テレビボードの上手な選び方

今や、テレビもインテリアの一つになっています。テレビもオシャレに見せる事も可能です。しかもテレビは必需品。現代ではないと困る・生活出来ないと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、テレビ回りは、配線がゴチャゴチャしているし、テレビ回りには、DVDプレーヤーなどプラスアルファー必要な機器があったりと、生活感が出やすいです。やはり、テレビ周りも収納が必要になります。そのためのテレビボードです。テレビボードを置くことで、オシャレに見せる事が出来ますので、テレビボードを選び方も考えなければなりません。

目次

テレビボードを選ぶコツ

まずはバランスです。テレビの大きさや、置く場所などのバランスを考えるとスッキリします。バランスですが、基本的にはテレビを置いた時に、三角形に見えるときれいです。もしテレビボードよりテレビの方が大きかったら、テレビにぶつかる可能性があります。そうなると、テレビがテレビボードより落ちる可能性もあり、危険です。特に小さいお子さんがいる家庭については、テレビにあたってテレビが落ちると危険ですので、必ずテレビより少しでもいいので大きいテレビボードを選んでほしいです。
また、テレビボードの方が大きいと安定もしますし、テレビ周りに少しオシャレな物を置く事も出来ます。あとは、年々テレビって大きくなっていると思いませんか?もしかしたら、次テレビを買うときは今よりも大きいサイズを買う可能性が大きいですよね?その時も同じテレビボードを使用するかは分かりませんが、可能性としては少し先の未来の事も考えて購入した方がいいと思います

テレビボードの種類

ハイタイプ

出典:https://www.karimoku.co.jp/piogrande/color.html

テレビ以外の物も収納出来るタイプ。高級感や重量感を増す事が出来るタイプです。但し、その分面積が大きくなるので、部屋の広さとのバランスが必要です。リビングは家族全員が集う場所になるため、その分家族分の荷物が溢れてしまいます。しかもリビングに収納が少ないため、余計に物が溢れてしまう可能性がありますが、テレビボードを壁面全面にすることでしっかりと収納出来ますし使用する物をすぐに取り出す事も可能です。

ロータイプ

出典:https://www.karimoku.co.jp/tvboard/point1.html

 

勝手な予想ですが、1番売れているのではないでしょうか?ハイタイプに比べ金額も安いですし、圧迫感を感じさせず大型テレビも置ける商品です。高さも低いので、ソファだけでなく、座椅子など低い位置からテレビを見るのにもオススメです。但し収納できるスペースが小さい事が欠点です。

コーナータイプ

出典:https://www.karimoku.co.jp/tvboard/point1.html

スペースに限りがある部屋に1番多いタイプです。子供部屋だったり寝室だったり選ばれるタイプ。スペースに限りがある部屋用だと思います。有効にスペースを活用出来ます。

テレビボードの高さ

https://www.karimoku.co.jp/tvboard/point2.html

 

テレビを見る最適距離は画面高さの3倍と言われています。最近はテレビのサイズが大きいので、距離も長くとる必要があります。また、テレビ台の高さも考える必要があります。良くテレビを見る場所が、床に座ってみるのか、ソファに座って見るのか椅子に座って見るのかで変わってきます。目の高さよりもテレビの画面が高くなると、首を上げてテレビを見る事になりますので、首コリや肩こりの原因にもなる可能性があります。基本的にどの場所でテレビを見るのか確認しながらテレビボードを選ぶことがいいと思います。

我が家のテレビボード

我が家のテレビ台は、ローボードを選択しました。理由は、予算的な物が一番大きいです。確かにハイタイプを選んだ方が収納はたくさん出来ますので、ハイタイプが一番良いのですが、我が家はリビングスペースも大きくないですので重量感が大きくなり圧迫しすぎるかと思いましたので、ロータイプとその上に飾り棚を設けています。

実は、我が家のテレビボードは3回目でちゃんとした製品が送られてきました。実は、1回目・2回目両方ともテレビボードの天板が反っていて、返品しました。その時の写真です。

写真ではあまり分かりずらいとは思いますが、両端と比べて、真ん中部分は下がっています。どの程度下がっているかは、5~6ミリ程度下がっていました。正直1回目はしょうがないとは思ったのですが、2回目も同じだったので、多少文句を言いました。2回目は多少注意して検品して出荷でしょ?と言いました。3回目はちゃんとした物が納品され満足しましたが。

最後に、我が家もそうでしたが、皆さん新築工事中などにトラブルはあると思います。しかし、はっきり言うべきです。はっきり言って直してもらうとこは直して貰わないと納得いきません。内にモヤモヤした気持ちを残すよりは、はっきり言って是正して貰う事が大事です。我が家のTVボードもちゃんとした製品が納品されましたので、言わないと損になります。このブログを見て頂いている皆さんも何かトラブルがあった際ははっきり言って解決しましょう。

このブログがこれから新築を建てられる方の参考になれば幸いです。何か問い合わせありましたら連絡お願いします。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる