我が家の天井・壁仕上はクロス仕上~トイレ・洗面所編~

洗面所やトイレは、広さで言えば小さい空間になります。小さい空間の壁・天井の仕上げは思ったより圧迫感があります。その圧迫感をなくす事は大事です。また、トイレは必ず毎日使う空間になります。快適な空間にして毎日のトイレ時間を有意義に使用したいです。クロスの種類によっては、掃除がしやすいものや、汚れキズに強いクロスがあるなど種類がたくさんありますので、知っておくとためになる知識を学んでいきましょう。

目次

機能クロスの種類

フィルム汚れ防止・抗菌クロス

汚れが付着しても拭き取りやすいフィルムをラミネートしたクロスになります。また抗菌性にも優れたクロスです。汚れが気になるトイレや玄関先などにお勧めできるクロスです。また、このタイプのクロスはひっかき傷にも強いクロスになっており、子供部屋などにも安心して使用できるクロスになります。

マイナスイオンが発生するクロス

マイナスイオンを発生させる天然鉱石を配合したクロスです。このクロスを使用すると空気が変わって感じるそうです。マイナスイオンと言えば、人をリラックスさせる機能を持っており、快適な睡眠や疲労回復、たばこのにおいやヤニに結びついて除去する消臭効果があります。

アレルゲンを抑制するクロス

壁紙表面に付着したダニやは花粉などを不活性化します。花粉症がひどい方などにお勧めできるクロスになります。また、外から花粉が入りやすい玄関先や、寝室などにお勧めできるクロスになります。

通気性も持ったクロス

壁紙自体に透湿性の高い構造になっており、空気を通して湿気を調整出来るクロスです。結露やカビの発生を抑制します。

※上記の機能性クロスについては、過度の期待は禁物です。通常のクロスに比べてという事ですので、この機能性クロスを使用すると、必ずしもと言う事は厳しいです。あくまでも壁紙ですので、過度の期待はしないようにしましょう。

我が家の洗面所のクロス

SINCOL SLP-179

写真で見るとやっぱり白色ではありませんが、白色のクロスです。壁のクロスになります。若干凸凹があるクロスになります。特に代わり映えがあるわけでなく、洗面所はきれいで清潔なイメージを作りたかったので、何もない白色クロスを採用しています。

我が家のトイレ(1F)のクロス

工務店専用クロス

サンゲツ TH-8566

写真ではわかりずらいですが、色は青系の色になります。片面だけベージュ系のクロスで合わせました。ちょっとダークな色にして落ち着いた感じとトイレにしてます。トイレ内の手洗いも濃いめの木目調でシックにしてみました。

我が家のトイレ(2F)クロス

SNCOL SLP127

SINCOL SLP128

2Fは逆に明るめの色を選択しました。ただ、普通の白では面白くなかったので、若干色がついているものを選択してます。木目がシュッと出ている感じで、白色系でも温かみがあるクロスを選択してます。

まとめ

我が家のクロスは機能性クロスからの選択はありません。あまり深く考える事なく、クロスは選択しました。あくまでもクロス(壁紙)であることが前提にあります。壁紙に過度の期待をというよりは、他の物で対応する事にしました。効果としてはあまり大きくない、もしくは大きくするためには、かなりの面積を使用しなければいけない事、金額面などを考慮して、通常のクロスを使用してます。もちろんペットを飼われている家庭などは、機能性クロスは必要になると思いますが、ごく普通の生活を送っている我が家にとっては、現在のクロスでも問題はありません。

※クロスの品番については、すでに廃盤品番もあるようですので、参考にならない可能性もあります。申し訳ありません。

クロス選びに参考になればと思います。これから新築をされる皆さんが後悔のないように参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる