新築一戸建てのお風呂のおすすめは?後悔しないための選び方

リンク広告

皆さん、お風呂に何を求めていますか?

ただ身体を洗うだけのスペースとして使用する場所と思っている人もいるかと思います。

しかし、日本人たるもの、温泉が好きな人多いですよね?

何といっても、一日の疲れを癒すための大切な空間です。

お風呂は家族全員が使う場所です。

必ず毎日使用する空間でもありますので、しっかりと考えて後悔のないようにしましょう。

特に小さい子供がいる家庭は安全面にも配慮が必要になります。

また、色や素材・設備機器などは、ショールームへ行って実際にお風呂に入って確かめる事である程度大きさ等は理解出来ます。

お風呂の種類

在来工法のお風呂

出典:https://www.okuta.com/pc/bath/ordinary.html

全てが手作りのため、自由度が高く設計出来る。本当にこだわりが強い人にお勧めです。

また、窓の位置を床に近い位置や天井に近い位置に出来るなどメリットは大きいと思います。

良くあるのが、浴槽に浸かりながら景色などを楽しむ事が出来る事ですね。

凡人の私からの意見であるとすれば、お金が有り余っているんだなぁ~と思える工法です。

ユニットバス

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/spage/

今一番多いと思います。

各水回りメーカーが製品を出しており、あらかじめ作られている部材を組み合わせて現場で組み立てるタイプ。

全て一体型なので、防水面では安心であり、今は色や種類も豊富であるため、一番選ばれていると思います。

ハーフユニット

出典:https://www.toto.co.jp/products/bath/halfbath/feature/01.htm

在来工法とユニットバスの良いところを併せ持つ工法です。

壁や天井が自由に設計できるタイプであるため、窓の位置や壁材の種類などに自由がききます。

壁をヒノキの木にしたいなどは、この工法でも可能です。

しかし、ハーフユニットの場合、種類が少ない事がデメリットです。

新築でのお風呂選びの悩み点①・・・広さ

お風呂の大きさはどのサイズがいいか悩む人は多いと思います。

特にユニットバスの大きさを1616の大きさにした方がいいのか

1620にした方がいいのか、これで悩む人が一番多いのではないでしょうか?

実際に我が家も同じ事で悩みました。

そこで、考えておきたい事は、

気持ちよく入浴する事が一番大事ですが、気持ちよく入浴するためには、何が一番大切でしょうか?

それは、綺麗なお風呂に入るという事です。

綺麗なお風呂・・・つまり掃除がしやすい、清潔に保ちやすいお風呂にする事です。

その点を考えると、毎日の掃除が楽というのは必要不可欠です。

やはり、ムダに広すぎるのはお勧め出来ません。

その分掃除を行う場所が大きくなるという事です。

さらには、大きな浴槽を選ぶと、水道代やガス代がかかりすぎる事もあります。

しかし、逆にコスト面ばかりを考えて小さい浴室にした場合、狭くて快適な空間ではなくなります。

勿論、広いにこした事はありません。

小さい子供がいる場合、家族が多い場合はみんなで入る時など

広ければ問題ない事も多いです。

しかし、ある程度のバランスを考えて選択した方が良いという事です。

新築でのお風呂選びの悩み点②・・・オプション品

お風呂も年々進化をしているようです。

カタログには、あったら便利だなというものが沢山あります。

しかし、実際に住み始めると使わないオプション品・使えないオプション品が必ずあります。

例えば、浴室のテレビ。

家族が多い場合、浴室でテレビを見ていたら

次の人が入れなくなるという事で、浴室でのテレビは禁止にしている家庭があるそうです。

後は音の問題で、夜遅い時間などには見れないなどの話もあります。

同じ理由で浴室での音楽設備も使わないケースもあるそうです。

浴室乾燥や浴室暖房などは、あったら便利と言われています。

要は、本当に使うかどうかの問題です。

使用しないのに、オプションを付けると本当にもったいないですので、

慎重に、本当に使用するか、それは必要な設備かしっかり考えて選択しましょう。

新築でのお風呂選びの悩み点③・・・窓

今や当たり前になっている換気扇。

しかし、お風呂には必ず窓があった方がいいです。

換気扇だけでは、場合によって換気が足りない事があります。

日当たりなどは、実際に建物が建ってみないと分からない事が多いです。

カビの発生だけは避けたいですよね?カビを発生しにくくするには、やはり換気が一番です。

さらに太陽の光は除菌効果もあります。

それらのお陰で清潔感を保ちやすく、結果的には長持ちする理由にもなります。

しかし、窓の大きさや種類にも気を付けないといけません。

サッシの事も以前ブログにも書いてますが、窓からの熱の出入りが一番大きいです。

あまりにも大きな窓にしていしまうと、冬場寒い浴室になってしまいますので、大きさには注意が必要です。

サッシの記事はこちらを参考にしてください。

家の断熱性能を上げる一番良い方法とは?

2017年9月17日

他にも防犯的にもあまり大きい窓をする事はお勧めできません。

セカンドハウス的な家の場合であれば、

窓を大きくとって景色等を楽しむ事も考えられますが、

一般的な住宅の場合は、大きくすることの方がデメリットが大きいです。

我が家のお風呂

我が家のお風呂はユニットバスの1坪タイプを選択しました。

本当はもうひとサイズ大きくしたかったのですが、

浴室を大きくすると、他の場所を小さくしなければいけないとうジレンマがあったため、

1坪サイズを選択しています。

使用感としては、可もなく不可もなくといったところです。

広さ的にはちょうど良いのかもしれません。

浴槽については、各メーカーの浴槽全て座ったのですが、

一番足を伸ばす事が出来たので、結果LIXIL製になりました。

我が家のお風呂後悔ポイント

しかし、このお風呂、後悔部分もあります。

それは、カウンターとエプロンの色。

黒色を選択したのです。黒はシックでやはりオシャレに見えます。

オシャレなんですが水垢が大変です。

お風呂は誰かに見せる事はほとんどありません。

言ってしまえば、自己満足なスペースです。

家族しか使わない場所であえて黒色を使用する必要はなかったと今は思います。

それよりは、水垢の目立たない白色を選択した方が清潔感もあってよかったのではないかと今は思ってます。

掃除については、毎日の事。

しかもこれからずっと続くわけです。

そこまで頭に入れた上での選択であれば問題ないと思いませんが、我が家はその部分は考えてませんでした。

今、もう一度お風呂を選ぶことが出来るなら、黒の選択はしません。

だって、水垢が目立つんです。

このブログが参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、にほんブログ村を参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です