キッチンの天板は、人工大理石とステンレスどっちが正解?

リンク広告

キッチンの天板は人造大理石がいいのか、ステンレスが良いのか悩んでませんか?

見た目を取るべきなのか、機能性を取るべきなのか・・・・。

そもそもステンレスのデメリットは何?

人工大理石のデメリットは?

どれが掃除がしやすい?使い勝手はどうなの?

価格はどっちの天板が一番安いのかな?

そういった悩みにお答えします。

この記事を読む事で

⓵ステンレス・人造大理石のメリットデメリットが分かる

⓶ステンレス・人造大理石・オシャレに見えるのはどれが分かる

⓷ステンレス・人造大理石の使い勝手や掃除のしやすさが分かる

⓸ステンレス・人造大理石の価格はどの順番で安いのかが分かる

ステンレスの天板のメリット

ステンレスと言えば、耐久性が高いってことが一番上げられると思います。
特に、水や熱、サビに強い事は言うまでもありません。

また、汚れに関してもメリットはあります。
掃除のしやすさで言えば、ステンレスです。

汚れがしみ込みにくいため、拭けば取れる素材です。

基本的には、食器洗い洗剤のような中性洗剤で洗い流す事で、簡単に落ちます。

また、ハイホーム等を使用して汚れや水垢を落とす事も可能です。

また、ステンレスはアルコールで消毒も可能ですので、

常に清潔な状態を保てると言っても過言ではありません。

衛生的にも良いですので住宅以外の飲食施設ではほぼステンレス天板のキッチンを使用されています。

ちなみに、ゴキブリはステンレスのような冷たいものが嫌いとの事です。

天板だけステンレスにしても意味はないですが、

新築住宅で、ゴキブリを見たくないと考えている方は、

オールステンレスのキッチンも検討した方が良いかもしれませんね。

※クリナップのキッチンはオールステンレスのキッチンがあります。

ステンレス天板のデメリット

最初は綺麗だが、時間と共に光沢がなくなる

全ての商品にも言える事ですが、必ず劣化というものはあります。

しかしステンレスの場合はそれが如実に出てしまします。

最初はピカピカ輝いていたのが、水垢などの原因で光沢がなくなってきます。

またステンレスは細かい傷がつきやすく、目立ちます。

但し、このキズの付きやすさを解決するために特殊な加工をしているものもありますので、

参考にして下さい。

ワークトップ表面の特殊エンボス加工が、食器等とワーク
トップが接する面を減少。こすれキズがつきにくく、目立ちにくくしています。

引用:クリナップHPより

もらいさびがつく可能性がある

ステンレスと言えばメリットでも上げたように、

サビにくい事が大きな特徴でもありますが、もらいサビは別です。

鉄製の鍋関係を長時間放置している場合なのでサビが発生する可能性があります。

サビにくいとは言え必ずサビないわけではないという事は認識しておくべき事でしょう。

ステンレス天板は好き嫌いが分かれる

ステンレスの天板ははっきり言って好き嫌いが分かれる部類です。

シャープでステンレスがキレイだと思う人がいれば、

そのステンレスの色が嫌いという方もいると思います。

人造大理石は多くの色から選べる事に対し、

基本ステンレスの場合であれば色は選べません。

傷だけでなく、凹む可能性もある

硬い物を落とす等した場合、天板が凹む可能性があります。

料理する場合だけでなく、洗い物をする時なども、

物を落とさないという事は出来ないですよね?

あくまでも可能性の一つですが、一度凹んでしまうと、

交換以外元に戻る事はありませんので、注意が必要です。



人工大理石のメリット

では次は人工大理石のメリットデメリットを挙げていきます。

インテリアに合わせた色や柄を選ぶことができる

今はキッチンも家具の一つと捉える事が常識になってきました。

要は家の中でインテリアの一つなので、キッチンをオシャレに見せる事が出来る、

もしくは、オシャレに見せたいと思っている人が多いという事です。

特にアイランドキッチンやペニンシュラキッチンを検討している人は、

人工大理石の方が色が柄を選択出来ますのでオシャレに見えます。

水垢が目立ちにくい

ステンレスはやはり水垢が目立つ事に対し、

人造大理石は水垢が目立ちにくいです。

見た目をキレイに保つならば、水垢は天敵とも言えますよね?

勿論、色や柄にも目立ちやすい・目立ちにくいなどあると思いますが、

ステンレスに比べると目立ちにくいのは間違いないです。

人造大理石(人工大理石)天板のデメリット

熱や液体のシミで変色を起こす

人工大理石にした場合の一番の不安な点ですよね?

しかし、例えば醤油などをこぼしても放置する事でシミは出来てしまいますが、

基本的には24時間以内であれば、

簡単に拭き取る事が出来、シミになる事はないそうです。

旅行などで、長時間家を空ける期間があるのであれば、

その前に入念にチェックをする事で解決出来ます(笑)

また、鍋やフライパンを熱い状態のまま置いてしまうと変色してします事もありますので、

しっかりと鍋敷きなどを使用しなければいけません。

※ちゃんとマメにやられている方は、正直何の問題もありません・・・。

傷も付きやすいし、重たいものを落とすと天板が割れる可能性がある

可能性の話ですが、衝撃に対する強さで言えば、

ステンレスの方が優れています。

ステンレスの場合は凹むと言った事になりますが、

人工大理石の場合は割れる・・・

使用した期間にも寄りますが、凹んでも使用は出来ますよね?

しかし、割れた場合は使用する事は出来ないです。

特に、シンクの中が割れた場合は水漏れの原因にもなります。

また、傷に関しては、ステンレスも人大も変わりません。

どっちにしろ付きます(笑)

黄ばみが出てくる

良く言う黄ばみ問題。

紫外線による経年劣化で出てくると言われています。

また、他にも調理したものによっては色がつくんじゃないかと心配になりますよね?

特に色がホワイト系の色であれば、黄ばみは少し目立ちます。

基本的には、メラミンスポンジでゴシゴシすれば取れます。

それでも落ちなければクレンザーなどを使用すると落ちるケースがほとんどのようです。

また、シンクの中も人造大理石にする場合、

色が一緒であれば統一感は出ますが、

はっきり言えば天板よりもシンクの中の方が必ず汚れます。

色を変えて汚れが目立たない色を選択するのも手です。

色の選択については、

汚れの事も含みショールームで確認する事をおススメします。

焦げのついた鍋など放置しておけばやっぱり「もらい錆」がつく

ステンレスも同じですが、実は人工大理石でももらいサビがあるんです。

どっちを選択しようが、鉄製の鍋関係を長時間放置したらいけないと言う事ですね。



ステンレス・人工どっち選ぶ?ポイントとは

簡単にステンレスと人工大理石の場合のメリットデメリットをまとめました。

ステンレスのメリット 人工大理石のメリット 人工大理石のメリット
●水や熱、サビに強い ●インテリアに合わせて色選びが可能
●掃除のしやすさ ●水垢が目立ちにくい ●水垢が目立ちにくい
●衛生的にも◎
ステンレスのデメリット  人工大理石のデメリット
●光沢が最初だけ ●シミで変色する可能性がある
●傷がつきやすい ●物を落としたら割れる可能性有
●もらいサビの可能性有 ●もらいサビの可能性有
●色が選べない
●物を落としたら凹む可能性有

見てわかる通り、どちらが良いとは言いにくいと思います。

メリットデメリットだけでは判断出来なければ、他で検討するしかありませんよね?

キッチンは家具である

先程と同様の話にはなりますが、

キッチンの形が【アイランドキッチン】もしくは【ペニンシュラキッチン】であれば、

人工大理石の方が栄えます。これは間違いないです。

今は、キッチンは一人寂しく料理を行う作業台ではなく、

オシャレ感が増す最重要アイテムです。

人(お客)に見られても問題ないキッチンが主流になってきています。

どういったキッチンを選ぶかによって、

天板をどうするのか決める判断になるのではないでしょうか?

お手入れはどっちが楽?

最初は良くても、後からは段々ズボラになる・・・可能性はありますよね?

そういった時に、どちらの方が楽なのか、これも重要なポイントです。

個人的に思うのですが、水垢は簡単には落ちないという事です。

勿論、初期の水垢は簡単に落ちますが、

長年水垢になって掃除もしていない水垢を落とす事は・・・大変ですよね。
※個人的な意見です。

人造大理石とステンレスってどっちが安いの?

予算って必ずありますよね?(ない方は羨ましいです)

各キッチンメーカーで異なるかもしれませんが、

大きな差はないにしろ(それでも数万円にはなる)ステンレス天板の方が安いです。

但し、最終的には、キッチンメーカーでは価格の差は確認出来ないので、

ハウスメーカーや工務店に価格差を聞かないと分かりません。

価格の確認をして予算オーバーしている場合などはステンレス天板を検討してみるのも有りかもしれません。

また、天板は人工大理石・シンクはステンレスといった組み合わせも有りだと思います。

それでもどっちにするか決まらない人は

キッチンに限らず、間取り~サッシ~クロスなど全てにおいて言える事ですが、

【一番大事なことは、後悔しないかどうか】だと思います。

だからこそ悩むとは思うのですが・・・。

一度家を建ててしまえば、簡単に取り換えは出来ません。

【やっぱり、天板はステンレス(人工大理石)にすれば良かったなぁ】ってなる事は避けたいですよね?

出来れば【やっぱり天板は人工大理石(ステンレス)にして正解だったな】

と思いながら料理や家事をした方が、後々自分にとって有意義な時間になると思いませんか?

予算等もあるとは思いますが、

自分にとってキッチンは、

家づくりの中でどの程度優先順位が高いのか考えて見ましょう。

トイレよりも優先順位が高いのであれば、

トイレのランクを落としてでも、キッチンのグレードを上げる、

風呂よりも優先順位が高いのであれば風呂のランクを落としてでも、キッチンのグレードを上げる。

そのようにして限られた予算の中でやりくりしていきたいですよね。

まとめ

ちなみに、我が家の天板は人工大理石です。

シンクはステンレスですが、

個人的にはシンクの中も人工大理石が良かったかなと思っています。

その理由は水垢ですね・・・。

こまめに掃除している人は問題ないのかもしれませんが、水垢は簡単には取れない(泣)

最終的な使い勝手などは、使用してみないと分からない事ばかりです。

使う人によって、良かったり悪かったりと言う事も多い事でしょう。

しかし、まずはステンレスや人工大理石の特徴を知る事が大事です。

【知らなかった】って理由で後悔する事は避けたいですよね?

そしてメリットデメリットを知った上で、

自分自身に合うキッチンであったり、天板であったりを選んで欲しいと思います。

キッチンは作業時間が長い場所です。

後悔のあるキッチンだと、

【使いにくいなど】でストレスを感じるかもしれません。

このブログを参考にして、理想のキッチンを手に入れて下さい。

キッチンについては別にも記事にしてますので参考にして下さい。

キッチンの上手な選び方

後悔したくない!生活感のないオシャレなアイランドキッチン選び。特徴とメリットデメリット

タカラスタンダードのキッチン【オフェリア】を紹介!マグネットやホーローが良い!

https://a-yu-yu-ta.work/ihクッキングヒーターのメリット・デメリット/

食洗機を迷っている方は必見!知っておきたい食洗機の主な特徴

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、にほんブログ村を参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です