太陽光発電の2019年問題と蓄電池の関係!

リンク広告

ここ最近、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に伴い、太陽光パネルを採用している住宅が増えていると思います。太陽光パネル自体が昔に比べると価格面が安くなった事が一番の要因でしょうか?
しかし、『太陽光パネルの2019年問題』という言葉を聞いた事がありますか?今回は2019年問題と蓄電池について記事にします。

太陽光パネルの2019年問題とは

太陽光パネルの余剰電力買取制度が開始されたのが2009年11月です。家庭で余った電気を10年間一定額で買い取ってくれる制度が開始されました。
当時の買取価格kは48円/kwhでした。
平成30年度の現在は、28円/kwh(出力制御対応機器設置義務有の場合)です。ほぼ、倍の金額で買い取ってもらえたと考えると凄い事ですよね?当時は今ほど普及してなかった事もあり、また国が太陽光パネルを普及させたいという想いもあり高額な買取価格の設定がされたとされています。

そして、その余剰買取期間が10年間です。2009年から開始されましたので、2019年で買い取り期間が終わります。そして、48円で買い取りされていた家庭が、今現在買取価格が不明である事から、2009年に設置された人が不安定な状態になる事から、2019年問題と呼ばれるようになったわけです。
電力会社に買取義務がなくなるため、買い取ってもらえなくなるのでは?との不安の声が上がっている中で、未だ決定していない事が問題だと個人的には思います。
しかし、2009年に太陽光を導入した人にとっては、太陽光パネルの恩恵を多く受ける事が出来たと思います。何たって、48円ですからね!

2019年問題への対策

発電した電力を自分の家で全部使う事が出来れば、電気料金が減る(なくなる)わけですから、メリットとしてはありますよね?しかし、太陽光発電は、夜間は当たり前ですが発電しません。夜間に電気を使う分は太陽光発電では賄えませんが、電気を貯める事が出来る機器があります。それが蓄電池です。
蓄電池を使用すれば、夜間にも利用する事が可能です。

蓄電池とは

蓄電池とは電気を貯める事ができ、貯めた電気を必要な時に使用する事が出来ます。充電池のような感じですね。この蓄電池が太陽光と連携して太陽光での発電した電力を蓄電池に貯める事が出来るというわけです。
蓄電池のメリットとしては、災害時でも電気が使用出来る点です。照明やTVなどの仕様が可能な点は大きいですよね。また、電気代を安くすることか出来ます。特に、太陽光発電と連携していれば、余剰分を蓄電池に貯めて、発電全てを自宅に使用する事で電気代を安くすることも可能です。
しかし、デメリットもあります。一番は金額が高い事です。蓄電池は安くなってきているとはいえ、価格が未だ高価である事から、コストパフォーマンスが良いとは決して言えません。

蓄電池導入には補助金がある

蓄電池は、東日本大震災以降に注目され始めました。しかしあまりにも高価な商品で普及しにくい状態で、今現在も高価な商品です。しかし、これに対しても国は力を入れて普及していきたい事から補助金が出ます。また、この補助金のおかげもあってか、蓄電池の各メーカーが販売したい事もあり若干の価格競争が始まっています。
そのため、購入をしやすくしている状況であります。太陽光発電を普及させてるために補助金が出ていたように、蓄電池も普及したら補助金が出ないようになるでしょうから、補助金が出ている時期に蓄電池を購入した方が良いとも言えます。
しかし、これらの普及に伴い、蓄電池本体の価格も下がってくるでしょうし、効率的なものも良くなるかと思いますので、購入の時期は難しいところです。

蓄電池の種類

蓄電池の種類は主に2種類です。一つは鉛蓄電池。鉛蓄電池は自動車のバッテリーなどでの使用実績があり、価格的にも低価格である事がおススメポイントになります。もう一つの蓄電池はリチウムイオン蓄電池です。こちらはパソコンやスマホなどに使われている蓄電池で、比較的長寿命である事がメリットです。使い方や環境によって大きく変動はしますが、15年~20年は持つと言われています。他にも、補助金の対象になっているのはリチウムイオン蓄電池のみなので、個人的にはリチウムイオン蓄電池の方が良いと思っています。私ならばリチウムイオン蓄電池を購入します。

蓄電池の選び方の基準は蓄電容量

蓄電容量は大きければ大きいほど本当は良いんです。少なければ、充電+放電の回数が増えるため、蓄電池の寿命に影響します。やはり大きく充電出来て、大きく放電した方がサイクル的に少なく済むし、長持ちもします。しかし、容量が大きければ大きいほど金額が高くなります。1kwhの違いで、軽く20万~30万円変わってきますので、予算と使用量のバランスを考える必要があります。
一番良いのは、月の電気代を考えて見ると、どの程度電気量を使っているのか分かります。それで検討する事が良いと思います。一般的に、4人家族の場合であれば、蓄電池の容量は5~7kWhほどあれば十分だと思います。※電気の使い方で異なりますので、ご確認願います。

まとめ

2019年問題で、蓄電池を購入する方は増えると思いますし、これから新築を建てる方も蓄電池を一緒に購入する方も増えると思います。今現在、我が家では未だ蓄電池を購入していません。私個人の立場から申し上げるのであれば、今は必要ないと思います。あくまでも今は・・・ですね。今後検討をしていく必要があるでしょう。やはり売電価格がゼロ円にもしなるのであれば、勿体ないですからね。その時は購入すべきだと思います。これから先は必要になるでしょう。これから蓄電池がもっと買い求めやすい価格になる事を期待します。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

太陽光パネルやHEMSについては別記事にしていますのでよければ参考にして下さい。

失敗しない太陽光パネルの選び方

HEMSって何が出来るの?

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です