パナソニック製エコキュート【JPシリーズ】その使い勝手と口コミ・評判は?

この記事のまとめ

パナソニックエコキュートの【JPシリーズ】は最高級機種となっており

多くの機能がついたエコキュートとなっています。

実際にどのような機能があるのか、他のエコキュートと比べて何が違うのかを

解説していきます。

多くのメーカーから発売されているエコキュート。

パナソニックの【JPシリーズ】ってどんな商品なの?

選んでも間違いない?失敗しない??

他の製品と比べてどう?って気になりますよね。

安心して下さい。

【JPシリーズ】は本当に良い商品ですので安心して購入しても問題ない事を

じっくり解説していきます。

\ エコキュートを交換・購入を考えているなら /

/見積は無料\

目次

JPシリーズの大きさや年間給湯保温効率

JPシリーズの基本スペックについて解説します。

JPシリーズの特徴はコンパクト&省エネルギーです。

まずはJPシリーズの基本スペック一覧を、確認していきましょう。

項目スペック
貯湯タンクサイズ370Lタイプ:幅600×奥行680×高さ1810㎜
460Lタイプ:幅600×奥行680×高さ2170㎜ 
年間給湯保温効率4.0
(370L・ぬくもりチャージ使用時)
シャワー水圧280kPa
希望小売価格370Lタイプ:   932,000円
460Lタイプ:1,014,000円

貯湯タンクサイズ

JPシリーズのタンク寸法は業界最小サイズとなっています。

三菱電機製エコキュートと比べると貯湯タンクが幅3cm・奥行8cm小さいです。

あゆのアイコン画像あゆ

あまりサイズが変わらないようだけど…

ゆたのアイコン画像ゆた

わずかな差に感じるかもしれないけど、そのわずかが大事なんだよ!

エコキュートは家の裏側の狭い通路に設置されることも多いので、少しでも小さいことがメリットになります。

年間給湯保温効率

JPシリーズの年間給湯保温効率は、4.0で業界トップクラスです。

あゆのアイコン画像あゆ

年間給湯保温効率って何?

ゆたのアイコン画像ゆた

年間給湯保温効率とは、エコキュートの省エネ性を表す数値の事だよ!

数字が大きいほど、省エネ性が高くなります。

省エネ性の秘密は、パナソニック独自の「真空断熱材」です。

冷蔵庫などにも使われている断熱材で、薄く・高性能にできるのが特徴です。

ゆたのアイコン画像ゆた

JPシリーズは、この断熱材を2重巻きすることで
小型化と省エネを両立しているよ!

シャワー水圧

JPシリーズのシャワー水圧は280kPaの「パワフル高圧タイプ」となっています。

通常圧タイプは190kPaなので、約1.5倍の水圧です。

あゆのアイコン画像あゆ

1.5倍あれば問題なさそう!

ゆたのアイコン画像ゆた

エコキュートの水圧はよく弱いと言われているからね!

弱いエコキュートの水圧でも、JPシリーズであれば3Fへの給湯も問題ありません。

希望小売価格

JPシリーズはパナソニック製エコキュートの中では、最も高級な価格帯です。

他社製の高級機種と比べると中間ぐらいの価格帯で大差はありません。

メーカー370Lの場合460Lの場青
パナソニック JPシリーズ932,000円1,014,000円
ダイキン VFVシリーズ830,000円925,000円
東芝 プレミアムシリーズ943,000円1,018,000円
三菱電機 Pシリーズ995,000円1,065,000円
日立 VFシリーズ995,000円1,075,000円
価格は定価価格

各メーカーで仕入れ値が変わるので、あくまでも参考にしてくだい。

JPシリーズの他社製品との違いは?

あゆのアイコン画像あゆ

JPシリーズって他の製品と比べて何が違うの??

ゆたのアイコン画像ゆた

他のメーカーとの違いを説明していくよ!

JPシリーズでは特に、省エネ機能とスマホ連携に強みがあります。

JPシリーズと他社との違い
  1. 省エネ性能
  2. スマホ連動

気になる場所へタップして移動出来ます。

省エネ機能

JPシリーズの特徴はなんと言っても省エネ機能が他社製品と違うところです。

ゆたのアイコン画像ゆた

具体的に、省エネ機能で異なる所はエコナビと温浴セレクトだよ!

エコナビ

冷蔵庫やエアコンでおなじみの「エコナビ」がエコキュートにもついています。

あゆのアイコン画像あゆ

エコナビってどんな機能なの?

ゆたのアイコン画像ゆた

浴室内に人がいるかを検知して、ふろ保温に掛かるエネルギーを減らすんだよ!

エコナビ効果で、ふろ保温のエネルギーを約35%削減できます。

あゆのアイコン画像あゆ

35%は大きいね!

先ほどの年間給湯保温効率にエコナビ効果は含まれていない為、

カタログ値以上に、JPシリーズは省エネ性が高いです。

温浴セレクト

あゆのアイコン画像あゆ

温浴セレクトってどんな機能?

ゆたのアイコン画像ゆた

好みに合わせてお湯の温度を調整できる機能だよ!

ここでポイントなのが、お湯の温度を下げる際に水を使わないことです。

一般的には、温度を下げる際は水で薄めますが

ぬくもりチャージは、貯湯タンクの冷水の部分と温度交換します。

今までは【「さし水」機能や蛇口から水を足す】●「なりゆき」の湯温にしかならない●おふろの湯温にムラが生じる 「温浴セレクト」機能なら【水を足さなくてもOK!】●お好みの湯温にぴったり設定!●湯温のムラが生じにくい! 約10L/回の節水にもつながります!
引用:パナソニック HPより

その結果、水は使わない+余分なエネルギーを貯湯タンクに戻せる

というメリットがあります。

あゆのアイコン画像あゆ

節水になる部分が良いポイントだね!

スマホ連携

今や多くの家電がスマホに連動出来ますが、エコキュートも連動できるんです。

あゆのアイコン画像あゆ

エコキュートもスマホ連動が出来るんだ!すごい!

ゆたのアイコン画像ゆた

スマホ連動で何が出来るか解説していくよ!

専用アプリ スマホでおふろ

アプリをダウンロードすることで、リモコンなしで操作が可能になりました。

あゆのアイコン画像あゆ

リモコンなしはすごいよね!

これは家の中はもちろん、Wi-Fiを繋ぐことで家の外からでも操作が可能です。

ゆたのアイコン画像ゆた

しかも家の外から操作が出来る事がすごいよね!

例えば外出先からお湯はりをスタートして、帰宅時すぐにお風呂に入ることもできます。

おひさまソーラーチャージ

おひさまソーラーチャージは太陽光発電がついている家庭向けの機能です。

深夜電力ではなく、昼の発電で余った電気を使って

エコキュートの湯沸かしをする方法です。

ゆたのアイコン画像ゆた

アプリが天気予報をチェックして夜間と昼間に分散するってすごいよね!

あゆのアイコン画像あゆ

す、すごい…

発電した電気を無駄にすることなく、地球にも優しい機能です。

通常は晴れの日をめがけて、手動で深夜電力とソーラーチャージを切り替えます。

しかし、JPシリーズの大きな特徴は、スマホが自動で判断してくれるところです。

あゆのアイコン画像あゆ

使う人が何もする必要がない部分がすごいよね!

翌日の天気予報のデータを元にスマホが勝手に判断するので、

使う人は設定した後、何も気にする必要がありません。

手動や、他に特別な機器を付けて対応しているメーカーは多くありますが、

スマホだけで自動設定できるのはパナソニックだけです。

JPシリーズの口コミは?

実際にエコキュートJPシリーズを使っている人の意見を独自で募集してみたので紹介していきます。

是非、採用する時の参考にして下さい。

良い口コミ

同時に使っても水圧が低くならないところが良い!主人がお風呂に入っている間に洗い物をしても文句言われなくなりました。しかも水圧が高くなっても水道代が高くなると思っていましたが水道代も変りませんでした。

スマホと連動させた「ふろ自動」と「追いだき」もとても便利です。我が家は共働きで、いつも子供を夕食の前にお風呂に入れてしまうので、出先からためられるのは本当に助かります。
また気温が下がる冬は帰宅してすぐにお風呂に入りたいのでこの機能を頻繁に使っています。

エコナビには節約回数が確認できたり、使用量やチャージ量などが目に見えるので節約感を感じれるのが良いが、設置から数年経過すると回数や量などはあまり気にしてはいないのが現状です。

パナソニックのエコキュートJPシリーズの良いと思ったところはなんといっても
自然のエネルギーを使うことで電気代の節約になるところが良いと思いました。
他にもリモコンがシンプルで見やすい点が良いですね!

悪い口コミ

JPシリーズのエコキュートを導入するための費用が高いと感じた点はデメリットです。
そのため最初はいくら毎月の電気代の節約になっても設置費用が高いなら設置を見送ろうかと思ったくらいでした。

自動配管洗浄機能ですが、自動なので何の前ぶれもなくいきなり「ゴボゴボっジャーっ」と結構な音がして購入当初は洗面所付近にいると驚いていました。もう少し静かに洗浄できないものか?と感じていますので
そこが悪い点となります。

\ エコキュートを交換・購入を考えているなら /

/見積は無料\

JPシリーズのよくある質問

ここではJPシリーズについてよくある質問にお答えします。

パナソニック製JシリーズとJPシリーズの違いは?

JPシリーズとJシリーズの違いは「省エネ性能」です。

基本的な機能はほとんど変わりませんが、年間給湯保温効率のみ変わります。

その秘密は貯湯タンクの断熱材にあります。Jシリーズは断熱材を一巻きしているだけですが、
JPシリーズは二重に巻いています。

これにより、タンクのお湯が冷めづらくなり、年間給湯保温効率が上がるのです。

\ エコキュートを交換・購入を考えているなら /

/見積は無料\

まとめ:エコキュート【JPシリーズ】その使い勝手と口コミ・評判は?

本記事はパナソニック製JPシリーズについて、解説しました。

はっきり言えば、さすがJPシリーズと言える商品で

価格が高い分、機能も申し分ないといった感じですね!

それでは今回の記事のまとめです。

【JPシリーズ】その使い勝手と口コミ・評判は?
  1. ダブルの真空断熱材とエコナビで業界トップクラスの省エネ性
  2. 専用アプリを使うことで、外出先などでの操作も便利に
  3. 太陽光を使った湯沸かしを、スマホ一つで天気予報と自動連携
  4. 口コミではリモコンの視認性も高評価
  5. パナソニック製Jシリーズとの違いは貯湯タンクの断熱材の量
JPシリーズは購入しても問題なし!

最後まで読んで頂き有難うございます。

\ エコキュートを交換・購入を考えているなら /

/見積は無料\

エコキュートの選び方を確認したい人はこちらの記事もチェック

Instagramもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる