洗面所は2階にもあった方がいい!2階にも水栓は必要です!

我が家の後悔ポイントでも紹介しましたが、2階に手洗いは付けた方が良いと思います。
何故付けた方が良いのか・・・それは、1階から2階への階段の移動が面倒だからです。折角の注文住宅であれば、そういった面倒な動作を少しでも減らす事が出来ます。
むしろ、2階に手洗いがある事で、面倒がなくなるのではなく、生活が楽になるといった方が分かりやすしかもしれません。

では実際に2Fで水が使える事の何が良いのかを紹介したいと思います。

2階で水が使用できるメリットとは

寝室や子供部屋に加湿器を使用する際、階段の昇り降りがない

私の一番の後悔ポイントと言っても過言ではありません。冬に近づくにつれ加湿器を使用し始めるとすぐに思ってしまいます。
特に加湿器に水を入れて昇り降りをしていると、水をこぼす心配をしなければいけません。
また、寝る直前に加湿器を付けようと思っても、実際水が入ってなかったとなると・・・もう今日はいいかと諦めてしまう事も正直あります。本来は良くないとは思いますが、いちいち1階へ降りて水をとなると、正直面倒です。

寝る前に寝室でちょっとした飲み物を飲んだ時でも、簡単なすすぎや、2階での歯磨きやうがいなども出来ます。

朝の身支度を2ケ所で可能

我が家は、4人家族で、子供は姉妹です。今は小さいから問題はありませんが、将来朝からの準備などで洗面化粧台の使用が被る事は容易に想像出来ます。しかし、2ケ所あれば、1ケ所よりも改善されますよね?最悪半分、半分で使用とかを行う事も出来るので、家族に女子が多いのであれば、洗面化粧台は2階にもあった方が良いと思います。

2階での水を使用した掃除が容易

掃除機を使っての掃除であれば、大きく問題はありませんが、窓や床を拭き掃除する時など水が必要になります。その水もバケツに水を入れて、2階へ上る事って大変ですよね・・・。かといって、バケツを使用しないで、雑巾を洗うために毎回毎回1階と2階を往復・・・大変です。

他にも、布団をバルコニーの笠木に干すケースも多いと思いますが、我が家だけでなく、他の家庭も汚れているはずです。まぁ、外ですから砂埃などで汚れるのはしょうがない事ですが、どうしても水が必要になります。

また、2階のちょっとした外壁の汚れや軒天の汚れなんかでも我が家の場合、高圧洗浄機を使用するケースもあります。
その時も同じで、2階に水が出る場所がなければ、ホースが長い物を使用したり、同じようにバケツに水を入れるなどの行わなければいけません。

やはり掃除の面を考慮すると、やはり2階で水が出る事は非常に大事だと思います。



では水が出るようにするためには?

洗面化粧台をもう一つ2階につける

一番良いやり方です。先ほども言いましたが、洗面化粧台が2階にもう一つある事は、朝の準備が2か所で出来ますので、メリットとしても大きいです。また、トイレと近くに配置する事で、トイレの後の手洗いにも使用が出来ます。お店のトイレと同じように使用出来る点で考えればイメージしやすいですよね。

この方法の一番のデメリットは費用が掛かるという事です。洗面化粧台だけであれば、それほど価格は掛からないかもしれません。しかし、その独立した洗面化粧台を設置するスペースなどを考えると、元々広い家であれば考える必要がありませんが、スペースを捻出しなければならいないなどがあれば、その分費用は高く付きます。

流石に2階の廊下に洗面化粧台がポツンとあるわけにはいかないですよね・・・。ある程度、洗面室などが必要になりますし、そうなると扉の費用などを増えて行きます・・・。予算があれば良いですが、少しでも安くしたい、今の金額よりも安くしたいと思っているのであれば、2階に洗面化粧台を設ける事は厳しいと思います。

トイレの中に手洗いをつける

通常、タンクレストイレの場合は、手洗いが付いていないため、新たに手洗い器を設ける必要がありますが、タンク付きの場合は、手洗いが付いているため、トイレに新たに手洗い器を付ける必要がありません。

しかし、手洗い器だけであれば、大きな金額になりませんし、トイレの中に手洗いをつけるので、新たに大きなスペースが必要になるわけではありません。

2階で水を使えるようにする場合、トイレの中に手洗いを設けるという方法もあります。
トイレの中に手洗いを設ける事でトイレの後に手を洗うだけでなく、2階で水が必要になった場合も手洗いから水が使えるようになるんですね。
トイレ用の手洗いは省スペースの物が多いので広い場所がなくても設置できますし、比較的安価な物が多いのでそれほど予算を掛けずに設置する事ができます。

しかし、トイレの中の手洗い器は、大きいサイズの手洗い器ではありません。あくまでもトイレで用を足した後の手を洗うための商品のため、多くの水を使うとなると少し厳しいです。

経験あると思いますが、小さい洗面器で大量の水を出せば、水が飛び散り床が結構濡れた経験はありませんか?
加湿器ぐらいの水を入れるぐらいであれば問題はないと思います。
私は、まだ新築を計画中に時を戻せるのであれば、必ずトイレに手洗い器を追加します。例えタンク付きのトイレであっても、手洗い器をつけても問題はありません。

ベルコニーやベランダに水栓を取付

1階の外部に立ち水栓をほとんどの家につけてあると思います。立ち水栓はホームなどで繋ぐ事で、庭に植えている花や木などに水を撒く事も出来ますし、例えばバーベキューを庭で行った時の洗い物なども簡単に可能です。

それを2階のベランダやバルコニーに設置する事が出来ます。
先程の話ではありませんが、ベランダやバルコニーの笠木部分に布団を干す機会は多いでしょう。その時にもわざわざ1階に下りて雑巾を・・・といった行動を取る必要がなく、2階で雑巾さえあれば問題ありません。
価格に関しても、水栓を付けるたけですので、2階に手洗い器や洗面化粧台を設けるより価格は安く出来ます。

デメリットは、外に出なくてはいけないという事です。何度も加湿器の話を出して申し訳ないですが、寝室でもう寝るだけって時に、寒い冬、窓を開けて水を入れる・・・個人的にはしたくないかなって点がデメリットだと思います。

まとめ

私の後悔ポイントである加湿器に水を入れるためには、毎回1階の洗面所へ水を入れに行かなければいけないといった点は、計画段階では解決できる事です。出来ればそういった事を想定出来る点を工務店の方から提案を貰いたかったとも思いますが、こればっかりは仕方ありません。

でも、この記事を読んでいる方は、未だ間に合う人が多いのではないでしょうか?

2階に洗面化粧台・トイレの中の手洗い器・バルコニーやベランダに水栓を設けるなどで解決出来ます。
予算があれば、必ず2階に水が使えるように検討するべきだと思います。

※あくまでも個人的な感想と想いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です