風通しの良い家にするには

リンク広告

高温多湿な日本では、風通しの良い家にすることで快適に暮らす事が出来ますし、快適に暮らすことは誰もが望んでいる事だと思います。空気は汚れていても目に見える事はありません。現在の住宅については、24時間換気システムの設置が義務付けられておりますので、空気の入れ替えは出来ます。しかし、快適に暮らすということを考えた時に24時間換気で空気の入れ替えを行うよりは、自然の風を感じながら暮らす事が必要ではないでしょうか?風通しの良い家にするためにはどうすれば良いか考えましょう。

風通しの良い家のメリット

家が長持ちする

風が通る事で湿気が解消されます。湿気が解消されると、土台などの木材が乾燥されたままですので、腐れる事もなく白アリなどの被害も起こりにくくなります。また、フローリングや壁紙・建具関係も長持ちする事に繋がります。

温度が調整出来る

湿度と共に温度も調整出来ます。エアコン等の人工的な空調だけでなく、自然の風を利用する事で夏は冷えすぎず冬は温まりすぎず温度の調整が出来ます。結果、住む人の健康にも良い家になります。また、自然の風を利用する事は、エアコン等を使用しなくていいようにしてますので、省エネにもつながり、電気代も節約出来ます。

におい・ほこりが排出出来る

湿気、におい、ほこりは人体に大きな影響を与える要素になります。湿気が多いとダニやカビが発生しやすくなります。また、においやほこりを空気の入れ替えと一緒に行う事でシックハウス症候群を予防する事も出来ます。何より、自然の風を感じる事で気持ちがいいです。

風通しの良い家にするためのポイント

一部屋の窓は最低でも2ケ所設ける事です。2ケ所以上窓がある事で、風の通り道が出来ます。風は入ってきて、出ていく事で体感が多くできますので、通り道を作るための2ケ所以上を考えましょう。しかし、風の通り道のため窓を開けても、周りの住宅の目線や防犯が気になるのであれば、長時間窓を開ける事が出来ません。窓を長時間開ける事が出来なければ意味がありませんので、開ける事が出来る位置に設ける事も必要になります。他にも窓の種類によって風が入りやすい・入りにくいがありますし、サッシによって風の入り方も変わってきます。それぞれ特徴を考えてサッシを選ぶ事も大事です。サッシについては他にも記事にしてますので、参考にしてください。

サッシを高性能に~熱の出入りは窓からが一番~

 

我が家の間取り・風の通り道‎‎

改めて、我が家の平面図を見てます。我が家は、風の通り道を意識して窓の位置を考えました。

画像ではわかりずらいかもしれませんが、1つの部屋の中には必ず窓を2つ作っています。実際には青字で書いているように風が抜けるかは分かりませんが、可能性として、風が抜けやすくするためにしてます。

通常は窓を同じ位置に配置する事が一般的ですが、高低差をつける事で空気が流れます。暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ流れる性質がある事は良く知られていますが、窓を天井近くに取る事で天井に溜まった熱気が外に抜けます。特に夏場の暑い空気には効果的です。高い位置にある窓から自然に熱気が抜けて気持ちのいい室内環境を得る事が出来ます。

効果的に室内に空気を入れたいのであれば、室内扉も引き戸の方が効率は良いです。引き戸の場合、開ける・閉めるの両極端ではなく、中途半端に開ける事が出来るため、普段は中途半端で風を通し、プライバシーを確保したい時に閉めるなど出来ます。

気を付けたいポイントとしては、あと一点。キッチン回りの窓です。湿気や臭いが発生しやすいキッチンでは、通風に配慮した窓があると便利です。もちろん換気扇がついてますので、必ず必要なわけではありません。ただ、可能であればあった方が便利です。我が家は間取り上キッチン回りには、勝手口からの通風のみです。キッチン回りで気を付けたい事は、あまり直射日光が当たる窓は避けたい事です。直射日光が当たると、食品が傷みやすくなりますので、小窓ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか?

我が家の実際の写真になります。これで、風の通り道を確保しているつもりです。実際に風が流れていますので、風の抜ける道は出来ていると思っています。

これから住宅を建てられる方に少しでも役に立てば幸いです。何か問い合わせがある場合は、ご連絡下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です