立川ブラインド工業からもハニカムスクリーンが発売!

リンク広告

大手ブラインドメーカーの立川ブランド工業様より、ハニカムスクリーンが2018年5月より発売されました。立川ブランド工業は昔ハニカムスクリーンを製造していた時期があったが、廃盤になったと聞いた事があります。しかし、また新商品として発売した背景には、やはりハニカムスクリーンは今後必須になってくる人気がある商品だという事でしょうか。
今回は立川ブランド工業のハニカムスクリーンを中心に紹介して行きたいと思います。

ハニカムスクリーンとは

生地自体が蜂の巣(ハニカム)構造になっているブラインドの事です。この蜂の巣構造によって作られた空気層が、窓辺の断熱性能を上げてくれます。そのため、冷暖房の効率も大きく上がります。
見た目はプリーツスクリーンに似ていますが、プリーツスクリーンは生地自体に空気層が取れてなく、またスクリーンを通すコードが正面からも見えていますが、ハニカムスクリーンは生地の中を通すため、このコードが見えなくプリーツスクリーンに比べて意匠性が良いと言われています。

立川ブラインド工業製のハニカムスクリーン『ブレア』とは

生地の形状

出典:立川ブラインド工業カタログより

生地の断面形状はD型を採用しているようです。このD型生地については、ニチベイのレフィーナと一緒ですね。ちなみにこのD型の生地は、生地を降ろした時でも生地のフォルムをキレイに保つ事が出来ます。
また生地自体は、採光タイプ『メライト』8色と遮光タイプ『メライト遮光』6色となります。

出典:立川ブラインド工業カタログより

最小・最大製作寸法

出典:立川ブラインド工業カタログより

最小の寸法はW150ミリ~ですので、細長いサッシでも取付が可能です。また、最大W寸法は3000ミリですので、大きなサッシにも対応出来ます。
ちなみに、トーソー製『エコシア』の場合、最大W寸法は2000ミリですので、それよりも大きく製作出来る点は評価が高いと思います。

参考の定価金額は?

通常の掃き出し窓サイズW1800ミリ×H2000での定価金額は、¥90,900-(コード式の場合)。
折角ですので、他社との比較をしてみます。
●ニチベイ製『レフィーナ』 ¥90,800-(コード式・シングルスタイル)
●トーソー製『シエラ』64,600-(コード式・シングルスタイル)
●セイキ販売製『ハニカムサーモスクリーン)¥58,500-(採光タイプ・スタンダードタイプ)

価格は消費者にとって非常に大事になります。ブレアは、この中では一番最後に商品を出した割には、定価設定が一番高い設定を行っているようです。通常であれば、後出しじゃんけんで価格面で安く設定しても良かったと思いますが、流石は業界最大手のメーカーですので、強気ですね。

肝心の性能面は?

出典:立川ブラインド工業カタログより

性能面についてもカタログにて表記がありました。

熱貫流率が3.4W/(㎡・K)⇒2.3W/(㎡・K)になるとの表記です。

※熱貫流率の数値が低ければ低いほど熱が逃げにくいですので、断熱性能が高い事になります。

これについても他社と比べて見たいと思います。
●ニチベイ製『レフィーナ』3.6W/(㎡・K)⇒1.9W/(㎡・K)
●トーソー製『シエラ』3.4W/(㎡・K)⇒2.1W/(㎡・K)
●セイキ販売製『ハニカムサーモスクリーン)3.49W/(㎡・K)⇒1.83W/(㎡・K)

折角ハニカムスクリーンを使用するのであれば、性能面も良い商品をつけた方が良いです。ブレアは、この製品で比べた場合、一番断熱性能が低いとなってます。価格も高く、性能も一番劣るとなると・・・後出しじゃんけんで性能面も上回るようにしてから発売しても良かったと思いますが、流石わ業界最大手のメーカーですので、強気ですね。(2回目笑)

まとめ

今回、立川ブラインド工業の新製品ハニカムスクリーンのブレアについて調べて見ました。
私個人的には、断熱性能を上げるためのハニカムスクリーンは、効果が高い商品の方が良いと思っています。そう考えていますので、立川ブランド工業のブレアに対しては、少し残念な気持ちです。出来れば、一番新しい商品として、一番性能が高い商品を期待したかったのが本音です。
この記事を読んで頂いた方は、立川ブラインド工業を否定しているように見える記事かもしれませんが我が家のバーチカルブラインドやプリーツスクリーン・カーテンレールは全て立川ブラインド工業の製品です。決して立川ブランド工業の事が嫌いとかではなく、純粋にハニカムスクリーンについて調べた結果の私個人の意見と思って頂きたいと思います。

ハニカムスクリーンは別記事にもしているので参考にして下さい。

一条工務店じゃなくてもハニカムシェードは取付出来る!

また、ブラインド関連についての記事はこちらを参考にして下さい。

和室におススメなプリーツスクリーン!

バーチカルブラインドの選び方とメリットデメリットを解説!カーテンとバーチカルブラインドはどっちがいい?

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です