消費税10%!いつ住宅を購入するのがお得?経過措置を含む時期を解説!

リンク広告

消費税が8%⇒10%になる事が決まりましたね。
住宅購入はほとんどの人が人生の中で一番金額が高い買い物になります。
そんな高い買い物だからこそ、消費税が2%上がるだけで大きく金額が異なります。

確かに、良い家を安く購入したいとは誰もが思う事だと思います。しかし、消費税が低い8%のうちに購入する事が本当に良い事なのか?10%になって購入する事は本当に損するのか。
また、人生の中で一番高い買い物を、簡単に決めていいのか。

消費税が10%になる事で、住宅購入を悩んでいる人も多いと思いますので、この記事を読めばどのタイミングで購入するべきなのかを解説していきます。

消費税が10%になるのはいつから?

消費税が10%になるのは、2019年10月1日からの『予定』です。
ですが、住宅購入については、微妙に日にちが異なるケースもあります。出来る事なら8%の内に建てたい、購入したいと思っている人は多いと思います。そのため、いつまで?と言った事は重要ですよね?

住宅における消費税10%になるのはいつから?

通常であれば先ほどの2019年10月1日から消費税が上がります。ですから、住宅の引き渡しが2019年9月30日までに完了すれば消費税が8%で大丈夫です。

消費税には経過措置というものがあります。簡単に説明すると、消費税10%になった後でも、8%のままが適用される事が経過措置です。
実は住宅購入では、この経過措置がかなり重要だと思いませんか?期限が過ぎても8%で購入出来るのであれば、そうしたいと誰もが思う事ですよね?

しかし、この経過措置にも決まりがあります。

住宅購入の請負契約を2019年3月31を行えば問題ありません。契約後、引き渡しが10月になった場合でも8%の価格でOKと言う事です。

家を建てていく上で、施主側だけでなく、また施工会社だけでなく工事が遅れる場合があります。予定では9月末には引渡しのはずが、工事がズレた事で間に合わない事も充分に可能性としては高いです。

こうなった場合、誰が2%分の価格を支払を行うのか問題になりますよね?
こういったケースを避けるためにも経過措置が適用されます。

しかし、注意が必要です。契約はあくまでも最終的な契約です。家を建てていくうちに、最初の契約内容が異なる事は当たり前にあります。最終的な契約(これ以上間取りも変わらない、設備内容も変わらない等)が2019年3月31日以降の場合は、その差額勿論10%が適用されます。

ですから、注文住宅の場合は、余裕を持った日にちでないと、厳しいかもしれません。

補足:勿論、契約したのは2019年4月であっても、5月であっても6月であっても、引き渡しが9月30日以前であれば消費税は8%になります。
但し、消費増税の駆け込み需要なども予測されます。おそらく、職人不足などで施工が上手くいかないなどの問題が発生する恐れがありますので、早いに越したことはないです。

建売住宅やマンションの場合はどうなるのか?

勿論マンションや建売住宅の場合は、すでに完成されている状態を確認してからの購入になる場合や、完成されていなくてもマンションにお場合はモデルルームでの確認して契約になるなどのケースがほとんどのため、基本的には2019年9月30日までに引き渡される契約を行う事が前提です。

つまりは、最初からあらかじめ決まっている物を購入と言う事なので、家電なんかのように既に商品としてあるものを買うというのと同じであるという事です。

但し、最近のマンションは壁紙や場合によっては多少の間取りなどを自由に決める事が可能なマンションもあります。建っている時期や状況によっては自分でフローリングの色などを決める事も可能です。

そういった場合は、注文住宅と同様に経過措置の対象になる場合もあります。ならないケースもあるようですので、しっかりと確認を取ってから購入する・契約する事をおススメします。



中古物件については?

中古物件についても、同様です。2019年9月30日までの引き渡しの契約でなければ消費税は10%となります。
しかし、この中古物件をリノベーションするのであれば話は別になります。最近リノベーションが流行りになっていますが、リノベーションについて知りたい人は、別記事にもしていますので、是非こちらの記事も参考にして下さい。

リノベーションを行う場合は、注文住宅と一緒で、経過措置の対象となります。

2019年3月31日までに請負契約を行っていれば、9月30日以降でも8%が適用されます。

消費税が8%の時と、10%の時ではどの程度かかる費用が変わるのか

消費税が、8%から10%へ引き上げられることによって金額負担はどの程度変わるのかは、家を購入する状況によって大きく変わります。
例えば、土地から購入するケースと土地は親などから譲渡されるなどした場合は建物だけであるなど、人によって状況は様々です。

しかし知っていますか?実は消費税は全てのものに掛かるわけではありません。消費税が掛からないものもあるんです!

住宅購入における消費税が掛からないもの

ずばり、消費税がかからないものを上げていきます。

●土地
●契約書などの印紙代
●火災保険料や団体信用生命保険
●登録免許税や不動産取得税

意外と知られていないのが、土地です。土地を購入する際には消費税が掛かりません。土地は住宅購入の中で比較的大きな金です。そのため、消費税が掛からない事は買う側としては安心できる事ですよね?

逆に消費税が上がるもの

●土地購入の不動産会社への仲介手数料
●建物本体
●外構費用やカーテン・照明費用・新居で使う新しい家具や家電
●引越し費用

消費税が8%の時と消費税が10%の時はどれくらい差額が出るのか?

土地に消費税が掛からなくても仲介手数料には消費税が掛かります。

仲介手数料は売買価格×3%+6万円ですから、「売買価格×3%+6万円」×消費税率となります。

例えば1,500万の土地を購入した場合
消費税8%の場合は、(1500万×3%+6万)×1.08=550,800-
消費税10%の場合は、(1500万×3%+6万)×1.10=561,000-
となります。意外にも差額が¥10,200-しかないと思えるのは私だけでしょうか。

建物本体を2,000万としたばあい
消費税8%の場合は、2,000万×1.08=2,160万-
消費税10%の場合は、2,000万×1.10=2,200万-
差額¥40万は確かに大きいですよね

外構費用を300万とした場合
消費税8%の場合は、300万×1.08=324万-
消費税10%の場合は、300万×1.10=330万-
差額¥6万となります。

カーテン・照明費用・新居で使う新しい家具や家電を200万とした場合
消費税8%の場合は、200万×1.08=216万-
消費税10%の場合は、200万×1.10=220万-
差額¥4万となります。

引越し費用を20万とした場合
消費税8%の場合は、20万×1.08=21.6万-
消費税10%の場合は、200万×1.10=22万-
差額¥4千円となります。

全ての合計が¥4,020万で計算した場合の
差額合計¥514,200-(税別)

この全ての合計が多ければ多いほど差額の費用は大きくなりますし、少なければ差額も少なくなります。

消費税が増税すると約50万ぐらいの差額が出るという感覚でいればいいかもしれません。
その50万がもったいないと考えて早く買わなきゃと思うと失敗する可能性が充分にあります。

そういった失敗をする事は少しでも回避するために、国が「すまい給付金」や「住宅ローン控除」などの制度を導入してくれています。

住宅ローン減税については別記事にもしてますので、参考にして下さい。

すまい給付金とは

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。
出典 国土交通省 すまい給付金ホームページより引用

つまり、消費税引き上げになるから、その引き上げ分補助金を上げますといった制度の事です。
では消費税8%の時と10%の時はどの程度補助金に差額があるのか。

まずは収入が510万以下⇒775万以下に変わります。今まで貰えない人でも貰える人が増えるという事は喜ばしい事ですよね。
また最大貰える金額が30万円から⇒50万へ変わります。

色々貰える金額については諸条件がありますので一概には言えませんが、はっきり言える事は、消費税が増税した方が貰える額が多くなる確率は間違いなく高いと言う事です。

まとめ

消費税が8%から10%に上がると、増税分損する事は間違いではありません。

しかし、補助金等で恩恵を受ける事で、損する金額を減らす事は可能です。

そのため、これから消費増税の駆け込み需要は充分に考えられます。おそらくハウスメーカーの営業マンは、『消費税が上がる前に契約しないと損しますよ』という人がほとんどだと思います。
そんな時は、どの程度損するのか、それに代わる補助金は?と聞きなおして欲しいです。

本当に顧客のためを思って、損しますよと話をしてくれているのか、会社や自分のために営業トークとして話をしているのかで、営業マンを見極める手段としては丁度良いかもしれません。

2019年3月31日までは残されている時間はあまりありません。これから土地から購入をと考えているからは、時間が少し足りないような気がします。

家づくりは、勉強する事が非常に大事です。情報収集する事が大事ですが、そのためには時間も必要です。おそらくですが、家をもう一度買うと言った事は出来ない人の方が多いです。

差額の金額も確かに安い金額ではありませんが、その金額で後悔する家になる可能性も高いと言えます。
駆け込み需要のために、良い職人さんが集まらず、仕上がキレイな家ではない家も全ての家に起きるわけではありませんが、可能性は高くなります。

勿論、タイミングが合えば、消費増税前に購入する事が良いです。しかし、無理に購入する事はないと思います。

これから新築を検討している方は、まずはカタログ請求が簡単で効率的です。

カタログ一括請求サイトはこちら☟



ハウスメーカー・工務店を比較・カタログ一括請求

その理由などを書いている記事になりますので、こちらも参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram

注文住宅を建てたいけど、時間がなくて本当にこの会社で大丈夫なのかな?間取りは本当にこの間取りで大丈夫なの?
気になる工務店やハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。何たって、私がそうでしたから。

そんなお悩み解決出来ます。

タウンライフ家づくりであれば、間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれます。
また、比較って大事ですよね?
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。


あなたオリジナルのZEH住宅プランとお見積りが無料

スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です