勝手口って必要ですか?ずばり答えます!

リンク広告

玄関とはまた違った出入口。ほとんどの家が、キッチンの横に付いているのではないでしょうか?勝手口って当たり前にあるように思うかもしれませんが、勝手口って本当に必要なの?と悩む人も多いはずです。
オプションが多くて、少しでも減額したいと悩んでいる人も多い事でしょう。勝手口は本当に必要なのか、このブログを参考にして貰えれば幸いです。

勝手口って何に使うの?

出典:YKKAPカタログより抜粋

勝手口の主な使用理由はゴミだと思います。特にキッチンの横にある理由として、他の部屋のゴミよりもキッチンから出るゴミはにおいの問題や濡れている事が大きいと思います。生ごみは外に置いておきたいなどは、すぐに外へ出れる勝手口は便利かもしれません。また、カップボード下のゴミ箱だけでは足りないのでゴミを外に出しておくという事も便利ですね。
勝手口を使用する=ゴミ関係だと思います。

そもそも、賃貸に住んでいる方、勝手口って付いてますか?

新築を購入しようとしている方のほとんどが、現在賃貸のアパートに住んでいますよね?今住んでいる賃貸に勝手口って付いてますか?私が今の家に住む前まで住んでいた賃貸には勝手口はありませんでした。
そして、その事に対して不便に思っていますか?合った方が良いなと思う事はあっても、無くても問題ないと答える方が大半ではないでしょうか?

勝手口をつける事のメリット

一番のメリットは外に出る事が出来ると言った点です。通常、外に出る事が出来る扉は玄関扉もしくは掃き出しサイズの扉、そして勝手口です。火事などの万が一の事が起きた時の脱出できる扉になるかもしれません。他にも、採光や風の通り道としての通風部分が上げられます。但し、採光や通風については勝手口ではなく窓でも大丈夫です。ちなみに、勝手口より窓の方が安価に済みます。

勝手口をつける事のデメリット

一番のデメリットは、熱の出入りが大きい事です。断熱性能・気密性能が勝手口をつける事によって落ちるという事です。断熱・気密を最重要と考えている方にとってはマイナスな面でしかありません。勝手口に強い西日が強い場合、キッチンに立っていると暑いと感じるでしょう。逆に、冬場は寒い寒いと感じるかもしれません。勝手口に断熱スクリーンをつけるのであれば問題ないかもしれません。

おススメはハニカムスクリーンです。ハニカムスクリーンについてはいくつか記事にしてますので参考にして下さい。

一条工務店じゃなくてもハニカムシェードは取付出来る!

また、防犯の面でも心配な面があります。人が通れるぐらいの大きさであれば、侵入される可能性もあるという事です。特に勝手口は家の反対側にあるケースが多いと思います。玄関は比較的人目に付く場所にありますが、勝手口は目に付く場所ではないので狙われやすいと考えられます。防犯の面で考えるとマイナスでしかないと思います。

個人的な私の考え

今までの記事を読んで頂いた読者の皆さんであれば分かると思いますが、私は勝手口は必要ないと思っています。でも我が家には勝手口は付いています(笑)正直な話、勝手口って当たり前にあるものと思っていました。ないという選択肢を考え付かなかったですね。例えばの話、実家には付いている、友達の家には付いている、モデルハウスにはついているなどで、自分の家にも付いているというのではなく、本当に必要かどうかを考えてから選択すべきだと思います。
もし、まだ建築前であれば、勝手口は付けません。その費用を他に回したいと思います。

我が家に取っ手勝手口のメリットは本当にゴミ出し以外何もありません。(我が家の場合)
カップボードのゴミが入らなくなった時に、勝手口の近くにあるごみ箱に入れるぐらいしか使ってません。その頻度で言えば、
1日に1回はありません。月に2、3回あればいい方だと思います。そのくらいの頻度であれば、正直、リビングの掃き出し窓からの出入りで問題ないと思います。

余談ですが、外にゴミ箱を置いている事は、風の影響でゴミ箱が飛ばないように工夫をする必要があります。特に、隣の家にゴミ箱が飛んでゴミが散乱した場合迷惑をかけてしまいます。マナーとして隣の家にゴミが飛ばないよう最低限フェンスをつけるなどは行った方良いです、というよりして下さい。

まとめ

私の個人的な意見は勝手口はいらないとは思いますが、勝手口を付けるなと言っているわけではありません。あくまでも一つの意見として参考にしてほしいと思います。
全てにおいて言える事ですが、我が家のように、勝手口=当たり前につくものと言った考えではなく、本当に必要なのか?という問いに対して考えて調べて、自分の判断でつけた方が良いと思うのか、考えた結果必要なしとなるのかを検討してほしいと思います。そうする事で、後悔ない家づくりが出来ると私は信じています。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

玄関ドアについては別記事にしてますので、こちらを参考にして下さい。

玄関ドアの選び方

電気錠は絶対導入した方がいいと思う理由

サッシについてはこちらの記事を参考にして下さい。

知っておきたい窓の種類と特徴!

サッシを高性能に~熱の出入りは窓からが一番~

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です