【新築一戸建て】火災保険の上手な選び方と安くする3つの方法とは!?地震保険・家財保険はどうする…?

この記事の内容

✔︎新築一戸建てにおける火災保険って相場はいくら?
✔︎新築一戸建ての火災保険の選び方
✔︎新築一戸建ての地震保険・家財保険ってどうしてる?
✔︎新築一戸建ての火災保険を安くする方法は?

こういった内容を解説します。

新築一戸建ての火災保険の選び方や火災保険を安くする方法

注意点・地震保険や家財保険などの種類について詳しく解説していきます。

あゆ
火災保険って絶対入らないといけないのかな・・・?
ゆた
住宅ローンを組んで家を建てるのであれば、火災保険は必須だよ!
あゆ
火災保険ってどのくらいかかるの?もう新築一戸建てに沢山お金を使っちゃったから保険料は安くならないのかな?
ゆた
火災保険の価格や失敗しない選び方をしっかり解説するよ!

この記事を読めば、すっかりあなたも火災保険のスペシャリストです。

参考にして下さい。

火災保険を決めるポイント

火災保険を決めるポイントは以下の通りです

1.保険料が安い

火災保険に限りませんが、保険というのは払っているからと言って必ず恩恵を受けるわけではありません。

私たちは【安心】を保険で買っているわけです。

仮に火災が起きたときは補償の範囲で恩恵を受けますが

何もなければ対価としては何もありません。

そのため可能な限り安い方がいいと思いませんか?

また、火災保険は長期間に渡って払うことになります。
※厳密に言えば、10年分の保険料を一括で払います。

補償内容は同じでも価格が異なります。

複数の保険会社を比較することで安い保険会社が必ず見つかります。

2.補償内容は選択可能

例えばあなたが住む一戸建てが川も海も近くになく

大雨が降っても洪水など発生する可能性がほぼゼロの場合

床下浸水する可能性はありません。

そういった場合は水災の補償は削っても問題ありません。

住んでいるエリアや土地の条件、家の条件などによって

補償内容を変えていくことで自分にぴったりの保険にすることが出来ます。

しかし、全ての火災保険が選択できるわけではありません。

先ほどの『水災の補償を外したいけど外すことが出来ない』

となれば我が家にとって最適な保険とは言えません。

最適な保険にするには補償内容を選択できることはマストです。

3.本当に火災が起きた時に補償が簡単に下りる

『保険に加入しているのに、保険金が少ししか貰えなかった・・・』

火災保険の補償範囲であってもある一定の条件を満たしていなければ

保険金が貰えないといったケースもあります。

※被害金額が20万以上の場合は保険が下りるといったケースがあり、20万以下の場合は保険が下りないなど

注意したいのは、価格と補償内容だけで比較は大事ですが

保険の支払い条件も大事だということです。

補償も充実・保険料は安い・でも簡単には保険金が下りないでは

意味がありません。

↑目次へ戻る

火災保険を決める注意点とは?

1.火災が発生しても家具・家電は補償されない

火災保険は基本的には建物を補償する保険です。

仮に家事が発生した場合、

●冷蔵庫や洗濯機などの電化製品

●ベッドやソファーなどの家具

●洋服やアクセサリーなどの服飾品

など、生活をする上で欠かすことの出来ない家財道具関係は補償されないという事です。

家財に関しては、家族の人数が増えれば増える程多くなります。そのため家族全員分の家財と考えると

非常に高額な費用となります。

あゆ
火災が起きて全てが使えなくなったら、揃える事は不可能なんじゃ・・・?
ゆた
そんなリスクを対処するために家財保険っていうのがあるんだよ!

家財保険は加入すべき?

あゆ
火災保険と家財保険、両方に入るのは保険料が高くなりそうで・・・
ゆた
勿論、加入すると加入しないで比較すると高くなるよ!
でもしっかり考えて!火災保険は何のために入る?

そう、火災が起きた時に補償してもらうために火災保険に入ります。

火災が起きてしまった時、放水で火を消します。

そうなるとおそらく電化製品などを使用出来なくなります。

また新しく生活する事を考えた場合の費用負担って大きいと思いませんか?

一般的な家財の費用は以下の通りです。

あゆ
思った以上に金額が大きいね・・・
ゆた
だから家財保険は必要なんだよ!火災が起きれば建物の中も新しくする必要があるからね!

火災以外にも水漏れ事故、盗難なども家財保険に入っていれば補償されますので、

家財保険は加入すべきところです。

2.建物が再築できる新価で契約

あゆ
新価で契約?新価って何?
ゆた
保険料は新価が高く時価が安いけど詳しく説明していくよ!

新価(再調達価額)とは

仮に火災が発生した場合に、同じ家が建て直すために必要な価格が欲しいですよね?

それが新価です。

保険料が高くなるデメリットはありますが

火災保険はなぜ入るのか?を考えると、

火災が起きても同じ家(同等の家)に住むための保険だと個人的には思っています。

ゆた
保険料が高くなるのはデメリットだけど火災が起きても同じ家を建て直すことが出来る金額が新価だよ!

時価とは

時価とは、魚屋やお寿司屋で聞くことおあるかもしれませんが

その時々で価格が異なることです。

火災保険における時価も同じで、その時々で価格が異なることを言います。

具体的には新築1年目の家と30年後の家では家の価値は異なります。

新築時では2,500万の価値があっても、30年後には200万になっているかもしれません。

仮に、30年後に火災が発生した場合、支払われる保険金は200万です。

あゆ
やっとローンが終わりそうって時期に火災が発生した場合はもう賃貸の生活になってしまうね・・・
ゆた
だから火災保険は必ず新価で契約することは大事だよ!

3.地震による火災は火災保険では補償されない

地震保険に加入していない場合、地震が原因で発生した火災の場合の損害については補償されません。

実は地震保険に加入している人は決して多くありません。

地震保険の全世帯数に対する平均加入率は 2005 年度末時点で 20.1%、

火災保険の加入者数に対する加入率は 40.3%となっている

引用:世界の自然災害保険から見た日本の地震保険制度 

加入している人が少ないからと言って

自分も入らなくていいというわけではありません。

仮に地震が発生したと想定します。

その際、コンロやストーブが転倒して火災が発生する可能性はゼロではありません。

また停電が発生し、その後

電気が復活したときに通電火災が発生する可能性があります。

電気火災は、電気は通電状態でないと発生することはなく、阪神・淡路大震災のばあのように停電の復旧に伴って電気火災が発生していることから、通電火災ということばも生まれ使われるようになった。

引用:電気火災について

また自分の家は大丈夫でも、隣家が火事になるケースもあります。

隣家が火事になって自分の家に燃え移った場合も

地震が原因であれば火災保険で補償はされません。

地震の際に火災が起きた場合、建物が倒壊しているケースも多く道路の通行ができない可能性は十分にあり得ます。

そのような場合は消防車が到着する時間がかなり遅れ、燃え広がる可能性も高いですし隣家に燃え移る可能性も高いと言えます。

あゆ
火災保険だけでなく、地震保険は入っていた方がいいね・・・
ゆた
地震はいつどこで発生するか分からないからこそリスク回避は大事だね!

↑目次へ戻る

新築一戸建ての火災保険を安くする方法

可能であれば、補償は大きく保険料は少なくしたいと思っていませんか?

ゆた
火災保険を安くするポイントを紹介するよ!

1.契約期間は最長(10年)を選択

一か月払いよりも年払いがお得なように、長期契約(最大10年)を一括払いにすることで保険料の総支払額を抑えることが出来ます。

仮に1年契約と10年契約では約25%程の価格差が発生します。

例を挙げてみます。

火災保険 1年契約と10年契約の価格差

保険金額(火災):建物 2,500万円/家財800万円
契約年数:火災10年間/地震5年間(火災保険の50%)
構造:木造T構造(省令準耐火構造)
住まい:東京都
地震保険割引:耐震等級割引(10%)
建築年数:2019年12月
面積:120.00m2
割引:建築年数割10%
保険対象:火災・落雷・風災・雪災・水災・風災・盗難・破損・地震

契約年数 1年(地震1年)契約年数 10年(地震5年)
保険料63,324円×10年=633,240円393,395円+地震5年170,780=564,175円

1年払いと10年払いの差額は69,065です。

最初に払う金額が大きいですが、住宅ローンで火災保険を払うことが出来る金融機関であれば

必ず10年契約の方を選択しましょう。

2.本当に必要な補償内容を選択

火災保険は実は火災した時だけではなく台風や集中豪雨などの自然災害や

盗難などの日常生活の上で起こりえる事件などにも幅広く補償してくれる優れた保険です。

優れた保険であるがゆえに保険料が高額になってしまいます。

火災保険を選ぶ注意点でも紹介しましたが

補償範囲を選択して自由に組み合わせる事が出来る保険を選択することがマストです。

災害の種類補償されるケース
火災建物が燃えた場合
落雷落雷による出火・電化製品のショートによる火災や電化製品の破損
破裂・爆発ガス等が原因で破裂・爆発
風災台風・竜巻などによる破損(硝子が割れるなど)
雹(ひょう)災雹(ひょう)による破損(屋根が破損・ガラスが割れるなど)
雪災3豪雪による災害(雪の重みで家が潰れるなど)
水災台風やゲリラ豪雨などによる災害(洪水や高潮、土砂崩れが起き、建物や家財に損害を受けたなど)
水漏れ給排水設備の事故が原因で水濡れが生じた場合
衝突3建物外部からの隕石などの飛来、落下、衝突(車が突っ込んでくるなど)
盗難空き巣などが屋内に侵入する際に壊された窓ガラスや錠などの損害
突発的な事故住宅内で起こった突発的な事故(子供が硝子を割る・テレビを壊すなど)

不必要な補償範囲を絞ることで、保険料を安くする事が出来ます。

例えば、車がよく通る大通り沿いに家を建てるのであれば、

外部からの衝突(車やバイクが家に突っ込んでくる)による被害を補償された方がいいと思いませんか??

逆に、川や海が全く近くにないエリアで

少し高台に住んでいれば水災の被害は合わない可能性が高いため

水災の補償を外す事で保険料を安くする事が可能です。

ワンポイントアドバイス

必ず確認して欲しいことは

新しいエリアに住む方は、その場所が安全であるかは分かりませんよね?

いくら周りに海がないから津波の心配はない・山が近くにあるわけではないから土砂崩れの心配もないと

思っていても、知らない土地だと不安です。

必ず国土交通省が開設しているハザードマップを確認しましょう。

※ハザードマップとは、河川の氾濫や洪水の際に、どのような被害が起きるかを予測して地図上に表わしたものです。

3.新築特有の割引・保険会社の独自の割引を利用

火災保険には保険料が安くなる割引制度があります。

割引制度を利用することで保険料を安くする事が出来るので

割引制度を確認しましょう。

割引制度割引の内容
新築割引保険の開始日が建物の新築年月から11か月後の月末までにある住宅に適用。
築浅割引保険の開始日が建物の築年数が10年未満である住宅に適用。
耐火割引外壁の耐火時間が60分以上(T構造耐火性能割引)
45分以上(H構造耐火性能割引)に該当する住宅に適用
オール電化割引エアコン・エコキュート・IHクッキングヒーターなど電気でまかなう住宅の場合に適用。
ホームセキュリティー割引火災、盗難を常時監視するシステムを購入している住宅に適用。
エコ設備割引太陽光などエコ設備を設置している住宅に適用
消火設備割引屋内消火栓・自動火災報知機・スプリンクラー等の消火設備が設置されている住宅に適用。
WEB申し込み割引パソコンや携帯電話で「専用Webサイト」にて申し込んだ場合に適用
ノンスモーカー割引保険対象の住宅に【住んでいる全ての人】が喫煙しない場合に適用。

※全ての保険会社で割引があるわけではありません。各保険会社を確認する必要があります。

4.新築一戸建ての火災保険料の相場と比較を行う

あゆ
新築一戸建ての火災保険の相場っていくらなのかな?
ゆた
実は相場って言っても色々あって価格が大きく異なるんだ!

火災保険は、構造や大きさなどで価格の変動があるので

相場といっても不透明な金額にしかなりません。

そのため、次項で説明する一括見積を行うことで実際にかかる火災保険の費用が把握できます。

 1住宅当たり延べ面積について,1993 年以降の推移をみると,一戸建は 2013 年までは増
加が続いていたが,2018 年は 126.63 ㎡と,2013 年と比べ,2.00 ㎡減となっている

引用:「平成30年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)

単純に延床面積を126.63㎡での相場を考えてみます。

5.火災保険を一括見積を行い比較・検討が必須

あゆ
どうして多くの会社から見積一括見積を取ることが火災保険を安くする方法なの?
ゆた
同じ補償内容でも各保険会社によって割引やサービスが異なるため価格が異なるからだよ!

仮に、自分の家はガスを使わない、オール電化だとします。

オール電化の割引がある保険会社とない会社では保険料は違うことはわかりますよね??

そう言った自分の家に合う割引サービスを使う事で保険料金は変わってきます。

各保険会社で割引サービスが違うという事は

自分の家に合っている会社、合ってない会社があるというの

火災保険の見積り一括サービスは

1つの入力で多くの保険会社の見積りを貰える事です。

各保険会社のホームページから、家の情報を毎回毎回入力するのは

はっきりいって面倒です。

あゆ
一括サービスを利用する事で面倒な作業が1回で済むのはいいよね!
ゆた
効率を考えると一括サービスを利用すべきだね!

おすすめの保険会社を徹底比較!あなたに合う火災保険会社はどれ?

↑目次へ戻る

火災保険についてのよくある質問

火災保険についてよくあるQ &Aをまとめましたので気になる部分があればタップして読んでください!

Q.火災保険はいつ入ればいい?最適なタイミングはあるの?

A.火災保険に入らなければいけないタイミングはズバリ引き渡しの日です!

引き渡し前は、もし火災が起きた場合工務店やハウスメーカーの責任になります、

しかし、引き渡し後は全て自分たちのせいになります。

引き渡し日に仮に火災が起きたとしても誰も補償してくれません。

火災保険は、基本的に申込を行えばすぐ開始されますが、

費用が決して安い保険ではありません。

ギリギリな場合、比較検討が出来ないため、高い保険料を支払う事になりかねません。

比較、検討を行いながら決定したいと考えるのであれば少なくとも引き渡し前の1ヶ月前には一括見積を行いましょう。

Q.火災保険の見積もりに必要な書類はなに?何を準備すればいいの?

A.火災保険の見積もりに必要な書類はいりません。資料は入りませんが情報は必要になります。

必要な情報は以下の通りです。

1.新築の建物の所在地(住所)

2.新築の建物の延べ床面積

3.新築の建物の構造

4.建物の価格

5.家財の評価額

この5つの情報を正確に知りたい場合は

ハウスメーカーや工務店に聞く事が1番確実です

自分で確認する場合は以下の書類を確認して下さい

1.建築確認申請書

2.不動産売買契約書

3.最終図面

4.工務店、ハウスメーカーのカタログ

5.住宅性能評価書

上記の資料があれば問題ありませんので確認して下さい。

Q.火災保険の一括見積りサービスはどのくらいで見積りが届くの?

A.一括サービスを利用すると電話での確認などの連絡があり、

その後早いところでは、当日や翌日、遅くても10日前後には

見積りがメール、郵送のどちらかで届くようになっています。

メールでの可能性も非常に高いので

迷惑メールのフォルダに入っていないか、ドメイン拒否設定の確認を必ず行ってください。

Q.火災保険の一括見積りサービスは無料で利用出来ますか?

A.一括見積りサービスの利用は無料ですか?

無料で見積りがもらえないのであれば、そこの保険会社との契約は断るべきです。

また、一括見積りサービスを利用したからと言って、見積りを貰った中で必ず契約をしなければならないと言った事はありません。

自分の家の火災保険の価格が知りたいと思うのであれば是非利用するべきです。

Q.火災保険の一括見積りサービスのデメリットってあるの?

A.個人的に感じるデメリットは電話やメールが必ずあるという事です。進捗状況などの確認の電話やメールマガジンなどのメールがある事はデメリットだと感じます。

また、詳しい補償内容が分かりにくいといった点もデメリットの一つです。

各保険会社のHPを見る事である程度は分かりますが、ちゃんと説明をして欲しいと思う人にとってはデメリットと言えるかもしれません。

その反面、メールやサイトの中で選択するだけで見積もりは取れる便利な一括サイトです。

↑目次へ戻る

まとめ:火災保険を上手に選ぶ方法とは?

では、簡単にまとめます。

火災保険を上手選ぶ方法とは

新築一戸建ての火災保険の種類などをあげつつ上手に選ぶ方法を紹介しました。

今回紹介した内容をしっかりと把握することで

失敗しない火災保険に加入することが出来ます。

是非、内容を確認しながら火災保険に加入して頂けると嬉しいです。

まずは、一括見積サービスを利用して価格の目安を知り検討して下さい。

✔︎おすすめの火災保険一括サイト


インズウェブ火災保険一括見積もりサービス

 

おすすめ度 ★★★★★

①最大16社から見積可能
②最短3分の入力
火災保険の一括見積もりサービス


インズウェブ火災保険一括見積もりサービス

 

おすすめ度 ★★★★★

①最大16社から見積可
②98%が満足
火災保険一括見積もり依頼サイト

↑目次へ戻る

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、にほんブログ村を参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です