売電価格は下がっているが2018年でも太陽光パネルお得だ!

リンク広告

太陽光パネル・・・自分の家に検討しているけど、本当にお得なの??売電価格も年々下がっているし、太陽光パネルを載せて実際元は取れるの?
今太陽光パネルについて悩んでいる方の疑問はこれですよね?

その疑問にお答えします。我が家は太陽光パネルを載せていますので、実際にお得なのか、元が取れるのか。これから先太陽光発電を検討している人は是非この記事を読んで下さい。

実際、太陽光発電は投資的な部分が多いです。その理由は、初期投資が掛かると言った点です。初期投資を考えれば、最初は赤字です。また、未来は分からない事が多く自分の家の前に大きなビルが建って太陽光が家に当たらなくなった事もあり得ます。

そういった事があると、最初に投資した金額が戻らない可能性もありますので、投資と言っても過言ではありません。

太陽光発電は基本的には設置費用を10年で回収しないとダメ!

何故10年なのか?それは太陽光発電の固定金額は10年間と決まっているからです。

ちなみに、2018年年度で太陽光パネルを載せた人は28円/kwh(出力制御対応機器有の場合)または26円/kwh(出力制御対応機器無の場合)になります。
2019年度の場合は26円/kwh(出力制御対応機器有の場合)または24円/kwh(出力制御対応機器無)になります。

出力制御対応機器の設置義務がある地域は売電単価が2円高くなっています。
義務あり:北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力管内
義務なし:中部電力、東京電力、関西電力管内

自分の家のエリアを確認してみて下さいね。
ちなみに、出力制御対応義務とは太陽光発電でつくる電気量が多くて、工場や家庭なので使う電気量が少ない場合に、太陽光で発電した電気を買い取れない可能性があるという事です。そういったリスクがあるため、2円売電単価が高いという事です。

当然ながら10年で元を取るには、初期投資つまり太陽光パネルをいかに安く設置するかにかかっています。

年々売電価格は少なくなっているのに本当にメリットがあるのか?

当たり前の話ですが、売電価格が低いという事は、売電収入が減るという事です。それでは年々メリットは少なくなっているのでは?と思いますよね?

しかし、実際には年々設置費用も下がっているのです。色々な商品も同じですが、最初は高いが段々金額が下がってきますよね?

例えば、昔は自転車って凄く高くて2~3万は当たり前でしたが、今は1万円を切る自転車もあります。技術の進歩や原価償却、普及により大量生産したことで金額を抑える事が出来たのだと思います。

太陽光パネルを一緒で、年々金額が下がっています。つまり、売電価格は下がっていても初期投資金額が下がっているからメリットはあり得るという事です。

また、今まではいくらメリットがあると言われても初期投資が高くて手が出せなかった人も、初期投資が少なくて済む事で多くの人に太陽光発電を行う事が出来るようになったという事でもあります。

では実際にメリットがあるのか?我が家のシミュレーションで検証します。

実際にメリットがあるのか検証してみましょう。実際に得をするのか損をするのか。つまりは太陽光パネルを設置しても10年で元が取れるのかどうか。

まずは我が家の太陽光パネルのスペック

●メーカーは長州産業

長州産業は東日本ではあまり聞かないかもしれませんが、山口県本社の会社です。長州産業の特徴は、太陽光パネルがメイドインジャパンのパネルです。他にも、国内製の太陽光パネルを使用しているメーカーは、三菱電機・ソーラーフロンティアの2社で、他のメーカーは中国製などの海外のメーカーのパネルを使用しています。

海外製にも良い製品は沢山ありますので、一概にもメイドインジャパンが良いとは言えませんが、イメージは良いですよね。

ちなみに、パワーコンディショナーは、基本的に10年経ったら故障すると聞いた事はありませんか?基本的に太陽光のメーカーでパワーコンディショナーは10年保証ですが、長州産業は15年保証になっています。

保証期間が長い事は安心ですよね。

●太陽光パネルは6.0KW

住宅用太陽光発電の全国的な平均積載量は4.4~4.5KWとの事です。6.0KWですので、平均よりは上のようですが、我が家はZEHの関係で太陽光発電が必須でした。ZEHの関係で、載せるKW数も工務店任せでしたので、こちらからの要望ではありませんでした。今考えれば、もう少し検討しても良かったと思います・・・。

●パワーコンディショナーは5.5KW

太陽光パネルは6.0kWであれば、6.0KWのパワーコンディショナをつけなければいけないと思いませんか?

しかしながら、最大出力が6.0KWですので、毎回6.0KW出力してくれるわけではないのです・・・。天気悪い日なんて沢山ありますし。

通常はパネルに対してパワコンの容量を少し小さめする方が費用対効果が高いと言われています。

ちなみに、我が家のパワコンはオムロン製です。オムロンのパワコンは、住宅用に最適なサイズの過積載用パワコンとして、4.4KWと5.5KWの2種類を持っています。6.0KWのソーラーパネルであれば、4.4KWのパワコンか、5.5KWのパワコンになります。
※ちなみに、4.4KWのパワコンにした方が、初期投資の金額は安くなると思います。

●屋根は片流れ屋根で屋根勾配は6°

我が家の屋根の勾配は6°ですので、ほとんど勾配がない片流れ屋根になります。もう少し勾配をつける予定でしたが、北側斜線のせいで勾配をつけると場所を移動しなければならない等の問題が発生しましたので、泣く泣く勾配を緩やかにしました。
ちなみに屋根の方角は南南西です。結構南向きですので、それなりに太陽の光は当たっていると思います。



我が家の年間の電気代

我が家の電気代は年間¥111,298-でした。これには勿論昼間発電した分は昼間使用出来る分は使用して、余剰の分は売電しているので、太陽光発電をしていなかったらもっと年間の電気代は高額になっています。

月平均にしたら、約1万円です。今はオール電化の家ですが、以前賃貸に住んでいる際はガスと電気と両方で2万越えは当たり前でしたが、オール電化にして金額安く感じるのに、太陽光発電でさらに安くなると嬉しいです!

そして売電金額は¥133,320-です。思ったより少ないと思いました?そう、実際には少ないのです。未だ、売電が開始されて1年間が経っておらず、この売電金額は8か月と半月です。

恐らくですが、年間の売電は¥155,000-ぐらいにはなると思います。

つまりは、年間で電気代が約¥40,000-ぐらいプラスになる計算です。

売電金額が年間¥155,000-×10年で155万。我が家は140万で太陽光パネルを載せましたので、計算上は元が取れる計算です。この計算は、昼間の発電して使った電気量は含まれていませんので、厳密に言えばもっとプラスになります。

勿論、10年間同じ発電量ではないと思います。太陽光パネルの劣化などで発電量が少なくなるでしょう。ですので、大きく得するという訳ではありませんが、得する可能性は高いと言えます。

まとめ

今回、我が家での計算で大きく得する訳ではありませんが、得する事は分かりました。しかし、この未来が必ずしも約束されているわけではありません。もしかしたら、この発電量より大きく発電するかもしれませんし、天気が悪い日が続いて発電量が少なくなるケースもあります。

また、地震や台風などの災害で太陽光パネルが壊れるケースもありえます。

判断が難しいところですが、私は太陽光パネルに関しては、新築で建てる場合一緒に太陽光パネルを載せる事は断然有りだと思います。

その理由は、今住宅ローンは異常なぐらい安い金利です。仮に太陽光パネルの金額が150万とした場合、35年ローンを150万で計算(固定金利の1.5%で計算)した場合、月に約4,500円です。

売電金額が、4,500円を超えるのであれば、お得だと思いませんか?確かに、10年間しか固定買取期間はありませんが、11年後売電価格がいくらになるか分かりません。

しかし、電気代がバカ高くなる可能性も大きくあります。そんな時、自家消化出来る太陽光パネルは充分に存在価値はあると思います。※個人的な見解です。

最後に、太陽光発電を行う上で、大事な事は最初にも書きましたが、

10年間で元が取れるかです。そのためにも、年々売電価格が下がってきていますので、初期投資の太陽光

パネルをいかに安く載せるかが大事になってきます。ちなみに、

太陽光って業者によって金額が全然異なります。

複数の会社から見積を取らないと、損することになります。大事な事なのでもう一度言います。

太陽光は必ず複数の会社から見積を貰って下さい。

今はネットで簡易見積を貰う事も出来ます。大体の金額が分かる事は目安になります。

簡単に最大5社の見積が貰えるサイトは下記のサイトです。

太陽光発電・見積

太陽光パネルの見積一括サイトで見積を取ると、しつこい勧誘があるとか、沢山電話がるというイメージがどうしてもありますよね・・。しかし、グリーンエネルギーナビであればそんな心配は要りません。
確かに電話は掛かってきますが、一度対応さえすればしつこく電話が掛かってくる事はないですし、何より分からない事は聞きたい放題です。しっかり利用できるところは利用しましょう。

他にも私がおススメしているのはソーラーパートナーズです。おそらく太陽光を調べている方は一度は見たことがあるのではないでしょうか?




【住宅用・産業用】ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズから紹介される施工業者は、加盟審査通過率9.8%というかなり厳しい審査を通過した施工業者となります。厳しい審査ですので安心して任せる事が出来る点は嬉しいですよね。

また加盟している施工業者が共同で仕入れを行う事で各メーカーから低価格で仕入れを行っているとの事なので、同じ商品、同じKW数のパネルでも他社と比べて安く導入出来る可能性が高いです。

一度見積を取る事で大体の金額が分かりますので、検討してみてはいかがでしょうか?




【住宅用・産業用】ソーラーパートナーズ

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です