和室におススメなプリーツスクリーン!

本格的な和室よりも和モダンな和室が最近の新築住宅では多くなっているのではないでしょうか?

本格的な和室であれば、やはり窓部分に合うのは、昔ながらの障子が一番合います。それも、普通の障子ではなく、雪見障子にする事で、外の景色も一緒に楽しむ事が出来ます。

しかし、最近の和室は和モダンな感じが多く、和室というよりは畳がある部屋といった方がいいかもしれません。

皆さん、和室はありますか?最近の和室は和モダンな感じの和室が多く、本格的な和室は少ないと思います。本格的な和室であれば、障子や襖があるかと思いますが、現在多いのは和モダンな和室です。
そんな和モダンな和室に合うカーテンは正直難しく、センスが必要になります。

しかし、この和モダンに合うブラインドがあります。[keikou]それは【プリーツスクリーン】といった商品です。[/keikou] プリーツスクリーンを使用すればオシャレに見えます。
言ってしまえば、和室のブラインドはプリーツスクリーンにすれば問題なくオシャレに見せる事が出来るという事です。

目次

ところで、プリーツスクリーンって何ですか?

出典:https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/category/ps/mona/

プリーツスクリーンとは、[keikou]ジャバラ式の生地を折りたたみながら、上下に開閉させ採光などを自由に調整できる[/keikou]ブラインドです。

プリーツスクリーンは、和紙調の物もあり、また色も豊富に選ぶ事が出来るため、人気のある商品です。昔の和室には、窓の前には障子がありましたが(勿論、今も本格的な和室を作るといった上では障子は不可欠です)今は和室と言っても畳スペースといった部屋が多いため、障子の代わりにプリーツスクリーンを使う事で[keikou]、価格面でも安くまたオシャレな空間へ変身出来ます。
[/keikou] しかし、昔ながらの障子が少なくなってきてますが、障子にも断熱効果があります。
今、リフォーム商材で内窓という商材があるのはご存知でしょうか?内窓は、断熱商材で窓の内側にもう一つ窓をつける事で、窓の断熱効果を上げるという事です。ちなみに窓はいいサッシを使う事を私はお勧めしています。

[blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%b7%e3%82%92%e9%ab%98%e6%80%a7%e8%83%bd%e3%81%ab%ef%bd%9e%e7%86%b1%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%85%a5%e3%82%8a%e3%81%af%e7%aa%93%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%8c%e4%b8%80%e7%95%aa%ef%bd%9e/”]

この障子はまさに内窓と同じ役割をしています。昔からある障子は、まさに昔の人の知恵から生まれた商品だという事ですね。

話が逸れましたが、プリーツスクリーンは障子の代わりに使用されるケースが多いです。

しかし、決して[keikou]和室専用のブラインドではなく、洋室にも合わないわけではありません。むしろ、洋室にも全然使用できる商品[/keikou]だと思います。

洋室でもプリーツスクリーンが使える理由

出典:https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/category/ps/mona/

プリーツスクリーンはリーフ柄や花柄など可愛らしい柄も多くあります。これらの柄は和室よりもむしろ洋室じゃないと合わないです。他にも無地であれば、豊富なカラーバリュエーションがあります。

ベーシックな色から少し奇抜な色まで選択肢の幅は大きいです。他にも、遮光タイプの生地も豊富であるため、寝室にも使用が可能です。

様々な部屋に使用する事が可能ですので、プリーツスクリーン=和室というイメージは今や古いイメージとなります。

プリーツスクリーンのメリット

再度和室の障子の話に戻ってしまいますが、障子の場合、ほとんどが引き違いの障子になり、片方に障子が残る事になります。

しかし、プリーツスクリーンの場合は、上げ下げブラインドになりますので、プリーツスクリーンを開けると、沢山の開口から周りの景色が見えるなどのメリットもあります。窓の有効活用が出来るという点で言えば大きなメリットではないでしょうか?

プリーツスクリーンのデメリット

プリーツスクリーンだけではありませんが、上下の動きをするブラインドは、人が出入りをする掃き出し窓の場合、煩わしい事がデメリットになります。

例えば、ベランダの入り口や、デッキなどの外へ出る場合の窓の場合は、カーテンやバーチカルブラインドのような横に動く動きがある商品の方が、楽です。毎日出る窓であるのであれば、頭に入れていた方がいいと思います。

たまに出るぐらいであれば、全然問題はないと思います。ちなみに、バーチカルブラインドの事についても記事がありますので、参考にしてください。

[blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/”]



ハニカムスクリーンもある

出典:https://www.seiki.gr.jp/pro/download/photo/honeycomb_ph002.html

プリーツスクリーンと似た製品でハニカムスクリーンと言う商品もあります。この商品は、スクリーン自体に空気層をとっているため、断熱の効果が高い事が特徴になります。見た目はプリーツスクリーンとほとんど変わりません。

ちなみに、家は性能と謳っている一条工務店では、全ての窓に標準でハニカムシェードが付いてます。私は、サッシは高性能サッシにした方がいいと個人的には思っています。その窓の断熱を上げる製品としてハニカムスクリーンを取付を行うという事は、非常に有りだと思っています。

ハニカムスクリーンについては、別にも記事にしてますので、参考にしてください。

[blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/%e4%b8%80%e6%9d%a1%e5%b7%a5%e5%8b%99%e5%ba%97%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%a6%e3%82%82%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%af%e5%8f%96%e4%bb%98/”]

我が家の和室のカーテンは?

我が家は、和室にはプリーツスクリーンを取付しました。緑色を選択してます。私は、ハニカムスクリーン押しの人間ですので、本当はハニカムにしたかったのですが子供が壊す危険性を考えて、今回はハニカムより安いプリーツスクリーンを選択してます。

将来的には、ハニカムスクリーンを取り付けたいと思っています。
プリーツスクリーンはブラインドと異なり、一つの生地でつながっています。ブラインドは一つ一つの羽が規則的に動き、光を差し込みながら光を入れるのに対し、プリーツスクリーンは、光を柔らかく入れるという違いがあります。その柔らかさが一番取り入れた理由になります。


夜の外から見るとこんな感じに見えます。遮光タイプではありませんので、柔らかな光が見える感じですね。写真が暗くて若干分かりにくいですが、参考になればと思います。

プリーツスクリーンの価格については、下記を確認してもらえると大体の金額が分かると思います。
少し面倒ですが生地の色やタイプ・サイズなどを選択する事で自動で金額が見れます。カーテンやブラインドの予算も考えとかなければいけませんので、良かったら参考にして下さい。

皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

他にもカーテン・ブラインド関係を別記事にしてますので、そちらも参考にして下さい。

[blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/カーテンの種類と選び方/”] [blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/立川ブラインド工業からもハニカムスクリーンが/”] [blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/一条工務店じゃなくてもハニカムシャードは取付/”] [blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/バーチカルブラインドのメリットデメリット/”] [blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/新築一戸建てカーテンはどこに頼んだらいい%ef%bc%9f/”]

和室に関しても記事にしてます。参考にして下さい。

[blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/新築戸建てに和室は必要%ef%bc%9f和室を作る事でのメリ/”] [blogcard url=”https://a-yu-yu-ta.work/流行りの琉球畳でオシャレな空間を作る%ef%bc%81/”]

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる