【住宅展示場の見学】デメリットってあるの?行く前に知っておきたいポイントや注意点も併せて解説

住宅展示場では多くのモデルハウスを無料で見学できます。

あゆ

でも…デメリットもあるよね?

デメリットや注意点もあるよ!

また、行く前に知っておくべき注意点もあります。

住宅展示場について
  • 無料で見学できるのにデメリットや注意点なんてあるの?
  • 住宅展示場に初めて行くから事前に不安を解消しておきたい

という方も多いと思います。

この記事では、住宅展示場について建築業界に15年以上携わる私が以下の内容を解説していきます。

この記事の具体的内容
  • 住宅展示場へ行くことのデメリットは?
  • 住宅展示場へ行く前に知っておきたいポイントは?
  • 住宅展示場へ行く前に知っておきたい注意点は?
  • 住宅展示場についてのよくある質問

本記事を読むことで住宅展示場に行く前の不安を解消できます。

目次
この記事の筆者 あゆ‐ゆた

住宅や病院などの施設関係の建設業(大工工事全般)に携わる経歴を持つ。現在は、住宅や欠かせない建材メーカーに勤務。エクステリア商材の扱いも有。年間で200軒以上の図面を見て積算も行う。インスタグラムも運営中(フォロワー数3.5万人)家を建てる方へ、業界人しか知らない情報等を発信中。詳しいプロフィールはこちら

住宅展示場に行くことのデメリットは?

住宅展示場に行くことには、以下のデメリットがあります。

あゆ

展示場へ行くデメリットって何?

デメリットを解説していくよ!

住宅展示場へ行くことのデメリット

完成後の広さがイメージしづらい

住宅展示場は完成後の広さがイメージしづらいというデメリットがあります。

あゆ

どうしてイメージしにくいの?

普通の家よりも広く、豪華に作られているからだよ!

住宅展示場は多くの来場者がくることを前提としているため、普通の住宅よりも広めに作られているからです。

リビングや廊下などは特に広く作られているので、完成後のイメージがなかなかつかめません。

住宅展示場は多くの来場者向けに設計されていることを理解して、居心地のいい間取りに惑わされないようにしましょう。

見学後に営業電話がしつこくかかってくる

住宅展示場の見学後に、営業の電話が何回もかかってくることがあります。

住宅展示場へ行くと、最初にアンケートを書くことがほとんどです。

アンケートの内容の例
  • 氏名
  • 電話番号
  • 家を建てる時期
  • 年収

こういった内容を書くアンケートがあります。

そのため、見学後には何回も営業の電話がかかってきたり郵便物が届くことも。

住宅展示場では個人情報を記入する必要がありますので、頭に入れておきましょう。

住宅展示場へ行く前に知っておきたいポイントは?

あゆ

展示場へ行く前に知っておいた方がいいことってあるの?

行く前に知っておきたいポイントがあるよ!

住宅展示場へ行く前に知っておきたいポイント

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

展示されているのは高価格の設備や間取り

ほとんどのモデルルームに高価格の設備や間取りが取り入れられています。

標準仕様であると他社との差別化が難しかったり、住宅の見栄えがよくないからです。

キッチンやお風呂などはハイグレードのものが展示されていることが多く、標準仕様の実物は見れないことも。

モデルルームの設備や間取りを取り入れようとすると追加料金がかかり、基本料金を大きく上回る可能性が高いです。

標準仕様なのかオプションなのかを自分で判断するのは難しいので、気になったら必ず担当者に確認をしましょう。

2~3社に絞って見学する

住宅展示場では、2~3社に絞って見学をしましょう。

モデルルームを見学する時間は、アンケートの記入も含めると1社あたり1時間ほどかかります。

その間はずっと歩き回ったり担当者の話を聞いたりするので、意外と疲れることに驚くかもしれません。

最後のモデルルームを回っている頃には、最初の物件がどんな様子だったか思い出せなくなることもあります。

1社の案内だけでも1時間前後はかかるので、住宅展示場では2~3社に絞って見学をしましょう。

住宅展示場へ行く前に知っておきたい注意点は?

住宅展示場へ行く前に、以下の注意点を知っておきましょう。

住宅展示場へ行く前に知っておきたい注意点
  1. 成り行きで契約してはいけない
  2. 子供から目を離さない

気になる場所へタップして移動します

成り行きで契約してはいけない

住宅展示場では、成り行きで契約してはいけません。

あゆ

そんなことってあるの?

ないとは思うけど…舞い上がってってこともあり得る話だよ!

モデルルームは広い間取りやハイグレードな設備によって、とても魅力的に見えます。

その上でトーク力のある営業さんに案内されると、その場で契約したくなる気持ちになるかもしれません。

しかし、ここでの契約は絶対にしないでください。

必ず、他の会社と比較を行ってから良いと思うところと契約することが大切です。

住宅について十分な下調べをしていないと、不要なオプションや必要以上に高価な設備を契約して後悔するかもしれません。

子供から目を離さない

住宅展示場は子供にとっても新鮮な場所で、楽しくて走り回ることもあるでしょう。

あゆ

確かに…喜んで走り回りそう…

それが危険な場合もあるからね!

例えば、階段で落ちたり…壁に頭をぶつけたり…

床や壁を汚したり展示されている商品を壊したりしないように見守ることも大切です。

ご自身がモデルルームに夢中になると子供の行動に注意が向けられなくなります。

住宅展示場では、子供から目を離さないようにしておきましょう。

住宅展示場へ行く前にやっておいた方がいいこと

あゆ

住宅展示場に行く前にやっておいた方がいいことってあるの?

やっておいた方がいいことについて解説するよ!

住宅展示場へ行く前にやっておいた方がいいこと

住宅について聞きたいことを考えておく

住宅展示場に行く前に、住宅について聞きたいことをピックアップしておきましょう。

住宅の構造や設備は専門性が高く、ネットなどの情報収集だけでは理解できないこともあります。

住宅展示場に行く前に聞きたいことをピックアップして、担当者に確認することをおすすめします。

住宅展示場の見学は長いので、聞きたかったことを途中で忘れないようにしましょう。

行く会社をピックアップする

大きな住宅展示場は、展示している会社が10社以上あります。

絶対に1日で全部は見れないからね!

そのため、あらかじめ見ておきたい会社を確認することは非常に大事です。

最後の方に見学する会社は、疲れてどんな会社か分からない…ってことにならないためにも

自分の好きな(好み)会社の見学を最初にするべきです。

ハウスメーカーなどのカタログを事前に入手してから住宅展示場へ行くことで

無駄な営業を受けられないメリットもあります。

カタログ請求に関しては、こちらの詳しくまとめてますので参考にして下さい。

住宅展示場についてのよくある質問

初めて住宅展示場に行くときは分からないことだらけです。

あゆ

ちょっと不安だな…

大丈夫だよ!住宅展示場についてのよくある質問をまとめたよ!

これを読めば、住宅展示場についての疑問がなくなります。

当日に何を聞いたらいい?

住宅展示場では、事前に情報収集をして分からなかったことについて確認しましょう。

例えば、他社とどのような違いがあるのかや、おおまかな費用などです。

案内をしてもらっている時に疑問に感じたことはすぐに聞いて大丈夫です。

聞くことを遠慮して疑問を解消しないままにしていると、自分に合った物件が分からなくなってしまいます。

当日は何(どこ)を見たらいい?

見学の当日は、断熱や構造のコーナーを主にチェックしておきましょう。

住宅の寿命や快適さを決める大切な要素で、ハウスメーカーによって工法が違うためです。

内装や間取りなどは気軽にリフォームできますが、断熱や構造の変更には大掛かりな工事が必要になります。

見学の当日は間取りやインテリアよりも、断熱や構造のコーナーを主にチェックしましょう。

住宅展示場は写真を撮っても大丈夫?

写真は撮っても大丈夫です。

基本的には住宅展示場で写真を撮っても問題ありません。しかし、確認だけはしましょう。

何社もモデルルームを見学していると以前の物件をすぐに忘れてしまうので、写真を撮っておくことをおすすめします。

また、他の見学者の顔が写らないように撮影するなどの配慮も必要です。

アポなし(いきなり)で行っても大丈夫?

住宅展示場はアポなしでも見学できますが、事前予約しておくことをおすすめします。

事前予約をしていると、混雑している時間帯を避けてゆっくりと見学ができるからです。

また、アポなしの場合よりも経験豊富な担当者がつく可能性が高まります。

知識を持つ担当者であれば、利用者のニーズを理解して的確な提案をしてくれることでしょう。

住宅展示場はアポなしの見学もできます。

しかし、事前予約での来場は多くのメリットがあります。

服装はどんな服装?

住宅展示場では動きやすい服装で行くことをおすすめします。

3棟ほどモデルルームを見学することになるので、室内であっても1日に歩く距離は短くありません。

また、階段を上り下りする機会も多いため、スカートを履く場合は膝下まであるものがおすすめです。

住宅展示場では靴を脱いで内覧する場所もあるので、靴下は必ず着用しておきましょう。

クオカードなどのキャンペーン目的でも大丈夫?

クオカードなどのキャンペーン目的で住宅展示場を見学しても、問題はありません。

キャンペーンには、展示場に足を運んでもらってメーカーの存在を知ってもらったり口コミを広げたりといった目的があるからです。

キャンペーンの特典を受けるためには、アンケートへの記入や担当者の案内を受けるなどの条件があります。

虚偽の個人情報を記載したり担当者の案内を断ったりすると特典を受け取れなくなることも。

キャンペーン目的の見学でも問題ありませんが、特典を受ける条件は事前に確認しておきましょう。

見学時間はどのくらい?

住宅展示場の見学にかかる時間は、1棟当たり30分~1時間ほどです。

見学では担当者の話を聞いたりモデルハウスを歩き回ったりするので、心身ともに疲労するものです。

1日あたり3棟ほどが見学できる限界なので、気になる物件から順番に見ていきましょう。

また、土日祝日になると来場者が増えるので、待ち時間が必要になることもあります。

事前予約をすることで当日の混雑状況がある程度は分かるので、気になる展示場があれば確認しておきましょう。

まとめ:住宅展示場を見学するデメリットは? 注意点やポイントを解説

この記事では、住宅展示場を見学するデメリットや注意点、ポイントについて紹介しました。

住宅展示場は無料で見学出来ます。しかし、デメリットもあります。

住宅展示場で有益な時間を過ごすためにも、事前準備をして不安や疑問を解消しておきましょう。

では本日のまとめです。

住宅展示場のデメリットや注意点は?
  1. しつこい営業電話があるかも…
  2. 子供から目を離さないようにしよう
  3. 時間がかかるから2~3社に絞ろう
  4. 事前にカタログ請求して好きな会社を選ぼう
絞って行こう!

カタログ請求サービスについてこちらで解説していますので、参考にして下さい。

インスタグラムもやってます。

よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次