天井に木目調のクロスってどうなの?実際に貼って見たレポ!

リンク広告

壁や天井の仕上げは色々な種類があります。一番多く使われているのはクロスです。しかし、クロス仕上ではなく例えば本物の木やタイルなどを壁や天井に貼る事で、高級感や重量感を増す事が出来ますし、オシャレにも見せる事が出来ます。

但し、壁は天井は範囲が大きいため、全てを木やタイルを仕上材ににすると金額がいくらになるか分かりませんよね・・・。

勿論、充分にお金を掛ける事が出来るのであれば、全く問題はないと思います。しかし、現実的には予算と言ったものがありますので、家の中で、どの部分にお金を掛けるのかバランスが必要になります。

予算と戦っていく上で、それでも何とかオシャレな空間に見せたい・・・そう思っている人も多いと思います。ではどうやってオシャレな空間にするのか?

それは正にアクセントクロスです。最近のクロスは充分リアルです。木目調にしても石目調にしてもぱっと見は全く分かりません。勿論じっくり見ると分かりますがそれでも充分オシャレに見えます。

今回は実際に木目調のクロスを一部天井に貼っている我が家の紹介をしますので、悩まれている方に少しでも参考になればと思います。

リビングのアクセントクロスは3種類を使用

リビングにアクセントクロスは、3種類使用しています。

まずは、キッチンが対面キッチンではないため、キッチン前の壁にはこのクロスを使用アクセントとして使用しています。

サンゲツRE-2608です。タイル調でぱっと見はクロスと分かりません。あくまでも、パっと見た感じでは。

天井は、一部こげ茶色の木目調のアクセントでのクロスを使用しました。

サンゲツRE-2639です。触った感じでは、若干凸凹しているクロスになりますので、本物の感じがします。

3枚のクロスがわかる部分の写真がこちらになります。

個人的に、24時間換気の色が白色になっているのが非常に気になります。

この木目調のアクセントクロス部分のダウンライトは、黒色を選択していただけに気になって仕方ありません。

ちなみに、もう一つ、リビングにアクセントクロスを使用しています。

我が家は構造上どうしてもこの場所付近に柱が必要でした。

そのため、この柱の位置を悩みましたが、結果、今ある場所が一番良いという判断になりました。

しかし、仕上については、色々考えた結果、柱を少し大きくしてクロス仕上にしました。クロス品番はサンゲツSG-6009です。


吹き抜け部分は、ベースの白色系のクロスを使用しました。吹き抜け部分までアクセントクロスを使用した場合、せっかくの吹き抜けの意味がなくなる気がして・・・

やはり色が濃いクロスを天井にした場合は、色が白系の色に比べると天井を圧迫され、見た目的に若干狭く感じる事は仕方ありません。
我が家のリビングは決して大きいわけではありませんので、アクセントとして使用しています。

ワンポイントアドバイス
間取りに関して同じ床面積であっても、正方形よりも長方形の方が奥行があるため広く見えます。我が家のリビングダイニングは正方形ですので、若干狭く感じます。
もし、広く感じる家であれば、もっとアクセントクロスを使用する事が出来たのかなと個人的には思っています。

クロスだけではありませんが、実際のサンプル帳では小さいため、貼った時と選んだ時の印象が異なる事もあります。

出来上がっての楽しみな部分もありますし、想像していたのと違う場合もあります。クロスも微妙に違いがあるので、近くにショールームがある場合は、ショールームに行ってクロスの特徴などの話を聞きに行った方がいいです。

キズの付きやすいクロス等もありますので、ベースに選ぶクロスに関しては、キズが目立たないクロスをお勧めします。

このブログが今後新築を建てられる皆さんに少しでも参考になればと思っています。何か他に問い合わせあればご連絡頂けると幸いです。



他にも記事にしていますので参考にして下さい。

室内ドアは引き戸開きドアどちらが良いの?

2018年6月29日

フローリングで迷っている人必見!フローリングの選び方

2018年5月20日

Pid4M 室内物干しワイヤーはコスパ最高!

2018年4月29日

流行りの琉球畳でオシャレな空間を作る!

2018年3月4日

おしゃれな室内物干しはどこのメーカー?天井から昇降式とワイヤー式はどっちがいい?

2017年11月4日

我が家の天井・壁仕上はクロス仕上~トイレ・洗面所編~

2017年10月22日

テレビボードの上手な選び方

2017年10月15日

室内建具の上手な選び方

2017年9月23日

今なら新築戸建て住宅を契約した人、既に着工して引渡しが終わった人に朗報です。

今なら¥5,000-分のギフトカートをゲット出来ちゃいます。良かったらブログを参考にして¥5,000-分のギフト券をゲットしちゃいましょう。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です