外構工事の最終図面と最終金額を公開

リンク広告

家づくりの中で最終的に考えて行く外構問題。外構は、家のカッコよさを数倍にも出来るし、逆に何もしなければカッコいい家も半減になる家づくりの中では結構な重きを置いて計画するべきものだと思います。しかしながら、家本体にお金を使いすぎて、外構工事にまでお金を回すことが出来ずに、勿体ない家があるのも事実だと思います。
外構費用は、それぞれの土地でかかる費用は変わりますが、基本的なベースもあるのも事実です。参考になるかは分かりませんが、今回は実際に我が家にかかった外構費用を公開します。よければ参考にして下さい。

最終的な図面・パース

我が家の最終的な図面とパースになります。

目隠し兼用のフェンスはアルミフェンスを採用

フェンスはアルミに木目調のシートをラッピングしているものになります。当初は、樹脂製のフェンスでしたが、アルミ製の方が耐久性がありますし、何より樹脂製はよく見ると安っぽい事が原因でアルミにシート張りを選択しました。
別にLIXIL製にこだわったわけではありませんが、LIXILのジオーナフェンスYB型を採用しています。個人的な見解ですが、YS型よりYB型の方が良いと判断しました。
フェンスについては、別記事にしてますので、是非読んで下さい。

外構フェンスの種類と選び方

アプローチ部分に下からの照明

我が家の周りは、外灯が少なく案外夜は暗いんです。今は子供が小さいので問題はありませんが、今後成長していく中で、少しでも家の光で外の光をと思いアプローチ部分にライトを設けました。

想像とは違った感じに仕上がりましたが、まぁ満足しています。

駐車スペースは2台分

駐車場は2台分を確保しました。目地を微妙に変えてはいますが、真ん中にもある事で駐車する時に目印になって停めやすいです。これは、外構工事屋さんが提案してくれました。これについては大満足です。ちなみに、よくこの目地部分にタマリュウという緑を入れるのを良く見ると思いますが、うちは車のタイヤで踏んでします事を懸念して、目地は石にしました。
ちなみに、アプローチの目地部分にタマリュウを使用しています。

シンボルツリーはシマトネリコ

シンボルツリーはシマトネリコを採用してます。シマトネリコは、水をほとんどやる必要がなく、ズボラ―な我が家にとって良い木だと思っています。雨が1週間降らなかったら水をやればいいだけです。おススメします。
シンボルツリーにライトアップする事で、オシャレに見えます。

タイルデッキを採用

我が家はウッドデッキとタイルデッキのどちらかにしようか悩んだ末、タイルデッキを採用しました。


結果、タイルデッキはメンテナンス性に優れていますし、火にも強いです。バーベキューをした際、どうしても炭が落ちたり、タレが落ちたり色々問題がありますが、タイルデッキは汚れても簡単に取れます。タイルデッキで今のところ満足です。
これも別記事にしてますので、良かったら参考にして下さい。

ウッドデッキとタイルデッキどっちを選ぶ?

最終的な費用は?

我が家は、フェンスと駐車場、アプローチ、シンボルツリー、若干のスポットライト、そしてタイルデッキが主な外構工事です。他は真砂土で砂を入れて貰っただけですので、大きく外構に拘っていたわけではありません。いや、実際にはこだわれなかったという事ですね。本当は、カーポートがあったら良かったとか、タイルデッキの上に屋根をつけたかったなどやりたい事は他にも多くありましたが、金額面で断念したのです。
最終的な金額は2,192,400-(税込み)です。個人的には高いと思ってます。いや、実際にはこれくらいかかるんです。

皆さんの工務店・ハウスメーカーでは、外構費の予算いくらになってますか?我が家は、契約前に工務店・ハウスメーカーを含めても、外構費の予算は1,000,000-しかありませんでした。でも、1,000,000-では最低限の事しか出来ません。これも詳しく書いてますので、確認して下さい。

外構工事の費用は100万円では最低限の事しか出来ない

まとめ

本当に外構で家の見た目は大きく変わります。もっと言うと、我が家は外構計画は家が建ってから行いました。我が家はアプローチ部分とシンボルツリーの部分にスポットライトを採用しています。この電気の配線の問題もあったんです。
外構工事屋さんから、家から電気の線出てないんですけど・・・これでは、家の中からのスイッチでつけたり、消したり出来ませんなど、工事中に言われました。こういった電気配線の問題もありますから、これから検討している皆さんは家と同時進行しながら外構も計画する事を強くおススメします。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です