物置を選ぶ時の3つの注意点

リンク広告

皆さん、玄関周り綺麗に収納出来てますか?正直我が家は玄関に物が溢れています。そもそも収納できるスペースが少ないからです。完全なる言い訳ですが・・・。

皆さんの家はどうですか?もしかしたら我が家と一緒ではあえりませんか?
私は、解決策に庭に物置を置きました。物置って凄く便利です。どう便利なのか、どんな物置を選んだらいいのかを紹介していきます。

まずは、物置に何を置くか考える

実際に物置があったと仮定した場合、何を置くか想像してみて下さい。実際に今玄関収納に収まらない物・車のトランクにあるもの・使われていない部屋に眠っているもの・・・そう、まずは何を物置に置くか考える事が大事です。

現在、我が家が考えているものは
・バーベキューセット
・キャンプ用品
・自宅のプール及びプールにまつわる備品
・工具や園芸用品
・ケルヒャー

以上が現在我が家が物置に置こうと考えているものです。

ちなみに、例えば予備のタイヤ(スタットレスタイヤなど)・サーフィンのボード・スキーやスノボー板なども考えれますね。濡らしたくないのであれば、自転車やバイクなども物置に置くことが出来ます。参考までにどうぞ

※物置に置かない方がいい物!

灯油やガソリンなどの燃料です。火災の原因になるケースが多いです。物置には保管しない方がいいですね。
あとは、缶詰やレトルト食品も温度が高温になる事が考えられますので、保管はしない方がいいです。

何故何を収納するか考える必要があるのか

それは、物置の大きさを検討するためです。これだけの大きさがあれば、大丈夫だなと確認を行う上でも何を収納するつもりでいるかは考える必要があります。

しかし、最初はこれでOKと思っていても、将来的に物が増えるケースが多いですので、最初から少し大きめのものを選んでおいた方がいいです。

我が家は既に物置に荷物が溢れています(笑)



次は置く場所を検討

次は、置く場所を決めましょう。自分の敷地の中で、どの場所に置きたいのか決める事が大事です。

どの場所に置くと、先程考えた収納するものが十分に入るようなスペースが確保出来るのか、またどこに置けば使い勝手がいいのか、物置から取り出した時に、邪魔になるような物が庭にないかなどを考えて場所選びが必要です。

例えば、バーベキューを頻繁に行うようであれば、バーベキューを行う場所の近くの方が使い勝手はいいはずです。

他にも、可能であれば、湿気の少ない、風通しの良い場所が理想的です。また、比較的見える位置に物置を設置する場合はデザイン性や見た目にも多少こだわると尚いいかもしれません。物置を設置するには、日常的に使いやすい場所や現実的に置けるスペースが確保できるところを選びます。

場所を決めたら早速メジャーで寸法を測ってみます。

寸法をはかる時のチェック方法

寸法は大きめに測りましょう。間違ってもギリギリの寸法を選ぶ事はないようにします。ギリギリであれば、設置の際に作業する(組み立てる)スペースがない場合もあります。

大体、人が一人入れるスペースぐらいは確保したい物です。あとは、マスの位置も確認が必要です。マスの上には基本的には置けません。マスの位置も確認が必要です。

続いて、実際の物置の大きさを確認する

今や、ホームセンターに行けば、展示品が置いてあります。やはり一見は百聞に如かずです。実際に見て、大きさの確認を行う事が大事です。

実際に今物置に行うと思っている物、特に大きい物は必ず確認しましょう。例えば、自転車を入れたいと考えている方は必ず自転車のサイズを測って、ちゃんと入るか確認が必要です。

小さい荷物が多いとかであれば、問題ありませんが、大きい荷物はちゃんと入るかの確認が必要です。設置後、入らなかったとしても誰も責任を取ってくれません。

あとは機能性やデザイン性を考慮しましょう。

特に注意したいのが、扉がどういった扉なのかを確認すると良いです。住宅でも同じですが、扉には、主に開き戸(ドアタイプ)と引き戸(横に扉を引いて扉を開けるタイプ)があります。

物置も同じです。どちらがいいのか、これから特徴を踏まえて説明します。

開きタイプ

出典:https://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/D_BJ/index.html

出典:https://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/D_BJ/index.html

両開き扉の場合、すべて全開放できるので、物置内に置いている物が見やすく取り出しやすい事がメリットになります。しかし、扉を開くために、その分有効な間口スペースが必要となるので、壁と壁の間に挟まれた狭い場所や、奥行がない場所には使用できないケースもありますので設置する場所によっては不向きな商品かもしれません。

2枚扉タイプ(引き違い)

引き違いの場合は、左右どちらからでも開け閉めが出来、一番標準的な物になります。また、開き戸の場合と比べて、開く分のスペースが必要ではないため、多少狭い場所でも使い勝手は大丈夫です。

デメリットは、真ん中に収納しているものが取りずらいケースがある事がデメリットではないでしょうか?

出典:https://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/D_NXN/index.html

3枚扉タイプ

3枚扉タイプは、扉の大きさが2枚扉よりも小さくなる分、物の出し入れスペースが大きく取れます。2枚扉のデメリットである真ん中部分が取れない事も、3枚扉なら問題ありません。デメリットは、扉一枚分の奥行が狭くなるぐらいですので、ほとんどデメリットはないと思います。

出典:淀川製鋼カタログより

物の出し入れを考えると、開口部は大きいほうが使いやすいのはいうまでもありません。勿論、物置の大きさにもよりますし、収納されている物にもよりますので、一概にこれとは言えないです。

しかし、物置を買ってしまうと、おそらく10年以上は買い替える事はないと思います。その辺りを考えながら選ぶ事も大事です。

 

番外編

台風が良く通る地域にお住まいの方は要注意が必要です。実際、この物置はただ置いているだけでは倒れる商品です。特に中にあまり荷物が入っていない場合は余計に倒れやすくなりますので、きちんとした固定を行う事をお勧めします。

まぁ、業者へ頼む事が一番ですね。または、背が低い商品を選ぶ事もおすすめします。

最後に

なんでもそうだと思いますが、不安を取り除いてから購入する事です。分からない事があれば、聞いてきちんと納得してからの購入をお勧めします。

例えば、高台に住んでいるため風が比較的強い地域に住んでいるが大丈夫か?海沿いの近くに住んでいるので、サビが心配だけど大丈夫か?など細かい事でも分からない事は質問する事をお勧めします。そして納得して購入しないと、後悔するかもしれません。

後悔のないように分からない事は確認しましょう。

ちなみに、我が家はヨドコウのエルモを購入しております。良かったら別記事も参考にして下さい。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です