洗面所には収納は必須!洗面所の考え方

リンク広告

洗面所は、お風呂に入る前の脱衣室の役目を兼用している家庭がほとんどだと思います。勿論我が家も脱衣室を兼ねています。ですので着替えのための下着類やタオル類を収納するスペースが必須です。またそれだけではありません。洗濯機を洗面所んい置いている家庭もほとんどではないでしょうか?洗濯機ってスペース取るんですよね。スペース取るだけではなく、洗剤などの洗濯用品などの備品も収納するスペースが必要です。今回は洗面所のスペースについて紹介します。

洗面所に求める事

改めて洗面所に求めるものを上げて行きます。
●脱衣室を兼ねる
●手洗い・歯磨き・メイクなどを行う
●洗濯を行う
以上大きく3点が主な役割ではないでしょうか?
他にも
●室内干しスペースとして
●家事室(アイロンなどを使用)として
この2点が最近多く取り入れたいと希望されている方が多いと思います。

洗面所には収納が沢山必要

洗面所に求めるものが多すぎるため、収納スペースが必要になります。特に、洗面所には見せる収納ではなく生活感を隠す収納の方が見た目も良いです。
具体的に、どんな収納が必要かを上げていきます。

脱衣室を兼ねる

タオル関係や下着関係を収納できるスペースが必要です。これは家族が多くなれば多くなる程必要になります。しかもバスタオルは結構場所を取りますので、場所の確保が必要になります。また、下着類については女性ものであればなお注意が必要になります。
ちなみに、どの場所に収納するかと言った点ですが、各メーカーが出している洗面台を検討しているのであれば、その収納を増やす事を検討してみたらいかかでしょうか?扉付きですし、扉もいくらか分かれていますので、各個人の下着類を収納できるかと思います。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/

各メーカーによって収納の大きさなどがありますので、確認した方が良いですね。

手洗い・歯磨き・メイクなど

歯ブラシ・歯磨き粉・コップ・タオル・メイク道具・ドライヤー等が収納されるスペースが必要です。この収納については、既製品の洗面台であれば、ミラー部分の収納に納まるかと思います。

出典:www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/variation/cabinet/

今の既製品の洗面化粧台は、女性目線での商品開発がされている?のかは分かりませんが良く考えられている部分が多くあると思います。

出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/variation/cabinet/

洗濯スペースを兼ねる

まずは洗濯機ですね。洗濯機は結構大きいサイズですのでスペースも大きく取る必要があります。また、脱衣室も兼ねるため、脱いだ物が全て洗濯機の中に入れば良いですが、家族が多い場合は、脱いだものを仮置きするスペースも必要になるかもしれません。
また、洗濯機を置くのであれば、洗剤や柔軟剤を置く収納を検討しなければいけません。
洗濯機の上なんかは結構貴重なスペースになるため、その部分に収納を作るのもいいかもしれません。

出典:www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/

室内物干しスペース・家事スペースを兼用

最近の流行りの間取りですね。通常は洗濯機で洗濯した物をバルコニーへ持っていき干すというのが通例でしたが、今の流行りは、洗濯機から洗濯物を取り出し、そのまま干す事で、動く必要がない凄く魅力的な間取りです。また、家事スペースも兼用すると、その場で干した物をその部屋でそのままアイロン等を掛ける事で、わざわざ洗濯物を動かす必要がない間取りにする事が出来ます。

出典:https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0027/

ただ、このスペースって結構広く取る必要がありますので、その分家が広くなります。家が広くなるという事は、その分坪数が増えますので金額も高くなると言った事もあります。

まとめ

個人的に思っていますが、あまり洗面所に広いスペースを持ってくる事が出来ない人は沢山いるかと思います。実際我が家もそうでした。洗面所を広く取るのであれば、少しでもリビングを広くしたい、リビングの収納を増やしたい等を考えると、やはり洗面所の優先順位は下がって行くものです。
しかしながら、洗面所って大事なスペースです。収納もある程度確保しなければ、手間がかかる家になってしまいます。

限られたスペースの中で、工夫を行って使いやすい、生活しやすい空間を作れるようしていきたいものですね。

ちなみに我が家は洗面所を広く取る事が出来ませんでしたが、階段下を利用して、洗濯機だけを階段下へ設置しました。参考にしていただければ幸いです。洗面化粧台の選び方も別記事にしてますので、良かったら参考にして下さい。

洗面化粧台の種類と選び方

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です