新築って結局総額いくらかかるの?

リンク広告

新築一戸建ての金額っていくらかかるの?って思いませんか?家がほしいなって思っていた時、実際にいくらかかるのか正直知りたくて知りたくて。でも、実際に建てた友達とかには何となく聞きずらいし・・・。そう思っていました。

自分がそう思っていたので、きっと他にもそう思っている人はいると思います。そこで今回は建物にかかった金額を公開したいと思います。是非参考にしてください。

契約当初の金額

工事請負契約書での当初の金額は¥14,770,297-(税別)でした。税込であれば、¥15,951,921-(税込)です。

ブログを読んで頂いている方はご存知だと思いますが、我が家は2階建てです。契約当初も2階建てにて契約してます。延床面積で、33.4坪です。

しかし、これは建物のみの金額となります。これには、付帯工事費用が含まれていません。例えば残土処理費や仮囲い工事費用など、建物とは別にかかる工事は含まれてません。また、申請費用も含まれておりません。

我が家はZEHの家ですので、ZEHの申請費用であったり地盤調査の費用であったりと建物とは別にかかる費用があります。その辺りも含んだ金額、つまりは工務店との請負金額は¥20,955,561-(税込)です。

坪単価で言えば、約62.7万ですね。高い(笑)まぁ、坪単価は純粋に建物だけの金額を差す場合がほとんどですので、付帯工事を抜くと、約47.7万ですね。それでも高いですが(笑)

ちなみにそれ以外にもかかる費用は沢山あります。詳しくは別記事を参考にしてください。

当初の契約内容に含まれているもの

最初の契約から大きく間取り関係や外観も変わったので、全く参考にならない金額ですが、この金額の基本仕様は、スキップフロア、ロフト、2階トイレが含まれています。

ZEH仕様ですので、オール電化、太陽光5.4KW、サッシ樹脂サッシLOW-Eペアガラスアルゴンガス入り、断熱材はアクアフォームの吹き付け断熱です。

この金額に含まれていないもの

工務店との請負金額に含まれていないものは、外構工事費とカーテン費用、照明器具の費用が含まれていません。

必要な工事だけど含まれていない分ですね。その他にかかる分に関しては、別記事を参考下さい。結構な金額ですよね。私的にはですが・・・。



我が家の変更後のかかった金額

我が家は、最終的に工務店と最終的に変更契約を結んだ金額は¥19,754,405-(税込)です。当初より契約した当初よりも減額が¥1,201,156-減額しました。しかし、これはあくまでも工務店との契約した金額になります。

我が家は施主支給を行いました。ですので、自分で手配した分の金額がありますので、実際に家にかかった金額はまだかかってます。

施主支給したもの

我が家が施主支給したものは、エコキュート,、照明器具、畳です。カーテン工事は別途にしました。

元々、照明器具の費用とカーテンの費用は含まれては、工務店との契約には入っていませんでしたが、実際に家にかかった金額を考えると、含めないと分からなくなりますので、ここでは含めたいと思います。

施主支給品の金額

エコキュート 三菱電機 Pシリーズ 460L ¥344,944-(税込)、照明器具 コイズミ照明 ¥159,278-(税込)、畳 フチなし和紙清流4.5畳分 ¥116,640-(税込)、カーテン工事(2Fはカーテンレールのみ、和室プリーツスクリーン2ケ所、リビング バーチカルブラインド1ケ所) ¥130,680-(税込)
合計金額 ¥751,542-(税込)になります。

施主支給に関する記事もありますので参考にして下さい。

土地購入費用と外構工事費用を除いた金額

工務店との契約金額 ¥19,754,405- + 建物以外にかかった費用 ¥1,039,244- + 施主支給品 ¥751,542-ですので、合計金額¥21,545,191-(税込)になります。
どうですか?嘘偽りのない金額になります。

今回、このブログを書くために改めて計算し直したので間違いないと思います。
私は、正直この金額が安いか高いのか正直分かりません。ZEH仕様の家での見積は、この1社しかとっていないため、判断基準がありません。

誰か教えて下さい(笑)
この金額には、外構工事が含まれていません。外構工事はあまり参考にならない可能性が多いかと思いますので、今回は含まれておりません。

まとめ

繰り返しになりますが、我が家は最終的に約33坪です。最終的な金額は¥21,545,191ですので、坪単価約¥65.2万です。

俗に言う坪単価は、税別の単価なのか、付帯工事は含まれていない金額なのか分かりませんが、決して安くはないと思います。坪単価に関しては、色々なハウスメーカーの金額がありますが、参考程度に考える事にした方がいいです。やはり実際に見積を貰ってからじゃないと分かりませんから。

本当に今から家を建てますと計画している人にとっては、ある程度の目安になるのではないでしょうか?これに、あとは土地の費用と新しく買い替えを行うであろう家具・家電がさらにかかります。本当にお金がいくらあっても足らないと思ってしまいます。

正直、もう少し予算があれば、もう少し広い家で・・なんて妄想が出来ますが、こればっかりはしょうがないですもんね。

皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

他にもお金に関する記事を書いていますので、良ければ参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です