おしゃれな黒色のカーポート!汚れなどのデメリットって実際どうなの?

黒色のカーポートはおしゃれで人気も高いです。

あゆ

でも汚れが目立ちそう…

そう思っている人多いよね!

他にもデメリットはないかな?黒色のカーポートって後悔するかな?

と感じている人は多いです。

そこで本記事では黒色のカーポートを買って後悔しないのか

エクステリア商材を扱うプロの目から解説していきます。

この記事の具体的な内容
  • 黒色カーポートにはどんなデメリットがあるのか
  • デメリットに対策はないのか
  • 黒色カーポートを失敗しないためにはどんなポイントがあるのか

こんな疑問を解決する記事となっています。

本記事を読めば、黒色カーポートを買うかどうか決めるのに十分な情報を得ることができます。

目次
この記事の筆者 あゆ‐ゆた

住宅や病院などの施設関係の建設業(大工工事全般)に携わる経歴を持つ。現在は、住宅や欠かせない建材メーカーに勤務。エクステリア商材の扱いも有。年間で200軒以上の図面を見て積算も行う。インスタグラムも運営中(フォロワー数3.2万人)家を建てる方へ、業界人しか知らない情報等を発信中。詳しいプロフィールはこちら

黒色のカーポートのデメリットって何?

あゆ

黒色のカーポートのデメリットってなに?

黒色カーポートのデメリットを解説するよ!

黒色のカーポートのデメリットとは?
  1. 汚れが目立つ
  2. 夏は暑い
  3. 傷が目立つ
  4. 夜は見にくい

気になる場所へタップして移動出来ます

汚れが目立つ

黒色のカーポートは汚れが目立ちます。

あゆ

やっぱり目立つんだね…

シルバー系と比べたらやっぱり目立つね!

黒色は汚れの色と反対の色(砂ぼこりなど白系の色)のため、目に付きやすいからです。

特に汚れが目立つ
  • 黄砂の含まれた雨が降る
  • PM2.5 の含まれた雨が降る
  • 雪が降る

なるべく汚れを目立たなくする方法もあるよ!

カーポートで一番汚れが目立つのは屋根のパネルの部分です。

屋根の色を明るめにすると汚れはそれほど目立たなくなります。

夏は暑い

黒は特に熱を吸収しやすいため、黒色カーポートは夏は暑いです。

元々、商品がアルミ製だから熱は持ちやすいよ!

実際はどの色のカーポートでも夏は暑く感じます。

黒色のカーポートを少しでも暑くならないための対策は以下の通りです。

屋根材に遮熱性の高いものを使用することにより、カーポートの下の温度を低くすることができます。

傷が目立つ

黒色のカーポートは傷が目立ちます。

黒色にキズが付くと白いキズが浮かぶからね!

小さな傷であれば気にしなくてもいいかもしれませんが、車をぶつけるなど大きな傷がつく場合は気になってしまいます。

大きな傷でなければ補修が可能です。カーポートを施工した業者やハウスメーカーに補修が可能かどうか相談してみましょう。

夜に見にくい

夜になると真っ暗になるため、黒色のカーポートは見えにくいです。

夜に注意すること
  • 夜の駐車のとき
  • 夜の出庫のとき
  • 夜の車のドアの開閉のとき

暗くなるため注意しないと車もカーポートも傷つきます。

カーポートに照明を設置するようにしましょう。人感センサー付きのものであれば自動でON/OFFになるため便利です。

黒色のカーポートのメリットは?

あゆ

黒色のカーポートのメリットはなに?

メリットを紹介していくよ!

黒色のカーポートのメリットとは?

おしゃれ

黒色のカーポートはとてもおしゃれです。

おしゃれな外構にしたい場合は黒色はおすすめだよ!

黒色がおしゃれな雰囲気がある理由
  • 洗練されたイメージ
  • 高級感があるように見える
  • モダンな感じ
  • 落ち着いた大人の雰囲気

黒=おしゃれのイメージがありますよね

他の色を際立たせる

黒は無彩色(白、灰色、黒)であるため、有彩色(赤、青、黄色、緑、紫など)を際立たせてくれます。

外構工事で黒色がよく選ばれるもの
  • カーポート
  • フェンス
  • 家の外壁
  • 家の屋根
  • 門扉

これらの製品を黒にすることで高級感が出ます

これらの場所のどれかを黒で統一し、以下の部分を明るい色にして際立たせることができます。

明るい色にした方がいいもの
  • 玄関ドア、表札、ポスト
  • アプローチ
  • 自家用車
  • 表札、ポスト、玄関周り
  • 緑の植栽や芝生
  • 木目調のエクステリア

カーポートを黒にすると、これらが際立てることが出来ます。

黒のカーポートは駐車場の土間コンクリートや境界のコンクリートブロックのグレーと相性がいいです。

光があたってもまぶしくない

シルバー系やホワイト系にすると、太陽光を反射してとてもまぶしくなります。

あゆ

夏場になると不快に感じてしまうかも…

黒色はそんなことはないよね!

黒色は光を吸収するため、カーポートは日中の太陽の光があたってもまぶしさが軽減されます。

黒ずみなどの汚れが目立たない

カーポートは何十年も使っていると、いろんな汚れが付着していきます。

黒ずみなどの汚れの場合、黒色のカーポートは汚れが目立ちにくいです。

黒ずみの汚れが付きやすいエリアに住む場合は、黒のカーポートを採用しましょう。

黒ずみの汚れが付きやすいエリア
  • 都市部
  • 工業地帯
  • 車通りが多く排気ガスの多い場所

これらのエリアは黒色のカーポートが良いです。

黒色のカーポートでおすすめの商品は?

あゆ

黒色のカーポートのおすすめ商品を教えて!

代表的なエクステリアメーカー別に紹介するよ!

スクロールできます
商品名カーポートSCフーゴFエフルージュFIRSTアリュースZスカイリードセルフィ
メーカー名LIXILLIXILYKKAPYKKAP三協アルミ三協アルミ
耐風圧強度42m/s
(46m/sも有)
42m/s42m/s42m/s38m/s
(42m/sも有)
 38m/s
(42m/sも有)
耐積雪強度20㎝
(30㎝も有)
20cm
(30・50㎝も有)
20㎝25㎝20㎝
(30㎝も有)
20㎝
デザイン良い良い良い良い良い良い
価格
一台用
約320,000円約160,000円約190,000円約150,000円約180,000円約15,0000円
各製品の比較

LIXIL:カーポートSC

画像引用:LIXIL HPより

見れば分かると思いますが…個人的におすすめNO.1の商品です。

とにかく、見た目がオシャレでスタイリッシュです。

「住宅に美しく調和するカーポート」というコンセプトで開発されています。

屋根材もアルミ素材のため太陽光をさえぎり、汚れも目立ちません。

LIXIL:フーゴ 

画像引用:LIXIL HPより

コンセプトは「よりわかりやすく、よりえらびやすく」というものです。

コンセプトのとおりさまざまなバリエーションが用意されている人気の商品です。

対風圧強度「42m/相当」を標準としており 耐積雪強度は「50㎝相当」 まで対応可能です。

YKKAP:エフルージュFIRST

画像引用:YKKAP HPより

柱や梁など強度が重要な部分に高強度T6アルミニウム合金が使用されています。

フラットな屋根のデザインのため、屋根を斜めにカットすることができ、特殊な場所にもカーポートを取り付けることが可能です。

YKKAP:アリュースZ

画像引用:YKKAP HPより

屋根材がアールデザインのカーポートです。

耐風性能「42m/s」耐積雪性能は「25㎝」と安心の強度となっています。

柱や梁など強度が重要な部分に高強度T6アルミニウム合金が使用されています。

三協アルミ:スカイリード

画像引用:三協アルミ HPより

屋根の部分に中桟がない構造のカーポートです。

太陽光をより多く取り入れることができるため 家の窓際に設置しても室内を比較的明るく保てます。

三協アルミ:セルフィ

画像引用 三協アルミ HPより

フラットなデザインの屋根のカーポートです。

屋根の間口(幅)が3.3mのワイドタイプと

屋根の間口(幅)が2.4、奥行きが4.3mのコンパクトタイプがあります。

ワイドタイプは雨の日などに便利で、コンパクトタイプは狭い敷地にも設置することができます。

黒色のカーポートを失敗しないためには?

あゆ

黒色のカーポートで失敗しないためにはどうすればいいの?

失敗しないためのポイントを紹介するよ

黒色カーポートを失敗しないためには

デメリットを許容できるか検討する

黒色のカーポートにはいくつかのデメリットがあります。

黒色カーポートで失敗しないためには、黒色であることのデメリットを理解した上で

採用するかどうかを考えることが大事です。

デメリット
デメリットの対策
  1. 汚れが目立つ
  2. 夏は暑い
  3. 傷が目立つ
  4. 夜は見にくい
  1. 汚れの目立つ屋根を明るめの色
  2. 遮熱性の高い屋根材を使用する
  3. 大きな傷は施工業者に相談
  4. 人感センサー付ライトを設置

エクステリアや家のデザインと合わせる

黒色のカーポートが悪目立ちしてしまわないように、他のエクステリアや家のデザインと合わせるようにしましょう。

黒にすると統一感が出ておしゃれになるエクステリア
  • フェンス
  • 門扉
  • 家の外壁
  • 家の屋根

すべてを黒にしてしまうと重い印象になってしまうため注意

事前にシュミレーションする

黒色のカーポートが本当にマッチするか、事前にしっかりシュミレーションしておきましょう。

外構業者に完成予想図を見せてもらって、しっかりイメージしておくと良いでしょう。

新築など建築途中であれば、実際に現地に行って確認することも大事です。

カーポートだけではありませんが、事前のシミュレーションをきちんとしておかないと

完成後にイメージと違っていたと後悔することになりかねません。

逆に事前のシュミレーションをおこなっていれば失敗を避けられます。

黒色のカーポートを安く設置するためには?

あゆ

黒色のカーポートを安く設置する方法ってあるの?

安く設置する方法を解説するよ!

黒色カーポートをを安くする方法は?

ハウスメーカー・工務店に依頼する

ハウスメーカー・工務店へカーポートの工事を依頼できます。

しかし、カーポートを設置する工事は、建物ではなく、外構工事として工事されるケースが多いです。

そのため、ハウスメーカーに依頼すると費用は比較的高くなります。

あゆ

どうしてハウスメーカーは高くなるの?

ハウスメーカーは施工を下請け(外構工事業者)に依頼するからだよ!

ハウスメーカーも外構工事業者へ依頼を行うのであれば

直接、外構工事業者に依頼した方が安く設置してもらえます。

外構工事業者へ直接依頼する

やはり、専門の業者に依頼する事が一番安心出来ます。

カーポートは、比較的難しい工事ではありません。

しかし、ある程度慣れた職人さんの方が安心です。

慣れた職人の方が工事も早いし安心だよ!

慣れた職人の方が丁寧な工事をやってくれますし、尚且つ費用が安いのであれば、プロに依頼することが一番です。

外構工事業者を探す場合はこちらを参考にして下さい。

まとめ:黒色のカーポートって選択してもいいの?

結論的には、黒色のカーポートは採用して良いです。

勿論、デメリットもありますがその分、おしゃれであるなどメリットも多くあります。

デメリットよりも多くのメリットを感じ、何よりかっこいい黒色のカーポートを採用したいのであれば

採用すべきです。

では本記事のまとめです。

まとめ:黒色のカーポートって採用していいの?
  1. 汚れなどのデメリットはあるが対策が可能
  2. おしゃれで洗練されたイメージをもたらすというメリットがある
  3. 失敗しないために事前によくシュミレーションすることが大切
好きなら採用だね!

インスタグラムもやってます。

よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ戻る
目次
閉じる