ゼロエネルギーハウス(ZEH)の住み心地は?メリットデメリットは何?

ゼロエネルギー住宅(ZEH)って実際どうなの?

そう疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

これから標準的になって行くと言われていますが

高いお金を払ってZEHにするメリットはあるのか?

またデメリットは?住み心地って?など気になる事は多いと思います。

我が家は、ゼロエネルギー住宅(ZEH)です。

今回は、実際に体験して感じた事を記事にしています。

これから家を建てる方でZEHを検討されている方にとって、分かりやすい記事になっています。

目次

そもそもZEH(ゼロエネルギーハウス)って何?

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは、ZEHは、ゼロ・エネルギー・ハウスの略称の事です。

ZEHとは太陽光発電などでエネルギーを創り、

日々の空調・給湯・照明・換気にかかるエネルギー量(電気代)の収支を

ゼロにする事が出来る家の事を言います。

そのためには、家全体の断熱効果を高め、

電気代があまりかからないような高効率設備(LED照明やエコキュートなど)を使用して

出来る限り省エネルギーに努める必要があります。

また、そのエネルギーを見える化して

どの程度のエネルギーがどの部屋で消費されているかを確認できるHEMSを導入する必要があります。

HEMSについては別記事にしてますので参考にして下さい。

あわせて読みたい
HEMSって何が出来るの?
HEMSって何が出来るの?みなさん、HEMSって知ってますか?ヘムスと呼びますが、ここ最近ちらほら耳に入ってくると思います。これから新築を建てる方は、導入する方が多くなってくるはずです。...

つまりは、ZEHの家は快適な家になるという事です。

断熱性能が優れている住宅は、家中の温度差が小さくなります。

そのため結露やカビの発生少なくさせる事が出来、

室温の差による体への負担が少なくなるため健康で快適に過ごすことが出来ます。

しかも年間の電気代が0円と言う事は、

今まで賃貸に住んでいた時の光熱費がタダになるという事です。

ちなみに、4人家族の年間の光熱費平均は約14万円と言われています。

10年で140万、20年で280万もお得になります。

補助金を貰えるのであれば、ZEHの家にしても最終的な収支はプラスになると思います。

このゼロエネルギーハウスを政府は2020年までには標準的な新築住宅に、

2030年には全ての新築でZEHを目指しています。

つまり、これから先の新築住宅では、

ゼロエネルギーハウスが当たり前になる時代が

もうそこまで来ているという事です。

ZEHにして良かった点

電気代の削減

通常、賃貸のアパートから戸建てへ引越しを行った場合、基本的には住んでいる空間が大きくなります.空間が大きくなると、光熱費は上がると言われています。
しかし、オール電化にした事で、ガスの費用がゼロになった事は非常に大きいです。

我が家の場合は賃貸時代と比べて、今の戸建ての方が光熱費の掛かっていません。
この光熱費に関しては、太陽光の売電を含まなくても、賃貸時代より掛かっていない事が凄いといった点です。

ゼロエネルギー住宅では、家の断熱は勿論の事、省エネなエコキュートやエアコンなどの製品を使用しなければいけないといった理由もあると思います。

これからの標準的な家になる・・・?

これからZEHが当たり前の時代が来る・・・と言われていました。実際には、来るのかもしれません。しかし、それは遠い未来となったかもしれません。
個人的には残念ですが、省エネ基準が見送りされたことです。
省エネ基準が見送りした理由は色々あるようですが、国の考えとしては、施主が寒い家に住もうが、暑い家に住もうが関係ないという事でしょう。CO2の排出量が減れば良いという考えでしょうから・・・。

また、いつ省エネ基準が復活するか分からないところの嫌ですよね・・・。
もし、2020年ではなく2021年に省エネ基準が設けられた場合、2020年に建てた家が省エネ基準を満たしていれば問題ありませんが、もしも満たしていない場合は?
ゼロエネルギー住宅が標準的な家になった場合、家の資産価値は、新築であっても資産価値なしとなります。

難しい問題ですが、一つだけ言える事は性能の良い家=快適な家と言う事は間違いありません。

ヒートショックの原因は家の寒さが原因

ヒートショックって冬になると良く聞きますよね?でもヒートショックって何だろう?と思っている方も多いと思いますので、解説します。
簡単に言うと、ヒートショックとは、急激な温度差によって脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまう事です。
つまり、リビングはエアコンなどを付けていて暖かい空間でも、トイレや脱衣所、場合によっては浴室などエアコンのついていない寒い空間では温度差が生じてしまいます。

しかもこのヒートショックで亡くなっている方は交通事故の2倍近くいるそうです・・・。

ヒートショック対策として、暖房器具をトイレや洗面脱衣室へ設置される人も多いらしいですが、省エネではありませんよね?
どっちかと言うと、さらにエネルギーを使用してしまう事となり電気代も上がる・・・悪循環です。

そもそも、家全体が暖かければ、ヒートショックのリスクは減ります。ZEHは、断熱が良くなければゼロエネルギーハウスにはなりません。
断熱・気密が良い家であれば、家全体が寒くなる事はありません。
※エアコンは使用しなければ、やはり寒くはなります(笑)

災害の際に太陽光で使用可能

近年、異常気象や災害が多い気がしますが、大きな地震が発生した場合、電気の供給が止まる事があります。我が家はオール電化ですが、停電になると正直生活出来ないと思います。

しかし、ZEHには太陽光発電が必須です。停電時であっても電気を作る事で、災害時(停電時)でも同じように電気を使用する事が可能です。蓄電池があれば、作りだした電気を保存する事が出来ますので、災害時(停電時)の夜の時(太陽光発電が電気を作っていない時間帯)でも同様に電気を確保出来ます。

蓄電池は、必須ではありませんが、これから必要になるものだと思います。ただし、今現在(2019年)は、まだまだ価格が高価であるため、簡単に手が出せる商品ではありませんが・・・。

補助金が出る

どうして国がZEHを進めていると思いますか?

それは地球温暖化を少しでも食い止めたいからです。

住宅におけるエネルギーを少なくする事で地球温暖化を防ごうと言った狙いがあるためです。

しかし、正直ZEHの家は通常の家よりお金がかかります。

断熱材やサッシは勿論ですが、一番はやはり太陽光パネルの搭載です。

太陽光を載せていない家は沢山あります。

その理由は日照条件などもあるでしょうが、一番は大きな費用が掛かるからではないでしょうか。

しかし、ZEHは国が進めている事業です。そのため補助金が出ます。

2018年のZEH補助金は、70万 蓄電池の補助金 3万/KW(上限30万)
2018年にはZEH+(ゼッチプラス)が追加されました

今までのZEHよりもさらに上の省エネ性能、ZEH+が追加されました。

具体的にさらに上の省エネ性能とは
⓵ ZEHの一次エネルギー消費量の削減量が20%以上でしたが、ZEH+は25%以上
⓶ 次の3要素の内2要素以上を採用
⓶-1 外皮性能がさらなる強化
UA値(W/㎡K)が1・2地域で0.3以下(ZEHでは0.4以下)
3~5地域で0.4以下(ZEHでは3地域0.5以下、4、5地域で0.6以下)
6・7地域で0.5以下(ZEHでは0.6以下)
⓶-2 HEMSの導入にり、スマートフォン等で外からエアコンやエコキュートの操作が出来る事
⓶-3 電気自動車が充電できるコンセントの設置

2019年度の補助金はまだ確定はしてませんが、

補助金が出る方向である事は間違いありません。

大きな枠組みが確定していないので、はっきりとしたことは言えませんが、

2018年度と同等の補助金が出ると予測されています。
※はっきりと決定後、記事を更新します。

ちなみに、2018年度の補助金は、70万となってます。

標準仕様でゼロエネルギーハウス(ZEH)ですという工務店やハウスメーカーがあると思います。

そういうハウスメーカーなどで建てるのであればZEHの補助金を貰わないと損ですよね?



ZEHにして悪かった点

初期投資がかかる

先程の補助金の話と同様に考えてみると、補助金を70万貰います。しかし、ZEH仕様にした場合、標準仕様から+120万かかりますと言われると、補助金貰っても、50万はさらに手出ししなければいけません。
また、太陽光発電を載せれば、家の仕様(断熱材やサッシなど)は問題ないですと言ったケースもあると思います。太陽光を何KW載せるかでも価格が変わってきますが、補助金の70万で太陽光を載せる事が出来ないと思います・・・。

同様に、120万の太陽光パネルを載せて70万の補助金を貰う・・・結果的に、50万で太陽光載せれたから良いよね!と納得できるのであれば問題ありません。

ちなみに我が家はそう思ってます。太陽光は補助金で載せれたと考える事で、平均すると年間の電気代はゼロです。
大きなメリットだと思いませんか?

窓のサイズや屋根の形状に制約が多い点

窓って家の中で一番断熱性能がないって事をご存知ですか?天井や壁、床はある程度断熱効果があります。しかし窓は若干の隙間がある事、そして壁ではなくガラスである事などが原因で比べると断熱効果が低いです。

そのため、開放感のある大きな窓が欲しい!!とした場合、その場所にその大きさのサッシは厳しいなど制約を受ける可能性があります。勿論、ある程度の事は大丈夫ですが、そういった制約がある事は間違いありません。

我が家も、計算して見る前は、サッシの数が多いかな、窓の大きさが大きいかなと設計士に言われていました。
計算すると問題ないとの判断でしたが、そういった恐れは必ずあります。

おしゃれな家は窓の使い方が上手です。勿論、使っている材料だけで、見た目がオシャレに見える事も多々ありますが、窓の制約がある事は気を付けておきましょう。

また、屋根の形が制約される事もあります。太陽光パネルを載せるため屋根の角度など、外観にも影響が出ます。

あわせて読みたい
知らなきゃ損する!屋根の形で家の印象は変わる
知らなきゃ損する!屋根の形で家の印象は変わる外観のデザインは勿論ですが、家の見た目やオシャレ感・印象を決める大きな要素には勿論屋根の形が重要になってきます。同じ間取りでも屋根の形変えるだけで、見た目が...
あわせて読みたい
屋根材の種類と選び方
屋根材の種類と選び方皆さん、家ってオシャレで使い勝手良くて、広くてなど理想があると思います。しかし、雨風や、暑さ寒さをしのぐ事が一番大事です。もちろん火事などが発生した場合でも...
あわせて読みたい
軒や庇は必要なの?メリットデメリットは何?
軒や庇は必要なの?メリットデメリットは何?軒(のき)や庇(ひさし)ってどういった役目をしているの?そう疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?昔ながらの住宅には、必ずの軒や庇のある家が圧倒的に...

ちなみ我が家は片流れ屋根を採用してあすが、これもZEHの影響でそうしなければいけなかったです。

性能も大事だけれど、おしゃれな家にしたいと思っているのであれば良い設計士に巡り合いたいですね。

太陽光発電やその他設備機器のメンテナンス費用が高くなる可能性がある

家の設備の性能が高ければ高いほど、故障した場合などのメンテナンス費用は高くなります。ZEHの家であれば、高性能でありながら省エネなエアコンやエコキュートが必要になります。
壊れない事を願うばかりですが、家電なんかも10年サイクルで故障になると言われていますが、エアコンやエコキュート、太陽光発電等も同様、いつかは故障するものです。
そういった際に当たり前の話ですがメンテナンスが必要になる事は間違いありません。

しかし、高い商品が壊れやすいというわけでもなく、むしろ壊れにくいように設計されているケースも多いため一概にデメリットと捉える必要はないかもしれませんね。

また、太陽光発電にもリスクはつきものです。しかも年々売電価格が下がってきていますので、これからは売電の時代ではなく、全ての電気を自家消費になる時代が来ているのだと思います。
もう少し蓄電池の価格が安くなれば・・・と思いますが。
太陽光については別記事にしてますので、参考にして下さい。

あわせて読みたい
太陽光発電でのメーカー選びも悩まない!おススメなメーカーはどれ?
太陽光発電でのメーカー選びも悩まない!おススメなメーカーはどれ?新築やリフォームの時に太陽光発電を検討する方は多いと思います。特に、今はZEH(ゼロエネルギーハウス)を国が推奨している事もあり太陽光発電は今以上に普及する事に...
あわせて読みたい
太陽光発電の2019年問題と蓄電池の関係!
太陽光発電の2019年問題と蓄電池の関係!ここ最近、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に伴い、太陽光パネルを採用している住宅が増えていると思います。太陽光パネル自体が昔に比べると価格面が安くなった...
あわせて読みたい
売電価格は下がっているが2018年でも太陽光パネルお得だ!
売電価格は下がっているが2018年でも太陽光パネルお得だ!太陽光パネル・・・自分の家に検討しているけど、本当にお得なの??売電価格も年々下がっているし、太陽光パネルを載せて実際元は取れるの?今太陽光パネルについて悩...
あわせて読みたい
太陽光パネルはお得?メリット・デメリットと失敗しないパネルの選び方!
太陽光パネルはお得?メリット・デメリットと失敗しないパネルの選び方!太陽光を導入するにあたり一番悩む事は、どの業者に依頼した方が良いのか、パネルの種類はどれが良いのか、どのメーカーの太陽光が良いのかと言う事ではないでしょうか...

ちなみに我が家はゼロエネルギーハウスができる工務店が工務店をきめた理由です。

我が家は、工務店を最終2社で迷いました。

最後の決め手はゼロエネルギーハウス=ZEHで家を建てる事を優先して工務店を決めました。

迷っていた工務店は、ZEHビルダーではなかったのです。
もし、もう一つの工務店がZEHビルダーであれば迷わずもう一つの方と契約していたと思います。
ZEHで家を建てると国からの補助金を貰えるや、
今後普及していくZEHの家に乗り遅れたくなかったからです。
我が家の工務店と契約したのは、2016年6月に契約しており、ZEH元年と言われる年です。
当時、ZEH補助金は125万円の補助金が出る事もあって、
最終的には、ZEH登録ビルダーと契約しました。
一つ残念な事は、すでにZEHを超えるZEH+があるという事が残念ですね・・・。
実は、一度ZEH不採択になってます・・・
一度ZEH不採択という結果でした。
我が家の住宅契約が6月契約であったため、時期的には、5次・6次の公募でした。
申請件数は、2745件中、採択されたのは、470件と大変厳しい結果でした。
1次エネルギー消費削減率に関しては34.7%でHEMS搭載+5点、
BELLSランク取得+5点、外皮平均熱還流率の分で+10点
合計20点の加点がありましたが、不採択でした。
通常では、削減率20%を超えると基準としてはZEHですが、
補助金がないと、無事、ZEHビルダーとしての証も頂きました。
晴れて、我が家はゼロエネルギー住宅です。
時間と労力はかかりましたが、
ゼロエネルギーハウスですので、快適な住空間となっています。
我が家のハウスメーカーの決め手はゼロエネルギーハウスが対応出来るかと言った点でした。全く意味がありません。最終的には、補正予算の公募まで待ちました。

 

まとめ

家っておそらく一生に一度しか建てる事は出来ません。可能であればもう一度建てたいと思っていますが・・・おそらく無理でしょう。
そんな【一生に一度のお買い物】であっても、30年・40年後には家単体の資産価値はなくなります。
中古住宅などは、家の価格ではなくほとんど土地の価格がほとんどです。
しかし、家を購入してから少しのリフォームやリノベーションが出来たとしても、大々的に行うには費用面で厳しいのが現実ではないでしょうか?
家は長期にわたって住み続ける事が当たり前です。オシャレな家、オシャレな空間も必要だと思いますが、断熱性能に優れ、ヒートショックなどが発生しない健康的な家、また日々の光熱費などに掛かるお金を少しでも抑える事が出来る省エネな家を選ぶ事も大事だと思います。

デメリットっもあるにせよ、メリットの方が大きいと、皆さんにもおススメしたいと、ZEHの家に住んでいる私はそう思っています。

あわせて読みたい
【決定版】ハウスメーカーや工務店の選び方と決め手の6つのポイントを解説!後悔しない方法とは…?
【決定版】ハウスメーカーや工務店の選び方と決め手の6つのポイントを解説!後悔しない方法とは…?数が多いハウスメーカーからどうやって1社に絞るの?最終的に工務店の選ぶ基準って何ですか?どうせなら後悔のない家づくりをしたい!自分たちに合う工務店を選びたい!...
あわせて読みたい
一戸建てとマンション違いは何?どっちを購入したらいい?比較は【費用・資産価値・老後・安全性・税金...
一戸建てとマンション違いは何?どっちを購入したらいい?比較は【費用・資産価値・老後・安全性・税金...これから家づくりを行う上で、まず一番最初に検討する事がマンションなのか・一戸建てなのか、どっちがいいのかな?ではないでしょうか?勿論私もどっちがいいか悩みま...

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、にほんブログ村を参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram

 

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる