【失敗回避】ウッドデッキとタイルデッキどちらがいいの?徹底比較でお答えします!

あゆのアイコン画像あゆ
ウッドデッキは絶対欲しいと思っていたけど…タイルデッキも気になる…

ウッドデッキとタイルデッキってどっちがいいんだろう…??

ゆたのアイコン画像ゆた
ウッドデッキには最近は人工木のデッキがメンテナンスが要らなくて人気だね!でもデメリットもあるよ!!自分の家に合うのはどっちがいいのか、それぞれのメリット・デメリットを確認しようね!

外構工事をこれから検討する方・デッキを現在検討中の方・ウッドデッキとタイルデッキに悩んでいる方向けへの解説となります。

本記事では実際にウッドデッキにするか、タイルデッキにするか悩んだ私が疑問に思ったことや悩んだ事・最終的に選んだ理由などを説明していきます。

この記事を読む事で
●ウッドデッキやタイルデッキの魅力が分かる

●ウッドデッキとタイルデッキのどちらを選択した方がいいのか分かる

●ウッドデッキとタイルデッキのメリットデメリットが分かる

デッキ工事を依頼したい人は!

\ 無料で複数社から見積・プランが貰える /

\外構のプロだから安心/

目次

あると便利!ウッドデッキやタイルデッキの最大のメリットとは??

ゆたのアイコン画像ゆた
ウッドデッキがあると便利な事が多いよ!ウッドデッキやタイルデッキで何が出来るか考えてみよう!!
ウッドデッキやタイルデッキがあると便利なメリットとは?

洗濯物を干せるスペースになる!

洗濯物を干すスペースって意外と2Fのバルコニーに干すケースが多くなります。

ただ、洗濯機は1Fに設置してあるケースが多く洗濯物を2Fまで運ぶというのは面倒ですよね…。

しかし、洗濯物をウッドデッキで干せば、洗濯物を持って移動する距離や階段を上り下りする面倒な事もありません。

ゆたのアイコン画像ゆた
つまり動線がめちゃめちゃ良くなるんだよねで!!

家にいながらバーベキューなどのアウトドア気分が味わえる

あゆのアイコン画像あゆ
デッキと言えばバーベキューでしょ?デッキの上でバーベキューをしたい!!

バーベキューは家族だけでなく、友人や親族を招いてみんなで日常を忘れて楽しむ事が出来ます。

また、バーベキューだけでなく、デッキの上にテントを張ればキャンプ気分を味わえますし

外でランチを食べる事でいつもと違ったランチににもなります。

ゆたのアイコン画像ゆた
デッキの上でハンモックに揺られて寝る…といった楽しみも出来る点は最高だよね!!

リビングを視覚的に広く見せる事が出来る

リビングを延長させるように見せる事で視覚的に広く見せる事が出来ます。

しかし、闇雲に設置をしても広く見えない可能性がありますので注意が必要です。

リビングを広く見せるポイント
●デッキ材とリビングのフローリングの貼り方向を合わせる

●リビングのフローリングの色とデッキ材の色を合わせる

●リビングのフローリングの高さと、デッキ材の高さを合わせる

子供の遊び場になる

基本的にはデッキはリビングからの掃き出し窓への設置が多いです。

そのため、掃き出し窓からフラットの状態(リビングとデッキが同じ高さ)での設置がほとんど。

リビングにいてウッドデッキが見えないという事がないため、

安心して子供を遊ばせる事が出来るスペースとなります。

ゆたのアイコン画像ゆた
夏場は毎年デッキの上にプールを置いて遊ばせてるよ!!子供たちは大喜びで遊んでるよ!!

庭の地面にプールを置くのと、デッキの上にプールを置くのでは、準備や後片付けの手間が全然違います。

何よりリビングにいながら見守る事が出来る事は、親にとって非常にありがたいです。

ウッドデッキってどんな種類があるの??人工木?天然木?

あゆのアイコン画像あゆ
さっき言ってたウッドデッキの人工木って何?っていうか、ウッドデッキに種類ってあるの??
ゆたのアイコン画像ゆた
人工木材っていうのはね、樹脂と木の粉を混ぜ合わせて作ったものなんだよ!

ウッドデッキっていうと木で作るイメージがあると思うんだけど、木にも種類が沢山あるからね…分かりやすく解説するよ!

大きく分けるとウッドデッキには天然木と人工木材と2つに分けることが出来ます。

ウッドデッキの種類とメリット・デメリットを紹介

ウッドデッキ(天然木)のメリット

あゆのアイコン画像あゆ
天然木のデッキって何がいいの??
ゆたのアイコン画像ゆた
やっぱり日本人は木が大好きだと思わない?温泉によくヒノキがあると良い匂いがして落ち着くよね?

木の特有の素材を楽しむ事が出来る事が最大のメリットです。

木って温かみがあって、やはり落ち着くんですよね。

木は、和風の家から最近の洋風の家までどんな家でも合います。

デッキの材質がイペ材やジャラ材であれば、高級感が増します。

ウッドデッキ(天然木)のデメリット

人工木材やタイルデッキのデッキと比べて天然木で出来たデッキは水に弱い・腐れやすいです。

しかし、天然木でもデッキに適した木を使うことで長持ちします。

ウッドデッキに最適な木材

●レッドシダー

●セランガンバツ

●イペ

●ウリン

●ジャラ

ゆたのアイコン画像ゆた
デッキ材に適した木材ではなくて、例えば杉材やヒノキ材でデッキを作る!ってしている場合は…やめた方がいいよ!
あゆのアイコン画像あゆ
ヒノキはお風呂とかにも使われているし水に強いんじゃないの??

杉材やヒノキ材はデッキ材に適している木材に比べて費用は安いです。

しかし、その分腐れやすく紫外線による劣化が激しいので

場合によっては3年ももたない可能性があります・・・

ゆたのアイコン画像ゆた
あと、天然木の素材を使用するなら、必ず塗装というメンテナンスが必要だよ!!

塗料を1年に1回ないし2回塗って行かないと早く腐れてしまうという欠点が天然木にはあります。

最悪なケース、シロアリにやられるといったケースもあり得ます。

あゆのアイコン画像あゆ
万が一デッキにシロアリが発生して…家の中までシロアリが侵入してきたら…最悪だね…

そういう可能性もゼロではありませんのでメンテナンスは必須です!

ゆたのアイコン画像ゆた
木材は割れやとげ・ササクレが発生するから…余計にメンテナンスをして場合によってはやすりをかけて…と面倒なことが必要だよ…

小さいお子様がいれば、トゲやササクレで怪我をする心配があります。

ウッドデッキ(人工木)のメリット

そもそも人工木材とは、プラスチック(樹脂)と木の粉(廃材など)を混ぜて作った物です。

樹脂製なので、ほとんど水を吸う事がなく、腐れる事がない事が一番のメリットです。

ゆたのアイコン画像ゆた
人工木材は長期間使える商品だけど、色が少しずつあせていくよ!使う分には問題なし!!

また、天然木のように棘やササクレも発生する事もないですし

メンテナンスをする必要はありません。

天然木のデメリットが全て解消されているのがメリットです。

※あくまでもメンテナンスというのは、塗装の事です。

日々の汚れによる掃除などを放置していると、カビの発生などが起こりえます。

ウッドデッキ(人工木)のデメリット

人工木のデメリットは、デッキの表面が熱くなる事です。

勿論、天然木も熱くなるのですが、

人工木は裸足では歩けないくらい熱くなります。

ゆたのアイコン画像ゆた
夏場はとにかくスリッパは必須だよ!!

では、天然木のデッキの場合は裸足で歩けるのか…??

答えはNOです!!

天然木の場合はトゲやささくれが発生しやすいため裸足で歩くと危険です!

あゆのアイコン画像あゆ
なるほど…天然木も裸足で歩くのは危ないって事だね!
ゆたのアイコン画像ゆた
何故か天然木のデッキは裸足で歩く!!ってイメージが強いけど…デッキは雨風にさらされているから…裸足で歩くと汚いよ…家の中が汚くなるよ!!

天然木であれ、人工木であれ、裸足で歩くことは基本的にはできないので

デメリットとは言えないと個人的には思っています。

※まだ歩けない子供が勝手にデッキの上に行くことがないようには厳重に注意する必要があります。

その場合、ハイハイなどでも火傷の危険があります。

ゆたのアイコン画像ゆた
あとは、バーベキューをウッドデッキの上で!って考えている人は少し覚悟が必要かな!!
あゆのアイコン画像あゆ
えっ!?ウッドデッキの上でバーベキューってみんなやっているんじゃないの?!

実は、人工木材のデッキの上でバーベキューは不向きなんです・・・。

理由は、
●タレや食べ物を落としてしますと、汚れによるシミが発生するかもしれない

●炭火が仮にデッキに落ちた場合、焦げる可能性が高い

バーベキューを夢見ている人は、人工木材をおススメしません!

ゆたのアイコン画像ゆた
バーベキュー後に掃除をしっかりやらないとシミが残ったりするから…掃除をする覚悟が必要だね!!

タイルデッキのメリット

タイルデッキのメリットといえば、掃除が楽だという事です。

ゆたのアイコン画像ゆた
デッキブラシでゴシゴシすれば汚れが簡単に取れるよ!もしくは高圧洗浄機が有れば本当に簡単だよ!

人工木材のデッキはメンテナンスは必要ありませんが、日々の掃除は必要です。

例えば、人工木のデッキの上で、ジュースをこぼしたときや、

雨が降って雨シミが出来た、泥やほこりがデッキの上にある場合は、

掃除をこまめに行わないと、それらがカビ菌とくっついてカビが発生する事もあるんです。

あゆのアイコン画像あゆ
カビは…いやだね…
ゆたのアイコン画像ゆた
カビが発生するとカビキラーを使用して掃除をするって意外に大変だよ!

そう考えると、いくら塗装などのメンテナンスは必要ないとはいえ、日々の掃除は大変ですよね?

しかし、タイルデッキの場合であれば、雨シミや汚れシミが簡単に取れます。

バーベキューなどして炭火であってもタレでも落とした場合でも掃除さえすれば大丈夫です。

タイルデッキのデメリット

これは人工木のデッキと一緒ですが、デッキ表面が熱くなるという事です。

ゆたのアイコン画像ゆた
人工木のデッキよりも表面が熱くなるからね!可能ならオーニングのような日陰に出来るように工夫すると良いよ!!

オーニングについても色々種類がありますが、部屋外に付けるロールスクリーンもありますので、参考にして下さい。

あわせて読みたい
夏の日差し対策!外付けロールスクリーン特集!
夏の日差し対策!外付けロールスクリーン特集!夏が近づくにつれ、家の中でも暑くてエアコンをつける事も多くなってくると思います。ここ数年は、地球温暖化の事もあり100年前と比べると、平均温度が1~2℃程度上昇し...

後は、小さい子供が遊んでいる時に転ぶなどすると表面が固いですので、怪我をする可能性があります。

しかし表面が固いのは、天然木のデッキであっても、

人工木材のデッキであっても表面は硬いので、ケガをするのは変わりません。

ただ、注意が必要なのは、雨や雪が降った場合です。

通常では滑らないタイルでも、

雨や雪で滑る可能性が高くなりますので、充分に注意が必要です。

雪が降るエリアであれば、滑り止め仕様のタイルだけではなく

テラス屋根などを検討する事で解決出来ます。

ウッドデッキ(天然木+人工木)とタイルデッキの分かりやすい比較表

分かりやすくまとめていますので、参考にして下さい。

項目 ウッドデッキ(天然木) ウッドデッキ(人工木) タイルデッキ
メリット ●木特有の良さを感じる事が出来る

●一番デッキ材の温度上昇が小さい

●メンテナンス(塗装)が必要なく腐れる事はない

●とげやささくれが発生しない

●掃除がしやすいため汚れの心配はない

●耐久性に優れている

デメリット ●定期的なメンテナンス(塗装)が必要

●とげ・ささくれが発生する

●デッキ材が高温になるため裸足で歩くことが出来ない

●デッキ材の上でバーベキューコンロはリスクがある

●デッキ材の温度上昇が一番高い

●デッキ表面が固いため転ぶとケガの可能性が高い

安全性 ★★★ ★★
耐久性 ★★ ★★★
ランニングコスト ★★★ ★★★
掃除のしやすさ ★★ ★★★
温かみ ★★★ ★★
設置費用 ★★★ ★★ ★★
あゆのアイコン画像あゆ
設置費用って人工木材のデッキとタイルデッキって同じなの??
ゆたのアイコン画像ゆた
工事を行う業者によって価格が違うよ!タイルデッキが安い業者があれば、ウッドデッキが安い業者もある!これは比較しないと何とも言えないね…

洋風の家が得意・和風の家が得意という工務店の違いがあるように

外構にも得意不得意があります。

こっちの外構屋ではタイルデッキは高いけど、あっちの外構屋では安いなんてことは多いです。

是非、比較して安くデッキ工事を行いましょう。

デッキ工事の価格を比較!

\ 無料で見積・プランが貰える /

\外構のプロだから安心/

我が家の選択

ゆたのアイコン画像ゆた
僕は掃除のしやすさを取ってタイルデッキを採用したよ!バーベキュー後の掃除のことを考えてタイルデッキにしたよ!!

ちなみに天然木は選択肢に入りませんでした。

メンテナンス(塗装)って絶対しないと思ったからです。

1年後、2年後はするかもしれません。

しかし、5年後10年後を考えた時に家も多少古くなってきてあまり気にしなくなってきた時にメンテナンスをするかと考えた時

我が家はしないと思いました(笑)

天然木が一番金額も安価なんですけど、

よく言うイニシャルコストは安いけどランニングコストが高くつくと思います。

あとは、人工木とタイルデッキを比べた時に、デメリットに関しては同じという事で

メリットを考えた時にタイルデッキのメリットの方が大きいと個人的に思ったからです。

人工木材
  • 腐れない
  • 割れ・とげ・ササクレが発生しない
タイルデッキ
  • 掃除がしやすい(高圧洗浄機で簡単)
  • バーベキューの時の炭・タレを気にしなくていい

ちなみに、我が家は人工木のデッキも2Fベランダに採用しています。

あわせて読みたい
【便利】ベランダ・バルコニーにデッキをDIY!作り方・掛かった時間や費用を画像付きで解説!
【便利】ベランダ・バルコニーにデッキをDIY!作り方・掛かった時間や費用を画像付きで解説!そういった人向けへの記事になります。今回、バルコニーへウッドデッキをDIYしてみましたので是非皆さんもDIYにチャレンジしてみてください。気になるところへタップし...

どのデッキが良いのかは

どのエリアに住んでいるのか、どういった家の外観なのかなどで
人工木材が良いのか、タイルデッキが良いのか、本物の木が良いのかが決まってきます。

例えば、海の近い場所であれば

天然木や人工木は潮風によってアルミ部分もサビが発生するので、劣化が激しいです。

タイルデッキの方が長持ちすると言えます。

しかし、家の外観が純和風の家には、タイルデッキが家の外観とマッチしないです。

メリットとデメリットだけでなく家のタイプ(テイスト)・住む場所の環境などを考慮して

どのデッキを選択するのが一番いいのかを決めると後悔のない家づくりが出来ます。

最終的には、プロの目からのアドバイスを行って貰う事で、オシャレな家に近づける事が出来ます。

デッキ工事の価格を比較!

\ 無料で外構プランが貰える /

/エクステリアのプロだから安心\

タイルデッキやウッドデッキの費用を安くしたいのであれば…

通常、ウッドデッキなどの外構工事を依頼する場合は

⓵ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ依頼を行う
⓶ハウスメーカー・ビルダー・工務店から外構業者を紹介してもらう
⓷外構業者を自分で調べて、自分で連絡を行う

の3点だと思います。

ゆたのアイコン画像ゆた
費用を少しでも安くしたい場合は③番が一番安くなるよ!!

費用を抑えたいと思っている方は直接外構業者へ依頼する事が一番です。

あゆのアイコン画像あゆ
でも…どうやって探したらいいのか分からないし…日々に追われて探す時間もないし…聞いた方が早いかなぁって感じ…
ゆたのアイコン画像ゆた
うん!僕もそうだったからね!中々外構業者選びが進まなくて…何より予算がなくて…自分で探さなきゃいけなかったな…

そこで利用したのが、複数の業者へ見積依頼を行えるサイトを利用しました。

一括見積依頼を行うメリット
⓵利用料金が0円でお金が掛かる事がない

⓶外構工事の費用と、自分の家の外構プラン(イメージ)を受け取れる。

⓷自分の中ではこんな風にしたいなというイメージがあっても、プロからのアドバイスを貰える

⓸価格を比較できる事で、本当に自分の土地でこんな工事をやるとこのくらいの費用が掛かるといった目安が分かる

⓹複数の業者からの相見積もりとなるので、外構業者の間でも価格競争を行ってくれる。

今や、複数の業者で比較する事は当たり前の時代となっています。

ちなみに、我が家も使って、3社から見積とプランを貰いました。

ゆたのアイコン画像ゆた
僕は駐車方法についてアドバイスを貰って駐車方法を変えたよ!プロの意見はやっぱり参考になるね!自分では気づけない提案をしてくれるよ!

何より、業者によって得意・不得意があります!

多くの業者へ見積りを貰うことで結果的に費用を抑えることが出来ます。

登録に時間や手間が掛かるんじゃないの?

相手に与える情報が多ければ多いほど、より正確な回答が返ってきます。

土地と家の配置図の添付を行う事が多少面倒ですが、それ以外については簡単にチェックをつけるだけです。

図面のデータであるのであれば10分で登録は終わります。

お金は本当に掛からないの?

登録する事やプランや見積を貰うだけではお金は掛かりません。

実際にプランが気に入って、工事を依頼した時に工事費用として費用が発生するだけです。

強引な営業されるのが嫌で、電話が掛かってくる事が嫌なんだけど、電話はあるの??

見積やプランを提出する上では、正確な情報が必要です。勿論、電話やメールの問い合わせはあります。

聞かなければ分からない事が多くあるためです。でも、本当に電話が嫌な場合は、問い合わせ部分に電話ではなくメールでの問い合わせでお願いしますと記入するればOKです。

ただ、外構費用を少しでも安くしたいのであれば、多少の電話でのヒアリングは仕方がないことかと…強引な勧誘や営業電話であれば着信拒否すればOKです。

デッキ工事の価格を比較!

無料で見積・プランが貰える/

\エクステリアのプロだから安心/

外構工事の費用を安くしたい向けの記事を書いてますので参考にして下さい。

あわせて読みたい
【少しでも安く】外構工事の費用を安くしたい人必見!外構工事の予算が合わなければ3つ方法を試すべし!
【少しでも安く】外構工事の費用を安くしたい人必見!外構工事の予算が合わなければ3つ方法を試すべし!●新築の住宅が終盤に入り外構工事を検討している人●少しでも安く外構工事を済ませたい人●外構工事の値引き交渉の方法を知りたい人こういった人向けへの記事となります。...

【少しでも安く】外構工事の費用を安くしたい人必見!外構工事の予算が合わなければ3つ方法を試すべし!

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram


スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる