我が家のメイン(1F) タンクレストイレ 

1Fのトイレに関しては、タンクレストイレにしたい希望がありました。我が家のトイレはPanasonic製 アラウーノSⅡを使用しております。当時契約した時のキャンペーンで、通常ではタンクレストイレはオプションになるのですが、アラウーノSⅡが追加料金なしで選択出来た事もあり、アラウーノSⅡを使用しています。。1Fトイレについては、あまり迷わなかったですね。
改めて、アラウーノSⅡの特徴を見て行きましょう。

目次

タンクレストイレとは

タンクレストイレは、洗浄のための水を貯めておくタンク(ロータンク)が無いトイレのことです。ロータンクが無いので、一般的なタンク式のトイレと比べると、トイレ内が狭いと圧迫感を感じる事もありません。タンクレストイレの場合はタンクがないのですっきりとしたデザインとなります。また、タンク部分がないので、掃除を行う面積が少なくて済みます。タンク式のトイレははベンキ後方にくぼみ等がありホコリんどが溜まりやすいですが、タンクレスの場合フラットになっていますので、掃除が簡単です。他にも、タンク式の場合はタンクの水が溜まるまで水を流す事は出来ませんが、タンクレスの場合、水道直結式のため、連続で水を流せます。
しかしデメリットもあります。タンクレストイレには手洗いがついてません。トイレと洗面所が隣接していない場合は、手を洗えないという事が生じます。そのため、トイレ室内に手洗い器をつける必要がありますので、金額が上がります。
他にも、停電時にはリモコンボタンで水が流せませんので、不便になります。全く使えなくなるわけではありませんし、停電も簡単に起きる事もないので、大丈夫かとは思います。

 

各メーカーの種類と簡単な違い

TOTO ネオレストの特徴

タンクレストイレの中では、高価格な商品です。その分高機能・高級な商品になります。まずは、節水効果が従来品と比べて、年間約15,000円もお得になるとの事。
また、ネオレストは除菌水という機能があります。除菌成分のある水により汚れの付着を防ぎます。
他にも渦を巻くような水流によるトルネード洗浄で少ない水を効率よく使用しベンキの汚れを洗い流します

LIXIL サティス

サティスはタンクレストイレの中でも最小のデザインと言われてます。またお掃除リフトアップ機能により、ホコリが溜まりやすい便器と便器の隙間部分が上がるため雑巾を持った手が簡単に入ります。
他にも特徴として、まる洗い洗浄は、フチの裏側まで洗浄水がぐるりと回りこみ、便器内をすみずみまで洗い流します。
もう一つの特徴、LIXILのトイレの魅力の一つが、「選べるリモコン」です。
よく見かけるタイプのリモコンも選べますが、こだわりたい家ならおしゃれな「インテリアリモコン」を選択したくなるのではないでしょうか。

Panasonic アラウーノ

アラウーノの最大の特徴は陶器製ではなく、有機ガラス系素材で便器を作製しており割れやヒビ、キズのも強い素材です。また、自在にデザイン出来るため、掃除しやすいデザインにしています。
他にも、トリプル汚れガードはトイレの使用中の汚れを防止する機能があります。
泡のクッションを作りトビハネヨゴレを抑えたり、フチにあたっても立ち上がりがあるため外に垂れ出るのを防ぐ事も出来、便座と便器の巧みな合わせ技で漏れ出すのを抑えます。このトリプル汚れガードで、汚れを抑える事が可能です。
また、台所用洗剤をセットして水を流すたびに、ミリバブルとマイクロバブルの2種の泡で便器内を洗浄する「激落ちバブル」がきちんとお掃除してくれます。幼いお子さんによるリモコン誤操作を阻止する「チャイルドロック」機能もあります。

我が家のアラウーノSⅡの写真です。

アラウーノSⅡは、戸建て住宅を中心に目覚しい販売台数を誇る良品です。
価格面も抑えた商品になっており、他メーカーのタンクレストイレに比べて、定価ベースで約100,000円も安いので、予算がない方にもお勧めできる商品ではないでしょうか。我が家は実際に使用しておりますが、特に問題を感じているわけでもありません。特に泡で洗浄してくれるため、便器の掃除を行う事は非常に少ないです。最初から入っていた洗剤の時は、よく便器内が黄ばんでいましたので、あまり意味がないと思っていましたが、最初の洗剤がなくなり、市販の洗剤を使用してからは、黄ばみがなくなり、ほとんど掃除する事がなくなりました。アラウーノSⅡの利用者としては、お勧めできる商品だと思います。

何か他に製品の使用感について質問がある方は、ご連絡頂ければお答え致します。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる