドと言ったらこんな形をイメージするのではないでしょうか?

出典:立川ブラインド工業 カタログより

この形は、横型ブラインドと呼ばれる物です。

ブラインドは通常、外から入ってくる光であったり、人から見られる視線などを角度をつけて調整する事が出来る優れた商品です。

横型ブラインドはアルミや木製などの羽を調整する事で光と入れたりする事が出来ます。

縦型ブラインドはこのような形になります。

出典:立川ブラインド工業 カタログより

ブラインドの羽が縦にあるものが文字通り縦型ブラインドになります。勿論ブラインドという名がありますので、横型ブランドと同様羽根を調整して光を入れる事や視線をカットする事が可能です。

それではメリットから考えてみます。

バーチカルブランドのメリット

見た感じがスッキリして良い

そのままですが、バーチカルブラインドの最大のメリットと言ってもいいでしょう。もっと言ってしまえば、バーチカルブラインドをオシャレだと思わない人は、バーチカルブラインドにする意味がありません。

やはり、見た目って大事ですよね。見た目が他のブラインドと比べて断然にいい事が上げれると思います。

縦に長いので、天井いっぱいに付けることで奥行感も生まれるんですよね。

これに関しては、バーチカルブラインドを検討している方は必ず天井まで行った方がいいです。

出典:立川ブラインド工業 カタログより

上記の画像とその前のバーチカルブラインドの画像を比べてみて下さい。バーチカルブラインドが天井まである方がすっきり見えてオシャレに見えますよね?

バーチカルブラインドは、コンパクトなサイズになるより大きなサイズの方が断然オシャレに見えます。ですから、使用する窓は家の中で一番大きくて、外に出る掃き出しサイズの窓が一番のおススメ場所になります。

開閉が簡単

横型ブラインドでも言える事ですが、光を入れたいと思った際、操作棒を回すだけで羽が開きます。羽根の角度を調整する事が出来るので、光を入れたいけど見られるのが嫌な場合、角度を少し開いてあげるだけで可能になります。

普通のカーテンの場合は、カーテンを横に開けなければなりません。横に開けるのであれば、全部開ける事になりますので、レースのカーテンが無ければ外から丸見えになります。

大した違いではないと言えばその通りですが、操作棒だけで済む事は楽です。

後は、シェードカーテンや横型ブラインドやプリーツスクリーンもそうですが、出入りするような掃き出し窓の場合、上げ下げの場合は操作紐を何度も回して上げなければなりません。

バーチカルブラインドの場合は、操作紐を回す数も数回で簡単に開きますので、その点で言ってもメリットはあると思います。



バーチカルブラインドのデメリット

子供のおもちゃにされる

個人的にはこれが一番のデメリットだと思います。とにかく小さい子供は、引っ張ります。

あとは、関係なく開けます。特に羽と羽の間を通ろうとします。正直、壊れないか心配です。まぁ、楽しいし、面白いんでしょうね。子供のおもちゃにされますので、壊れる可能性が高い事だけは頭に入れておいた方がいいです。

あと、子供は良く触ります。触るってことは汚れるって事です。生地は洗えるウォッシャブル生地から選ぶようにした方が絶対良いです。

断熱効果、遮熱効果が普通のカーテンに比べると劣る

カーテンにも遮光カーテンだけでなく、檀悦カーテンや遮熱カーテンがあります。

そう、カーテンでも断熱や遮熱が可能なのです。通常のカーテンでも、効果はあります。

しかし、バーチカルブラインドはほとんど効果はありません。それは、何枚もの羽が縦にあるだけですので、密閉しているわけではありませんから、抜けるんですよね。

特に窓から熱の出入りは一番大きいです。別に記事にしていますので、参考にしてください。

通気性はあるが、風で揺れる

これは、ブラインド関係によくある事だと思いますが、風が入るとブラインドが揺れるんです。

横型ブラインドも同様だと思いますが、風の受けてガラスやサッシにガタガタ当たる問題があります。

特にバーチカルブラインドは下部におもりがついており、そのおもり部分が揺れてガタガタうるさいです。

洗濯できるが面倒

汚れたら洗う事が出来るのは、メリットとしてとらえる事が出来ます。

あくまでもカーテンと比べてという点でのデメリットですが、洗濯する際、汚れている部分を外す事が出来ますが、一枚一枚外すため、外す量も多いですし、また再取付の量も多いというデメリットもあります。

壊れる可能性がある

カーテンが壊れるって思わないですよね?そう、おそらくカーテンは壊れる事はないです。

汚れる事や、劣化する事はありますが、故障はないと思います。

しかし、メカ的な要素があるバーチカルブラインドは、壊れる可能性があります。

特に操作棒や操作紐などが壊れる可能性が高いです。

まとめ

バーチカルブラインドは断熱性能などを考えると、メリットよりデメリットの方が断然多いです。しかし、オシャレを演出する事が出来る最大のメリットがあり、我が家は採用しました。

勿論、これは好みの問題なので一概には言えません。バーチカルブラインドが嫌いな方もいらっしゃると思います。しかし、もし採用を検討しているのであれば、きちんとメリットデメリットをしっかりと理解した上で採用を決めると後悔が少なくなるのではないかと思います。

我が家が採用したのは、リビングからタイルデッキへ出る事が出来る大きな窓です。やはり一番長くいるリビングは、オシャレなインテリアにしたい気持ちが大きかったからです。

皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

他にもカーテン・ブラインド関係を記事にしていますので、参考にして下さい。

今なら新築戸建て住宅を契約した人、既に着工して引渡しが終わった人に朗報です。

今なら¥5,000-分のギフトカートをゲット出来ちゃいます。良かったらブログを参考にして¥5,000-分のギフト券をゲットしちゃいましょう。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です