キッチンの上手な選び方

リンク広告

料理をする人にとってキッチンは意外に時間を過ごす時間が長いです。料理はもちろんの事、後片付けなどもあります。リビングで過ごす時間の次に長い時間を過ごすのがキッチンだと言っても過言ではないかもしれません。やはり長時間使用するキッチンも後悔のないようしっかりと考えて選ぶ必要があるでしょう。しかし、何をどう考えていいか分からない事も多いと思います。まずは、キッチンの事を知って、それから考え方を見て行きましょう。

キッチンの計画

キッチンには、様々な種類あります。スペースや使い勝手、間取りとの相性など特徴がありますので、ライフスタイルを考えて選ぶことが大事です。

システムキッチンの種類

システムキッチンの種類は大きく分けて、対面キッチンとクローズキッチンと2種類に分けられます。対面キッチンとは名の通り、キッチンに立っている時に、リビングやダイニングが対面しており、見渡せるようになっているキッチンの事です。キッチンで料理をしている時に、小さい子供の様子を見ながら調理できる点などメリットがあります。また、見渡せる事で、一人でキッチンに籠ってるという感覚がなく、小さい子供が危険な事をしているのでは?という心配もする必要がないため、ほとんどの家庭が選ばれているのではないでしょうか?

クローズキッチンについては、以前はクローズキッチンの家が多かったです。実際、家を建てる人が子供の時は、クローズキッチンが多かったのではないでしょうか?クローズキッチンは、壁面にキッチンがあるため、部屋を大きくとる事が出来る事が最大のメリットになります。また、料理に集中できる点で考えれば、料理好きの人にはクローズキッチンがいいかもしれません。

対面キッチンの種類

対面キッチンには、大きく分けて5つの種類に分けられます。

・アイランドキッチン

・ペニンシュラキッチン

・I型キッチン

・L型キッチン

・セパレートキッチン

それぞれの特徴を見て行きましょう。

アイランド型キッチン

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/

アイランドキッチンとは、アイランドつまり島のようにあるキッチンの事です。接する面に壁がなく、キッチンが独立してある事を言います。まさに対面キッチンの代名詞と言っても過言ではありません。

アイランドキッチンのメリット

特徴としては、やはり開放感だと思います。視線を遮るものがないため、開放感が大きいです。また、キッチンの回りを移動しやすくダイニングテーブルへ料理を運ぶ時も、最短距離で移動する事が出来ます。他にも、数人での調理も可能ですので、家族で料理を楽しむ事も可能です。アイランドキッチンは、どのキッチンメーカーも最高級の製品と定めていますので、高級感のあるオシャレなキッチンが多いです。

アイランドキッチンのデメリット

何と言っても存在感のあるキッチンのため、広いスペースが必要になります。大きいLDKにアイランドキッチンがある事は、本当にオシャレになりますが、狭い空間にアイランドキッチンがあると、圧迫感しかありません。ある程度の広さがないと、アンバランスなLDKになります。しかも開放感の裏返しとして、においの問題があります。換気扇も強力なものを設置しないと、においが部屋中に広がる可能性があります。もう一つは、油などの跳ねです。油跳ね防止のために、見栄えがかっこ悪い事になると本末転倒になります。そして最大のデメリットは、手元が丸見えだという事です。見た目は本当にオシャレですが、キッチンの上を常に綺麗にしておかないと、生活感が丸見えになってしまい台無しになってしまいます。その辺りをしっかり考えて選択しないと、オシャレだけで選んでしますと後悔するかもしれません。

ペニンシュラキッチン

出典:https://sumai.panasonic.jp/search/kitchen/?m_t=on&s_series3=on

ペニンシュラキッチンとは、ペニンシュラつまり半島という意味でアイランド(島)に片壁がついて半島 ペニンシュラと呼ばれています。

ペニンシュラキッチンのメリット

アイランドキッチンの悪い部分をペニンシュラキッチンは大分まかなえています。まずは、片側が壁になっているため広いスペースではなくても、設置しても違和感がありません。広さの制約を受ける事がなく設置が出来ます。また、片側壁のおかげで、換気扇もアイランドキッチンに比べると選べる種類が多いため、においも比べるとマシになります。また、油跳ねい関しても、片面が壁であるためアイランドキッチンに比べると油跳ねに強いです。アイランドキッチンが持つ開放感もありつつ、作業スペースもありバランスの良いキッチンと言えます。

ペニンシュラキッチンのデメリット

アイランドキッチンと比べると、一般的なキッチンの配置になってしまうので、キッチンを目立たせるという点で言えばアイランドキッチンには負けてします。他にもくるくる回る事が出来なくなりますので、機動性には欠けます。他にもアイランドキッチンと同じく手元が丸見えですので、どれだけキッチンをきれいに出来るのか、生活感が丸見えになってしまいます。

I型キッチン

出典:https://sumai.panasonic.jp/search/kitchen/?m_t=on&s_series3=on

調理の動線が直線で無駄がありません。省スペースで設置が可能ですので、あまり大きな家ではない場合、一番選ばれている形ではないでしょうか?

I型キッチンのメリット

Ⅰ型キッチンの一番のメリットは、なんといってもキッチンの手元を隠すことができることです。キッチンって結構沢山の物を置きますよね?洗剤を始めとして、まな板やスポンジなどもありますし、洗ってない食器などもあります。アイランドキッチンやペニンシュラキッチンは上に置いた物全て見えてしまいますが、I型キッチンの場合は手元のカウンターの高さを高めに設定する事で、キッチンの上に置いてある生活感が出ているものを隠す事が出来ます。また、コンセントも設置する事も出来ます。また一番よく売れているキッチンのため、お手頃価格で設置できることもメリットでしょう。

I型キッチンのデメリット

アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンと比べると圧倒的な開放感は無くなります。見た目も、アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンと比べると普通のキッチンになってしまいます。オシャレなキッチンを希望されている方、見た目重視な方には物足りないかもしれません。しかし、逆に言えば、見た目しかデメリットはないという事です。何もキッチンに求めているかがカギとなります。

L型キッチン

出典:https://sumai.panasonic.jp/search/kitchen/?m_l=on&s_series1=on&s_series2=on&s_series3=on&s_series4=on

その名の通り、L型に配置してあるキッチンの事です。I型キッチンよりも大きいですので存在感のあるキッチンです。

L型キッチンのメリット

動線が短く作業がしやすいキッチンです。また、作業スペースが取れやすいキッチンとなります。広いスペースで調理が出来るため、夫婦や家族と一緒に料理を楽しみたい事が可能なキッチンになります。料理が大好きな人には最適なキッチンです。

L型キッチンのデメリット

最大のデメリットは、調理スペースが広くなる分、他のスペースを小さくしないといけないという事もあります。また、コーナー部分がデッドスペースとなりやすいので注意が必要です。収納スペースが取りづらい事などが上げられます。

セパレート型キッチン

出典:https://www.toto.co.jp/products/kitchen/crasso/color/plan09.htm

セパレート型キッチンというのは、シンクとコンロを別々に分けたキッチンのことをいいます。

セパレート型キッチンのメリット

最大のメリットは、作業スペースが別々に設けることで、一人ではく、家族で料理しやすいことも特徴です。また、壁付キッチンのメリットである料理に集中しやすいこともメリットの一つです。

セパレート型キッチンのデメリット

セパレート型キッチンは、シンクとコンロが分かれている事が良くも悪くもデメリットになります。食材や鍋の移動中に水滴がポタポタとこぼすという事も考えられます。シンクとコンロの距離を考えて設計する事が大事です。

我が家のキッチン

我が家のキッチンは、I型キッチンを選択しました。LDKが狭い事もあり、アイランドキッチンは選択する事が出来ませんでした。ペニンシュラキッチンも考えましたが、どうしてもデメリット部分を考えると、手元は隠れた方がいいとの判断をしました。反対側に収納が付いているタイプであれば、大いにありだと思います。あまり使わない物をキッチンとは反対の方へ収納して、主に使用するものをキッチン側へ収納する事が可能だからです。

勿論、各家庭色々な都合がありますので、これが一番良いということはありません。しかし、どのタイプのキッチンを選択する場合、知っている事、知らなければいけない事を分かった上で、このタイプのキッチンにしようと選択する事で後悔が少ない家になると思います。

皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です