新築における2Fのトイレの必要性

リンク広告

トイレは、必ず毎日誰かが使用する空間になります。家族だけでなく来客が使う事もありますので、快適さも必要になります。使い勝手や使い方、使う頻度、使う人など色々考えてトイレを選ぶ基準にしてもいいかもしれません。

ちなみに、我が家の1Fのトイレは、アラウーノSⅡです。

別に記事を書いてますので、よかったら覗いてください。

我が家のメイン(1F) タンクレストイレ 

我が家は2Fもトイレをつけています。今回は2Fのトイレについてまとめてみます。

まずトイレの広さに関しては、『立つ』・『座る』の動作が必要です。車椅子を使用する場合は、立つ座るの動作にもある程度のスペースが必要になりますので、トイレの広さについてはよく検討した方がいいです。また、よく使用するトイレについも、余裕を持ったスペースがあると落ち着く事が出来ると思います。

ほとんどのご家庭でもそうだと思いますが、我が家の2Fのトイレは完全に家族しか使いません。来客の人が使う事もないですので、何でもいいと言えば何でもいいです。しかし多少のこだわりを持って選びました。

我が家の2Fのは、LIXILのベーシアシャワートイレ(フチレス)です。ベーシアは業者用の名前のようで、LIXIL正規品の名前ではアメージュという名前になるようです。
タンク付きのトイレになります。タンク付きの場合、手洗いが出来るようになってますので、別に手洗いを必ず設ける必要がありません。ですから、手洗いの分の費用が掛かりませんので、タンクレスのトイレより安価で済みます。本体自体もタンクレスより安いですしね。
では改めて、ベーシアシャワートイレの特徴を説明します。

ベーシアシャワートイレの特徴

フチレス形状

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z_s/feature/

フチを丸ごとなくしたため、掃除が楽になります。

パワーストリーム洗浄

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z_s/feature/

少ない水でも強力な水流で洗浄され、しっかり洗い流されます。

お掃除リフトアップ

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z_s/function/

掃除出来なかった隙間汚れが簡単に拭き取れる機能付きです。

しっかりエコ

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z_s/function/

1989年~2001年発売品と比べて、約69%も節水が出来るようです。どの程度の節水かというと、2日間でお風呂1回分以上も節約できるとの事です。

※4人家族で、大1回/人、日 小3回/人、日 した場合の算出。

我が家の2Fトイレの画像です。タンク付きのトイレの中では、スタイリッシュな形状をしており、かっこいいと個人的には思っています。
座った感じでは、スタイリッシュなデザインのため、座り心地が良いというわけではありません。しかし、座り心地が悪いわけではありませんので、使用上は全く問題ないです。むしろ、特徴の面が大きいので採用しても問題ないと思います。

壁リモコンの画像です。横長のデザインになっており、すっきりしてカッコいいです。正直、2Fのトイレにかっこよさは求めてなかったですが、かっこいいものと、普通のものどちらを選ぶ?となれば、カッコいいものを選びますよね?金額に差額がなければの話ですが。ちなみに我が家の場合、このベーシアは標準だと思っていましたが、最後に見積書貰った時に標準差額¥23,100-と記載がありました。騙された感がありましたが、我が家の方が他に色々得している事もあり、あえて指摘しない方がいいと思いましたので、指摘はしてません。結果、2Fのトイレも快適に使用出来てますので、今となっては問題なしです。

改めて、2Fのトイレの必要性ですが、2Fに寝室があります。あまり夜中にトイレに起きる事はありませんが、トイレに行く事を考えるとわざわざ1Fに降りてトイレに行ってまた2Fに上がる事が大変です。また、小さい子供がいる家庭も、トイレの度に1Fに降りるのは大変ですよね。我が家も子供がまだ小さいので、2Fにあると便利です。他にも子供が成長した際も、朝の準備等でトイレの時間が重なる事も考えられます。やはりトイレは落ち着く家で行いたいので、トイレが2つある事はメリットが大きいです。ちなみに我が家は、標準でトイレが2つ採用ではありませんでしたので、トイレ2F増設はお金がかかっています。金額は¥196,900-+先ほどの¥23,100-ですので、合計¥220,000-が2Fにトイレを増設した際にかかった金額です。この費用は、トイレ増設のための、建具・スイッチ・コンセント・給排水工事等全て含まれている金額になります。その費用分の対価としての価値はあるのか・・・あると信じています(笑)

このブログが今後新築を建てられる皆さんに少しでも参考になればと思っています。何か他に問い合わせあればご連絡頂けると幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です