住宅における火災保険と火災保険料を安くする方法

リンク広告

住宅ローンを借りてマイホームを建てられる方がほとんどだと思います。住宅ローンを借りる際、必須になるのが火災保険です。

この火災保険ですが、種類が多くあり、どの火災保険が良いのか、また地震保険はどうしたら良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

特に、ここ近年では自然災害が多く保険料も年々高くなっています。しっかりと勉強して火災保険を選ばないと、自分の家に合っていない保険に入ってしまい、大事な部分が保証されていない場合や、必要に無い事まで保証されて高い保険料を支払うといったケースもありえます。

どんな点に気を付けて選べばいいのか、火災保険の基礎的な部分と特徴を見て後悔のない火災保険選びを行いましょう。

そもそも火災保険が必要な理由

住宅ローンを借りるときに火災保険が必要です。仮に新築引き渡し後、火事になり、全焼したとしたらどうしますか?

考えたくもない事ですが、可能性がゼロではありません。

新しく生活する家を探して、生活を始めますよね?しかし、家賃がかからない家に住む事はほとんどありません。

仮に全焼した家を取り壊し、また新たに新築をとなっても、必ず費用は掛かります。(※実家に帰るは考えない)

火事で住んでいないとしても、住宅ローンがなくなるわけではなく、むしろ住宅ローン+新たなアパートの家賃等がかかります。ほとんどの人が、住宅ローンと賃貸の家賃の両方を支払う事は不可能ですよね?

家賃や住宅ローンは、1か月の生活費の割合の中でも上位に入りますので、生活が出来なくなります。銀行としては、住宅ローンが返ってこなくなる危険がありますので、銀行としては、火災保険に入ってもらって、全焼したとしても、また新たに新築出来るぐらいの保険い入ってもらう事で、リスクをなくすために、火災保険にほとんどの銀行が入らないといけなくなっているはずです。

火災保険の内容

火災保険といっても、火災の時だけの保険ではなく、色々な補償をしてもらう事の出来るプランがあります。

その補償内容によっても金額が異なります。通常の生命保険にオプションをつけるみないな感覚です。まずは各補償の内容うぃおおい見てみましょう。

①火災、落雷、破裂、爆発、風災、雹災、雪災

火災は家が燃えた時、落雷は、落雷で家が損害が起きた時、破裂・爆発はガス爆発などで家が損害が起きた時、風災は竜巻など風で物が飛んできて起きた災害、雹災は雹でガラスが割れたなどの被害で、雪災は雪の重みで屋根が落ちたなどの時に、補償されます。但し、火災等は自分で火をつけて燃やすなど、故意や、重過失(ガスコンロの消し忘れなど)では補償されません。

②建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

具体的には、車が家に突っ込んできたとか、飛行機やヘリコプターが落ちてきたなどの場合に補償されます。

③騒擾・集団行動等による破壊行為

具体的には、デモ等を行っている最中、家や外構等を壊されるなどの場合に補償されます。

④盗難

泥棒が侵入した際にガラスを割ったり、ドアを壊したり、シャッターを壊したりなどの場合に補償されます。※取られたものの補償ではありません。

⑤水災

洪水による浸水や土砂災害の際に補償されます。

⑥不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

模様替え最中に誤って窓ガラスを割る事や、照明を掃除中い誤って床に落とし床が破損したなどの場合に補償されます。

火災保険の費用

大きくは建物の構造によって、金額が異なります。火事が発生しにくい建物は、火災保険の費用が安くなります。通常木造住宅の場合は、省令準耐火構造・準耐火構造の2種類です。

省令準耐火構造の方が、火災保険の費用が約半分になるぐらい安くなります。これは、各工務店に確認しなければ分からない事です。もしくは、各工務店のカタログに掲載されていると思います。

ここで注意したい事は、省令準耐火構造であれば、保険料は安くなりますが、本来であれば準耐火構造であるのを省令準耐火構造に変えた際に建築費用が大幅に上がった際、トータル金額が上がる可能性がありますので、家を建てる前に耐火構造は確認した方がいいと思います。

家財保険の内容

家財保険とは、タンスやテレビ・冷蔵庫など、建物とは別の家財にかける保険の事です。

建物のみの火災保険では、家財の損害は補償されません。家財保険に関しては、火災のみならず、地震・洪水・盗難などで受けた損害も補償してくれます。知られていない事も多いですが、子供の不注意で、テレビを壊したなどの場合でも補償されます。

しかし、家財保険の対象になるもの・ならないものがありますので、確認しおく必要があります。何かと便利な保険といえますので、検討する価値はあると思います。

地震保険の内容

地震保険は火災保険の補償額の半分が最大となります。地震や噴火・津波を原因とする火災・損壊・などによる損害に補償されます。但し、地震の損害の程度によって、補償される費用の割合が異なりますので、注意が必要です。地震保険は最大で5年が最長になりますので、5年毎に更新が必要になります。

保険料を安くする方法

保険料を安くする方法は、いらない保険を付けない事です。自分が住む場所はどんな災害の可能性があるか考えて選びましょう。

例えば水災が起こる可能性があるか確認して下さい。土地が低くて大雨の際床下浸水の可能性があるか、土砂災害の可能性があるか確認を行って下さい。また、風災・雪災の可能性が起きやすいかの確認も行う事も必要です。

太陽光を検討している場合は、風災で太陽光パネルの被害が起きる可能性がありますので、検討が必要だと思います。あとは、家財保険が必要か、盗難等の補償が必要か、考えて保険に入る事です。必要な補償を確認したのち、火災保険一括見積等のサイトで見積を取る事が一番安くなる方法であると思います。



火災保険一括見積もり依頼サイト

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です