新築戸建てに和室は必要?和室を作る事でのメリット・デメリット

リンク広告

和室って必要かな?と悩んでいる人は多いと思います。いるかいらないかと聞かれたら、ほしいけど、お金もかかる事だし・・と考えている人も多いのではないでしょうか?必要ではないけど、いる、作るという人もいると思いますし、必要だけど、いらないと考えている人もいるかもしれません。しっかり、和室の必要性を認識した上で、和室を作るのか、作らないのかを決定する事が大事です。和室のメリット・デメリットを考えて見ましょう。

和室のメリット

子供の遊び場として

畳にクッション性があるため、安全性が高く子供の遊び場としてのスペースとしての活用は最大のメリットではないでしょうか?和室を独立して一部屋として設けた場合でも、リビングなどに畳スペースを設けた場合でも両方でも安全性とういうメリットは十分に発揮できます。他にも子供のおもちゃ置き場として有効活用でき、リビングには生活感を出す事なく和室におもちゃを詰め込むといった荒業も可能です。

来客時での寝室代わりに

来客時での寝室としても、布団を敷くことで可能になります。この点も、独立した一部屋としてのスペースでも、リビングの横に繋げて設けた場合でも、きちんと建具で分ける事が出来るのであれば、可能になります。親や親戚が遊びに来てそのまま泊まって行くといった場合、和室を利用してもらう事が出来ます。

リビングと隣り合わせで作る事で、リビングに開放感が

琉球畳を使用し、扉を開けて使用すれば、リビングが広がったように感じ、開放感が生まれます。リビングが広く感じる事が出来るのはメリットとして大きいです。

将来親と同居した場合でも大丈夫

親世代では、和室が良いと思っている可能性があります。親と同居した場合でも、和室がある事で安心するスペースを提供できます。

昼寝のスペースに

ちょっとした休憩であったり、少しゆっくり横になりたいなどの場合でも、フローリングの上で寝るのはきついかもしれませんが、畳はクッション性がありますので、昼寝のスペースとしては最適です。

畳が好き

和室には趣きがあり情緒もあります。また、い草で出来た畳には芳香性がり、その香りが好きという人もいるでしょう。その香りで気分が落ち着くなどの事もあると思います。

和室を作った際のデメリット

それでは、和室も作った際のデメリットを考えてみましょう。

コストが上がる

本格的な純和室を作る際は、造作工事が必要になります。床柱などは、物にもよりますが、ものすごく高価なものです。また、工事についても、簡単ではありません。そのため、高価になりがちです。本格的な純和室ではなくても、洋室を和室へ変更する事は、オプション扱いになり、通常よりは金額が高めになるケースが多いようです。

畳の表替えなどのメンテナンスが必要

畳はある意味消耗品です。日焼けなどが、フローリングに比べて目立ちやすいです。日焼けをした場合は、表替えを行う事でまた新しくなりますが、定期的に行う必要があります。また、飲み物などをこぼした場合も、シミになりやすいなどもデメリットもあります。※そのため、現在はい草の畳ではなく、和紙の畳を使う事で水を吸収しない材質の畳もあります。通常のい草の畳と比べて割高ですが・・・。

和室を部屋として使用する事が困難

和室は、家具を置くスペースとは考えにくいため、例えば子供の学習机などを置くという事はあまり考えられないです。そのため、和室を子供部屋にする事はしにくいです。結果、部屋が一つ余る事になる事が考えられます。無駄なスペースになる可能性が高いという事です。

段差のある畳コーナーの場合はつまずく可能性も

出典:https://suvaco.jp/room/jF5ZCmczVd

和室ではなく、畳コーナーの場合は、一つ床を上げて作る事が多いです。床を上げる事で、その部分に収納を作る事が出来るメリットもありますが、段差がつくことでつまずく危険性があるという事です。特に小さい子供がいる家庭では心配ですよね。後は逆に自分たちが年を取った場合です。その時も同様につまずく事を心配しなければいけませんので、デメリットの一つと言えるでしょう。

我が家の選択

我が家は和室作りました。私達夫婦は、新築を建てた場所が、出身地ではないため、親は他県に住んでいます。親が遊びに来た時、泊まらせる事が出来る事が一番の決め手になっています。しかし、年に数回しかない事を優先して、本当に必要なスペースを作る事が出来ないなどは、選んではいけない事だと思います。実際に住むのは、自分達が住むのであって、自分達がお金を出して建てるのですから、自分達を優先する事が大事だと思います。

我が家の和室

我が家の和室は、平面図をみて貰えばわかりますが、4.5畳しかありません。狭い空間です。狭すぎて写真があまり取れません(笑)畳は琉球畳の和紙にしました。和紙の畳の方がい草と比べて長持ちすると畳屋さんに言われました。ちなみに、畳は建築工事がら別途にしています。私は、畳屋さんに依頼しましたが、4.5畳で¥108,000-(税別)でした。あまり安くはないですね。

 

和室の中も窓を2つ付けて、風通りが良い部屋にするようにしました。

風通しの良い家にするためにはのブログを過去に書いてますので、こちらも参考にしてください。

風通しの良い家にするには

我が家の和室は、洋風和室を選択しました。予算的な物が大きいですが、可能であれば、純和室を作りたかったです。あと、贅沢を言えば、6畳はほしかったです。和室には必ず押し入れが必要になります。そもそもベッドを和室に置くことはほぼありませんので、布団をしまう押し入れが必要になります。我が家の場合は限られたスペースの中で、そこまで和室を大きくとる事が出来ませんでしたし、年に数回のお泊りの可能性と、毎日いる家族のスペースを天秤にかけた時、和室にもう少し大きいスペースをという選択には至りませんでした。

皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です