三菱エコキュート『ホットあわー』の効果と使い心地と感想

リンク広告

三菱電機のエコキュート『ホットあわー』って実際どうなの?

私は使用するまでずっとそう思っていました。しかし、ネットで探してもあまりちゃんとした感想がないため、皆あまり使用していないのかな?とも思っていました。

私と同じように、実際どうなの?と悩んでいる人がいると思いますので、今回、『ホットあわー』を使ってみての感想、そしてカタログに記載されている使用感や効果などを暴露したいと思います。

ちなみに『ホットあわー』って何?

ホットあわーとは、入浴中にボタンを押すだけで微細な約0.01ミリのマイクロバブルの泡が出てきます。

ジェットバスほどの強さはありませんので、ご注意下さい。

ジェットバスほどの勢いはありませんが、ジェットバスをイメージしてもらうと分かりやすいです。

このホットあわーを使用すると、湯冷めがしにくいというデータがあります。

出典:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/diahot/ecocute/forte/hothour.html

《試験結果:湯あがり10分後の皮膚表面温度》

【試験条件】
入浴者20代∼50代の成人12名に通常入浴)とホットあわー入浴にて10分間入浴し、湯あがり10分後の皮膚表面温度をサーモビューアで測定。( 湯温39℃ 室温25℃ 浴槽湯量180L)ホットあわー入浴の場合は、通常入浴に比べ入浴後の皮膚表面温度が高く、湯冷めしにくいことがわかりました。(当社調べ)
※使用環境や条件により、効果は異なります。また、個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

また、肌水分も上昇するデータもあります。

出典:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/diahot/ecocute/forte/hothour.html

【試験条件】
入浴者40代~50代の成人女性16名湯温38℃ 室温25℃ SRT‐P373UBを用いて比較
【試験条件】
入浴前に右手甲の定点の肌水分量を測定し、10分間の入浴を5日間実施。通常入浴とホットあわー入浴それぞれで初日の肌水分量を基準として2∼5日目の肌水分量比を算出。さらに通常入浴の肌水分量比を基準とし、ホットあわー入浴の肌水分量比を算出。
使用環境や使用状況により効果は異なります。また、快適性は個人差があり、効果を保証するものではありません。

さらには、入浴剤と併用する事でさらにより良い効果が見込めるとの事です。あわ入浴剤も使用可能で、ジェットバスみたいに泡ぶろにも出来ます。

ちなみに、ホットあわーについては、動画で説明を行っていますので、実際に泡が出ている動画を見て見るとイメージが湧きやすいと思います。

つまり、ホットあわーを使用する事で、日々のお風呂の生活が快適になるという事ではないでしょうか?

もっと言えば、普通のお風呂が泉みたいになるんじゃね?そう思っても間違いない表記の仕方だと思うんです。



ちなみに、お値段はどうなの?

三菱電機のエコキュートPシリーズにしか『ホットあわー』の機能はついていません。三菱電機のエコキュートには、AシリーズとSシリーズがあります。グレードとしてはAシリーズ<Sシリーズ<Pシリーズとなります。

価格については、ネット通販を行っているお店の価格を参考にして頂ければ、実際の価格が分かりやすいと思います。

もし、エコキュートを施主支給したいと考えている方がいるのであれば、個人的にはこのお店をおススメします。価格だけでなく、店長さんの知識の高さ、丁寧さではこのお店がピカ一です。また、私達顧客に対しての料金が分かりやすく表示されています。

激安ダイキン三菱エコキュートの通販店アイポプリ

他のネット販売を行っている会社さんは、価格をどこよりも安く見せたいがため、本来必要である部品の価格は含まれておらず、後から価格が上がるようにしています。

しかし、アイポプリさんはその辺りがきちんと価格設定しておりますので、見やすいです。このアイポプリさんのネット販売の価格で比較したいと思います。

三菱エコキュート Aシリーズ 460L (品番SRT-W464) ¥194,242-(税込)

三菱エコキュート Sシリーズ 460L (品番SRT-S464) ¥210,292-(税込)

三菱エコキュート Pシリーズ 460L ¥(品番SRT-P464B) ¥348,648-(税込)
※空気チューブセット・保温剤セットは別途費用がかかります。

価格差が結構大きいですよね。ホットあわーの機能が付いているだけで約¥140,000-ぐらい金額が異なります。工務店やハウスメーカーを通すと、もっと価格差が出るかもしれません。ちなみに我が家では、工務店へ標準のエコキュート(コロナ製)からホットあわーが出来るエコキュートに変更した場合の差額は、¥272,000-でした・・・。

この『ホットあわー』にそれだけの価値があるか・・・それを知りたいですよね?

ちなみに、ホットあわーに似た製品は他社メーカーでも取り扱い有

ダイキン製のエコキュートでもホットあわーと同様のマイクロバブルを発生させる事が出来ます。

同様にアイポプリさんのホームページから価格を見て見ると

ダイキンエコキュート 460L フルオート(品番SEQ46TFV) ¥272,258+¥22,621=¥294,879-(税込)

価格だけを見ると、ダイキン製の方がはるかに優れています。あくまでも価格だけを見ると・・・ですが。
省エネなどの機能面で比べると断然三菱製の方が良いようですが。

また、エコキュートではありませんが、パナソニックの浴室でオプションで付ける事が出来る美泡湯と言うものもあります。

エコキュートから発生されるマイクロバブルであれ、パナソニック製の美泡湯であれ、効果面で考えるとほとんど似たような事が各メーカーのホームページには書いてあります。

※ちなみに、美泡湯はオプション扱いになる工務店やハウスメーカーがほとんどだと思いますが、定価ベースで¥180,000-です。各工務店やハウスメーカーで異なるかとは思いますが、相場として9万~13万前後ぐらいの価格が掛かると思います。
きちんとした価格は、各工務店やハウスメーカーに問い合わせを行ってください。

お待たせしました。使い心地はどうなの?

我が家は、三菱エコキュートの『ホットあわー』を使用しています。他メーカーさんの商品は実際には使用していないので、他メーカーさんの事は分かりませんが、三菱『ホットあわー』についての個人的な見解を述べます。

温泉のような効果はない!

私はこの『ホットあわー』に過度の期待をしていました。しかし、過度の期待は見事に裏切られました・・・。
あくまでも個人的な見解とさせてください。皮膚表面温度が高く湯冷めしにくいという事ですが、確かに、『ホットあわー』を使用しないよりは効果はあります。しかし、過度の期待はしない方がいいと思います。

これくらいの効果であれば、14万も金額を上げてまで拘る必要はなかったと思います。

でもエコキュートの省エネ効率は良いんです

ホットあわーが使えるPシリーズの年間給湯保温効率(JIS)は3.8です。※460Lの場合

この年間給湯保温効率(JIS)は簡単に言えば、数字が大きいほど省エネになり、電気代が安くなります。
ちなみに、ホットあわーと同様のダイキン製のエコキュートの年間給湯保温効率(JIS)は3.3です。

年間の電気料金のシミュレーションでは、年間給湯保温効率(JIS)3.8の場合¥27,231- 年間給湯保温効率(JIS)3.3の場合¥31,230-
差額¥3,999-/1年間です。

※この電気料金は三菱電機エコキュートのランニングシミュレーションを参考に算出しています。

10年で約4万円で考えると・・・差額分¥53,769-(アイポプリさんの売価差額)ですから、10年間で故障した場合は微妙に赤字ですね(笑)

14年以上エコキュートが使用出来れば、三菱製がお得になります。

まとめ

あくまでも私個人の感想です。勘違いしないで貰いたいのは、ホットあわーはダメですよって言っているわけではありません。私は毎日使ってます。使わないよりは使う方が効果はあります。

私が期待しすぎていたというだけですね・・・。だから、過度な期待はやめた方が良いですよって事です。

エコキュートについては、別にも記事にしてますので、良かったら参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

4 件のコメント

  • はじめまして。
    家も2年前にリフォームして、ほっとアワーを導入しました。
    記事同様、最初効果はよくわかりませんでしたが、バブを入れてからのほっとアワーは、まるで別物でした。個人的な感想ですが。
    もう試されてるかもしれないですけど、いちおう報告です。
    家では毎日バブ+ほっとアワーで快適です。(バブ代はかかりますが)

    • コメント有難う御座います。
      我が家もバブ毎日使ってます。どっちかと言うと風呂好きなので、普段の家の風呂でも快適なお風呂生活を送りたいですから、バブは必須ですね(笑)
      ホットあわーの効果は全くないわけではないと思うのですが、過度な期待をしていたためか、少しがっかりしたんですよね・・・。
      でも、使わないよりは使った方が本当に体が温かくなっていると思います。
      実は、子供が小さくて、少し肌が弱く乾燥肌ですので、肌水分を増やしてやりたい気持ちも強かったのですが、それに関しても子供を見ているとあまり効果は感じられなくて・・・。
      合う・合わないもあるんだとは思います。
      でも、言えるのは使わないよりは使った方が良いという事は間違いないと思ってます。
      コメントでアドバイスも頂き、有難う御座います。引き続き今後とも宜しくお願いします。

  • わたくしは
    ホットアワーを使用してから
    マッサージにいく回数が、減りました。
    というよりも、特にマッサージに、いきたいと思わなくなりました。気がつけば、一ヶ月も行ってないなーって、感じです。以前は週一回ペースでした。
    これだけで、すごくお財布にも、電気だいも省エネで、
    満足しておます。

    • コメント有難う御座います。
      本当に省エネに関しては間違いないですよね。お財布にも優しいと思っています。マッサージにも行く回数が減ったのであればさらにお財布に優しい商品と言う事ですね。
      私も使用するのとしないとでは、使用した方が絶対良いと思っています!!お互い満足のいくお風呂タイムですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です