希望エリアで土地が見つからなければリノベーションも検討すべき

リンク広告

新築住宅の購入を検討しているけど、エリアを絞って住まいを探している時に中々良い土地が見つからない・・・といった悩みはありませんか?我が家もそうでしたが、土地探しって中々上手くいかないものです。良く言いますが、土地探しは巡り合い、運とも言えます。

しかし、そういった場合、既存住宅を購入して『リノベーション』といった手もあります。そうする事で、希望するエリアで見つける確率は大きく上がります。住宅の構造さえしっかりしていれば、断熱性能の向上や、耐震性の向上、ある程度の間取りの自由がききますので検討の一つにすると、希望するエリアで見つかるかもしれません。しかも、価格も新築より掛からないケースがほとんどです。

また、現在住んでいる家が住みにくい、バリアフリーにしないと危ないなどの場合でも『リノベーション』で解決出来ます!

ところで『リノベーション』とは?

最近『リフォーム』ではなく『リノベーション』と言った言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?でも実際、『リフォーム』と『リノベーション』って何が違うの?一緒なんじゃないの?と疑問に思っている人も多いと思います。その疑問にお答えします。

リフォームとは

一般的に、『リフォーム』とは老朽化した建物を、新築のような状態に戻す事を言います。もっと言えば、原状回復と言えばもっと分かりやすいかもしれません。
例えば、賃貸のアパートに住んでいたとして、引越しを行う場合、入居前の状態に戻さなければいけませんよね?そう、この入居前に戻す事が『リフォーム』です。
つまりは、住んでしまって、古くなったマイナス部分を、『リフォーム』を行う事でマイナスからゼロへ戻す事を指します。

壁紙の張替えや屋根や外壁の塗装なんかは『リフォーム』と言えます。
リフォーム=元に戻すと考えれば分かりやすいです。

リノベーションとは

一方、『リノベーション』とは、老朽化した建物を新築以上の状態にする事を言います。言い換えると、家自体の価値を新築の時よりも上げる事です。
昔の建物は、現代の建物と比べて段差などが多く、決して住みやすい家とは言えないでしょう。しかし、より現代的な間取りや素材、またデザイン性が高い家へと変身させることを指します。

例えば、サッシ部分い内窓を付ける事によって断熱性能を上げたり、以前の設備から最新の設備に変えるなどは新築以上のプラスアルファーの要因になりますよね?そういった事を『リノベーション』と言います。
リノベーション=手を加えて作り変えると考えれば分かりやすいです。

リノベーションで何が出来る?

暮らしやすさの向上

最近の水廻り設備は何と言っても省エネ商品です。また、使いやすさや掃除のしやすさなど昔と比べると格段に暮らしやすい住まいになっています。
例えば最近のお風呂はユニットバスになっており、また高断熱浴槽にもなっている事から省エネタイプがほとんどです。光熱費の削減も出来ますし、節水タイプのトイレや浴室のシャワーなどで水道代の削減も可能です。

また、動線にそって水廻り設備や収納を配置する事で火事や子育ても楽しくなります。
柱の位置など構造的な部分で出来ない事もあるかもしれませんが、ほとんど、新築の注文住宅と同じように間取りなどが自由です。

耐震性能の向上

昭和56年(1981年)5月以前に着工した住宅は、現在の耐震基準を満たしていない可能性があるため、着工時期によっては耐震診断を受け必要に応じた工事をおススメします。

耐震性能を高めるためには基礎や壁の補強、耐力壁を増やすなどの方法があります。
※耐力壁とは、地震や風などの横方向から受ける力に耐えるための壁の事です。

省エネ性能の向上

壁・床・窓などの断熱性能の向上や、高効率の給湯器(エコキュートなど)の導入によって住宅内の消費エネルギーを削減する事で電気代の削減などを行う事も可能です。快適でありながら健康的な空間になります。

断熱性能については、床下、壁、天井裏に断熱材を施工する事で断熱性能を高める事が出来ます。床下の場合は点検口などから床下へ入り施工する事も可能です。天井裏も同様、点検口から天井裏に入り断熱材を吹き込むなどの処理も可能になります。

また、窓については必ず工事を行わないと、断熱性能は上がりません。室内外の熱の出入りの約6割は窓から出入りすると言われています。つまりは、窓の性能を上げる事で家の断熱性能も上がるといっても過言ではありません。
サッシをカバー工法で交換する・ガラスを断熱性能の高いガラスへ交換する・内窓を設置するなどの方法があります。

バリアフリー構造へ

段差のない室内にする事や、介助スペースのあるスペース(トイレ・風呂など)に変える事も出来ます。親との同居を考えてみたり、自分が高齢になっても安心・安全に暮らせる空間は大事です。
特に、昔の家は多くの段差があります。小さい子供がいれば、その都度心配をしなければいけません。

また、段差解消だけでなく手摺りなどの設置、車椅子の利用を想定するなど自分の置かれている環境によって、様々なリノベーションの種類が変わってきます。

昔の家を長期優良住宅へ

短期間で建て替えるのではなく長く安心して住める住宅の普及を目指して始まった長期優良住宅認定制度。平成28年4月からは既存住宅のリノベーションを対象とした認定も始まりました。

長期優良住宅の認定基準は以下の通りです。

⓵耐震性・・・100年に1度ぐらいに発生する稀な地震の規模でも、比較的容易な補修で利用できる損傷や変形を抑制する措置が取られている。

⓶省エネルギー性・・・壁や窓などの断熱性能の向上やエネルギー消費の抑制が出来ている

⓷劣化対策・・・100年後にも使用できるよう構造躯体を長持ちさせる措置が取られている

⓸可変性・・・居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能な措置が取られている

⓹バリアフリー性・・・将来的にバリアフリーへ対応できるように必要なスペースが確保されている

⓺維持管理・更新の容易性・・・内装や配管など日常の点検や清掃、補修などが容易に行えるような措置が取られている

以上の6点です。長期優良住宅の認定を受けると、減税、補助金、住宅ローンの金利引き下げ(フラット35S)、地震保険料の割引などが受けられます。



マンションの場合は注意が必要

マンションで『リノベーション』可能なエリアは専有部分です。また、専有部分でも管理組合に相談・許可が必要になります。

専有部分と間違えそうな場所

玄関ドア・・・玄関ドアは専有使用していますが、共有部分になります。ちなみに、細かいですが玄関ドアの鍵は専有部分になります。
窓やバルコニー・・・窓やバルコニーも専有使用してますが、共有部分になります。バルコニーにデッキを敷きたい、サッシを変えたいなどは基本的には出来ないです。
しかし、内窓は専有部になりますので工事可能です。

管理組合の規約を守る

当たり前の話ですが、マンションは共用部分も多いですし、何よりリノベーションを行う事で、他の住人へ少なからず迷惑をかける事が多いです。各マンションでは、リノベーションに関する届け出の手続きや施工可能な期間、工事内容など規約に定められています。

あらかじめ施工業者と規約の内容を確認しないとトラブルが発生する可能性がありますので、ご注意願います。

ところで工事はどこに頼んだらいいの?

一番大事な事だと思いますが信頼の出来る業者が一番良いです。知名度のある会社も大事です。それだけ信頼の証でもあります。しかし最終的には人対人。価格面だけでなく、どれだけ施主の事を考えてくれて提案を行ってくれるかが大事だと私は思っています。

まずは、資料請求だけでも行う事で前に進めます。新築を検討しているけど、希望エリアでは見つける事が出来ない、今住んでいる家が老朽化が進んできれいにしたいと思っている方は参考にして下さい。



リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

このリノべる。は物件探しから、銀行への対応、設計提案、工事まで一貫して行ってくれます。希望エリアで土地が見つからないと思っていれば、一度問い合わせしてみると良いかもしれません。

また、住宅ローンも一括が可能です。例えば、古い住宅を購入費用と、リノベーションに掛かる費用と一緒に合わせて住宅ローンを組む事が出来ますので、総額返済も賢く出来ます。

ある程度、全国エリアで対応してますので、その分土地にも強いかもしれません。リノべる。については、分かりやすい動画がありますので、気になる方はチェックして下さい。

あなたの家が雑誌のような空間に。リノベーションならLOHASstudio

東京・埼玉・横浜エリアであれば、LOHASstudioもおススメです。こちちらは年間5000件近くの実績があります。実績は力です。何に対してもそうですが、今まで経験したことを活かす事でより良い事へさらに提案出来ます。実績が多いという事は、今まで行った工事よりももっと良くなるケースがほとんどではないでしょうか?

また、自然素材にこだわって、パッシブデザインにこだわりを持っている会社です。

パッシブデザインとは、簡単に言うと、特別な機械を使わず、建物の構造や材料、仕上材や商品などの工夫によって、熱や空気の流れを調整しながら快適な住空間を作る事です。つまりは、断熱性能が高ければ、エアコンも強い力はいりませんし、自然な太陽光を入れる事で暖かい家を作る事が可能です。

家はずっと住む事になる事が前提です。折角オシャレな家に住んだとしても、光熱費がバカ高くかかる家であれば、意味がありません。その点で考慮すると、検討する余地はあると思います。



ひかリノベ

マンションでの検討をしている方は、ひかりリノベもおススメです。
※マンションだけでなく戸建ても対応しています。

保証内容も充実しています。例えばリノベーションで導入した『給湯器』『キッチン+食洗器』『お風呂』『トイレ』などの設備を10年間保証してくれます。基本的には、メーカー保証を10年間に延長した内容になっており、コールセンターによる24時間365日対応受付してくる保証内容は良いですよね。




不動産購入時の仲介手数料は驚きの完全0円【リノデュース】

東京・神奈川・埼玉・千葉でお探しの方はこちらのリノディース会社も選択肢の一つにしたいところです。

まとめ

『中古マンション購入×リノベーション』『中古戸建購入×リノベーション』は、新築よりもお手頃な価格でありながら理想の住まいを実現できる手段です。中古マンションや中古戸建などの物件探しから、プラン作り、施工、アフターメンテナンスまで行ってくれるリノベーション会社は増えています。

新築では予算が合わない、住むエリアで土地が見つからないといった方は是非リノベーションも検討しては如何でしょうか?

しかし、個人的には必ず複数の業者から見積を取る事をおススメします。本当にその金額が正しいのか判断が付かない事も多いです。また、各社でプランが異なる事もあります。比べるとこっちが良いねと思う事も多いです。

リフォームなんかは、リフォーム詐欺などでニュースになったりしたこともあり、少し怖いと思っている方もいると思います見積金額が本当に妥当なのか、騙されていないかなど悩まれる方も多いと思います。

そんな時は、第三者の目でチェックして貰える公的機関があります。

住まいるダイヤル

見積金額チェックサービスで、根拠が不明な項目や二重計上がないか、一般的な工事金額とかけ離れていないか、見積と図面の工事内容が合っているかなどを調べて貰えます。こういった機関を使う事で安心する事が出来ますよね。

とにかく、思っているだけでは何も進みません。資料請求だけでも行うなどの行動を起こさなければ何も進まないので、是非資料請求だけでも行う事をおススメします。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram

注文住宅を建てたいけど、時間がなくて本当にこの会社で大丈夫なのかな?間取りは本当にこの間取りで大丈夫なの?
気になる工務店やハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。何たって、私がそうでしたから。

そんなお悩み解決出来ます。

タウンライフ家づくりであれば、間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれます。
また、比較って大事ですよね?
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。


あなたオリジナルのZEH住宅プランとお見積りが無料

スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です