初めてのショールーム!注意点と確認すべき点!

リンク広告

ショールームへ初めて行った時、正直何が何だか分かりませんでした。ハウスメーカーの人が同席してくれれば問題はないかと思いますが、じゃ行ってきてください、予約はしておきます的な感じであれば、正直何が何だか分かりません。
本当に最初は、どれが標準でどれがオプションかの事も分かりませんでした。これは、はっきり言って工務店側が悪いとは思いますが、無知って事もいけないと思うんです。
家づくりだけではありませんが、全ての事に判断を行って選択しなければいけない事が多くあると思います。その上で、分からずに判断する事と、知識として知った上で判断する事では、後悔する事が少なくなると思います。
今回はショールームでの時間を無駄に過ごさないための方法について紹介します。

ショールームで確認すべきこと

まずは、確認すべき事があります。それは工務店やハウスメーカーの標準仕様はどれか?って事です。実際に見て触って判断確認する事が大事です。おそらく多くの方が、このメーカーのこのシリーズのこの中から選んで下さいと言われる事が主だと思います。また、設計担当者や営業マンから、このメーカーはおススメですよ、などの話があると思います。

はっきり言います。自分の好みで自分の好きなように選ぶ事が一番です。

でも基準は分かっていた方がいいですので、必ず確認してほしい事が、どの商品が現在見積されているかという事です。この商品であれば、追加料金いりませんと言った仕様の確認を必ずして下さい。

では、ショールームっていつ行くの?

本当は、家づくりを検討している段階で行った方が良いと思います。出来れば、工務店やハウスメーカーと契約する前に一回は行っておきたいところです。その理由は、契約前に欲しい設備を追加見積してから契約した方がかなり有利だからです。
本当に、今は色々な設備があります。欲しい設備もあります。それが、契約後であれば、金銭的な理由で諦めなければいけない事が多々あるからです。
でも、中々そこまで先にショールームに行こうと言った発想になる事は恐らくないですよね?少なくとも我が家はなかったです。出来れば、契約前にいく事をおススメしますが、契約してしまった後であれば、間取りが完成した後が良いです。間取りが完成していれば、タオル掛けの場所等も打ち合わせ出来るし、イメージ湧きやすいと思います。

誰と行く?

やはり行くのはその家を使用する家族全員が良いですね。特に、子供が小さいから大変という事も確かにあります。我が家の場合も無駄にトイレの水を流して喜ぶと言った事もありました。確かに大変ではあるのですが、子供の手が届く、届かないなどの判断材料にもなりますので、大変ではありますが家族全員で行く事をおススメします。
そして、本当であれば、工務店やハウスメーカーの人と一緒が望ましいです。ショールームの人はあくまでも商品についてはアドバイスくれますが今設計している間取りに合うかどうかも含めて検討が必要です。出来ればセンスのある人と一緒に行きたいですので、設計の人やコーディネーターの人と一緒が望ましいです。

ショールームへ行く前に準備するものは?

 

ますはある程度の情報収集を行いたいですね。工務店やハウスメーカーと契約前であれば、理想のキッチンを探したいものです。今はインターネットで情報収集は出来ますし、InstagramなどのSNSでオシャレな家の画像を見れます。写真なんかを印刷してこんな感じの商品を希望しているのですが、説明してもらえませんか?とショールームの方に聞く事が一番良いと思います。
契約後の方であれば、とりあえず工務店・ハウスメーカーの標準仕様の資料を貰いましょう。貰った仕様を見せて下さいと言えば良いです。その際に、オプションでこんな物もありますよと説明してくれると思います。

ショールームへ持って行った方が良い物

ショールームへ行く時は、最低限持って行った方が良いものがあります。
●シャーペンなどの筆記用具とメモ用紙・・・人間はすぐに忘れるものです。また、メーカー別の特徴も色々ありますが、多くのメーカーのショールームを回るとゴチャゴチャしてしまいますので、メモ用紙は必須です。
●図面・・・契約後であれば、間取り図がある程度出来上がっていると思います。洗面台やキッチンなどの向きもありますので、図面を持っていくとすんなり見積も出やすいですし、ショールームの方も説明しやすいので図面は持っていきましょう。
●カメラ機能が付いているもの・・・スマホやタブレットでもOKですし、デジカメでもOKです。写真NGのショールームもありますが、写真があると後から見直した場合でも思い出しやすいですので、カメラ機能があるものは必須です。
●事前に調べた物の資料(画像やカタログなど)・・・こんな風にしたいのですがと画像があれば伝わりやすいです。遠慮なく要望を伝えて理想なキッチンなどを案内して貰いましょう。
●メジャー・・・広さの確認のために持っていきましょう。この広さの収納が欲しいなどあると思います。図面上の寸法と実際の寸法では異なる事が多いので、気になった場所はメジャーで測りましょう。

ショールームで行いたい事

扉や引き出しの開け閉めや収納の広さを確認したいですね。簡単に変える事が出来ないだけに使い勝手は大事です。中には電動なものもあったりするので、触って確認したいところです。実際に触ってみて自分にとって使いやすいかを確認しましょう。
また、商品の使い勝手だけでなく、メンテナンス(掃除方法)も確認して方が良いです。住んでからが本当の意味での家になりますので、掃除方法が比較的簡単な方が良いですよね?これも自分にとって合っているか確認したいところです。

我が家がショールームを活用した方法

ショールームってある程度部屋の空間が作られてますよね?我が家は、床の色やクロス関係など部屋のイメージを作るためにショールームを活用しました。フローリングの色がこんな色であればこんなイメージの空間になるんだと参考にしてました。実際に家を見るって中々機会がないんですよね。しかも契約後であれば、契約した工務店やハウスメーカーの展示場には行けますが他のところには気が引けるというか・・。だから我が家はショールームで家のイメージを作ってました。

まとめ

正直、せっかくこの記事を読んで頂いた方でも最初は分からない事だらけだと思います。本当は色々なメーカーのショールームへ行くと段々慣れてくるのですが、お住まいのエリアによっては何度も足を運ぶ事が出来ない方もいらっしゃると思います。家づくりは結構ハードなものです。毎週毎週打ち合わせなどでせっかくの休日が潰れる事も多いです。
少しでもこの記事を読んで活用して頂ければ嬉しいです。
このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です