食洗機を迷っている方は必見!知っておきたい食洗機の主な特徴

リンク広告

キッチンをどれにしようかと悩んでいる時に必ず出てくる食洗器。導入した方がいいの?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
今まで食洗器を使った事ないから、食洗器の使い勝手も分からないし、今後も必要ないかな?と思っている人もいると思います。でも、待ってください。悩んでいる方はとりあえずこのページを見てから判断してほしいと思います。

食洗器とは?

食洗器とは、食器洗い機が正式名称であり、名の通り食器を洗う機械の事です。家庭用であれば、食器洗い乾燥機と呼ばれる物で、食器を洗った後、温風で乾燥してくれるものが主流になってます。洗浄から乾燥まで入れると、1時間半~2時間ぐらいかかりますので、それなりに時間がかかりますが、自動ですので、電気料金の安い深夜の時間にタイマーを掛けておくことで、起きたらきれいな食器を使用する事が出来ます。
基本的に、新築の家庭であれば、ビルトイン型になりキッチンに組み込まれるものが主流になり、見た目もシステムキッチンの一部ですので気になりません。

食洗器の主な特徴

高温での洗浄

手洗い出来ない程の高温のお湯と、高圧な噴射力で汚れを効果的に落とし殺菌効果も高い事が特徴です。これが食洗器の秘密だという事ですね。食洗器って汚れが本当に落ちるの?と思っている人多いと思うんです。落ちないから、やっぱり手で洗っちゃうという人も多いはず。しかし、そんな事はありません。使用方法を間違ってなければ、綺麗に取れます。問題ありません。
※汚れの度合いによっては取れない汚れもあります。
また、メーカーやグレードによっては、プラズマクラスターや重曹洗浄機能がついているので、手で洗うよりも綺麗になる事もあるはずです。
これについては、我が家の勉強不足でした。食洗器→付けますと言った事だけで、どの食洗器をつけるかなどの打ち合わせはなく、完成と言った感じでした。改めて食洗器の事を調べてみると、色々機能があるわ出てくるわで、やはり無知はいかんと思います。

節水による水道代の節約

これも大きなポイントです。少ない水(お湯)を小さい空間の中で噴射させて洗浄しますので、通常の手洗いよりも圧倒的に節水効果があります。実際にはどの程度の水量が節水になるかは、使うメーカーや製品で異なると思いますが、Panasonicさんのホームページに参考例が掲載されていました。

出典:https://sumai.panasonic.jp/dishwasher/merit/watersave.html

これによると、通常の1/9の節水効果があると記載がありますので、実際に計算してみます。1日2回食器を洗うと計算した場合
(82.6L÷1000×252円)21円×2回×365日(1年)=¥15,330-
(9L÷1000×252円)3円×2回×365日(1年)=¥4,536-

単純に水道代のみで計算した場合、一年で約¥10,000を超える節水・節約が出来る計算です。
節水機能は、特に水道料金が高い地域だとさらに効果的ですよね。我が家が住んでいる場所は、水道料金が高いので、余計に助かっています。
しかも、先程の金額はあくまでも節水だけですので、本来であれば、食洗器を使用する際の電気代・手洗いの場合冬場で使用する時のお湯を沸かすガス(電気)代・洗剤にかかる費用など細かいところまで目をつけると年間で¥20,000~¥25,000程節約できるとの事です。
10年間で、¥250,000-であれば、充分に元は取れるのではないでしょうか?

注意が必要 食洗器でも洗えないものがある

今、主に使っている食器をそのまま新居でも使用しようと考えている人は多いと思います。便利な食洗器ですが、洗えない食器があります。その点は念のため確認していた方がいいです。せっかく採用した食洗器が使えないとならないためにも、確認は必要です。

高温に耐えきれない製品

高温での洗浄になりため、耐熱表示のない樹脂製の食器類や調理機器は、変形や変色を起こす可能性があります。プラスチック製品には注意が必要です。

クリスタルガラスの食器

カットグラス、クリスタルガラスなどの高級ガラス食器も食洗器で洗う事は出来ません。食洗器で洗うと白くなるとの事ですので、注意が必要です。

銀、アルミ、錫、銅、鉄製の調理器具(鍋・フライパンなど)や食器

これらの素材は使用してしますと変色するようです。また特に鉄製であればサビが発生する可能性が高いとの事ですので、注意が必要です。

小さすぎるもの

小さすぎるものは重さがない分水圧で飛んでしまいます。小さすぎるものは注意が必要です。プラスチック製の軽い子供用のスプーンなどはも同様です。

まとめ

食洗器が節水などの節約になる事のメリット、そして洗えないものもあるデメリット的な事を紹介しました。
食洗器を使用することは「家事に手抜きをするなんて」という目があるかもしれません。そんな気持ちがある女性も多いようですが、はっきり言って私は導入する事をおススメします。手抜き?いいじゃないですか。むしろ手抜きではなく、食洗器の方がきれいになるのであれば、もはや手抜きとは言えません。特に子育てで忙しい世代では手放せない程楽な家電だと思います。
但し、食洗器を採用するには、必ずその食洗器の特徴を知るべきです。メーカーにやグレードによって出来る事・出来ない事がありますので、採用しようと考えている方は必ず確認した方が良いです。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です