Pid4M 室内物干しワイヤーはコスパ最高!

リンク広告

洗濯物は通常外に干す事は普通ですが、共働きの場合だと、夜にしか干せない事もあり室内に干す事も多いかと思います。

また、梅雨時期の雨の多い時期であったり花粉が飛んでいる春先のシーズンなども同様、部屋干しする家庭が多いのではないでしょうか?

我が家は今回、室内物干しでコストパフォーマンスの高いPID4Mを購入し、取付を行いました。

ちなみに、以前にも室内物干しについて、メーカーの比較を行っておススメなメーカーについて記事にしていますので、良ければそちらも参考にして下さい。

室内物干しのおススメのメーカーは?

室内物干しワイヤー Pid4Mの特徴

使いたい時にだけ、ワイヤーを伸ばして使用

使用する際は、簡単にワイヤーを引き出して、気軽に選択物を干せる室内物干しです。

ですので、物干し竿がいらない事も大きな特徴です。また、使用しない時はワイヤーが収納され、スッキリとなっており、またコンパクトであるため目立ちません。それどころか、インテリアの一部になるような商品です。

2009年に『グッドデザイン・中小企業庁長官賞』を受賞している、デザイン的にも優れた製品となっております。

後付けが簡単

既に家が完成してしまっている場合でも簡単に設置が可能です。室内物干しの中でも、天井に収納するタイプは後から取付の場合は、天井の下地が入っているかの確認や強度の確認を行わいといけません。

通常の天井下地に取り付けも可能かもしれませんが、室内物干しの重さや、洗濯物を干した重さで、天井クロスにヒビが入る可能性もゼロではありませんので、天井に収納される商品を取付の際は、事前に相談して下地を入れてもらう事をおススメします。



干せる耐荷重は10㎏

干せる耐荷重が10㎏は結構な量です。ちなみにホスクリーンやエアフープは天井保護のため、耐荷重を8㎏に設定のしてあります。

ホシ姫サマの手動で動かすタイプも同様に8㎏の設定ですので、それに比べれば多少は耐荷重も大きいです。

天井付けと壁付けの違いが若干あるのかもしれません。天井付けだと、やはり重力がありますから、大きく耐荷重を取れないという事だと思います。

室内物干しPid4Mを取付してみました!

Pid4Mを購入し、DIYにて取付を行いました。取付方はいたって簡単。下地が入っている場所に固定するだけです。

我が家みたいな後から付ける場合は、ある程度つける場所が限られてきます。

絶対にこの場所に取り付けを行いたいと思ってもその場所に取り付け出来ない可能性がありますので、注意が必要です。

下地の探し方

下地の探し方は、壁を少し叩いていく事です。音が軽い音から硬い音へ変わる場所があります。その音が変わった時が下地がある場所です。

下地といっても、壁を構成するための間柱になりますので、恐らくあまり大きくありません。ですので、少し探すのが難しいです。

しかし、必ず下地がある場所があります。それは、室内ドアのすぐ真横や、サッシのすぐ横です。室内ドアの枠やサッシを固定するために、そこには必ず下地材があります。その部分の叩くと分かりやすいと思います。下地がある場所と、ない場所の音の違いが分かるのではないでしょうか?

また、下地を探す道具があります。下地センサーと言う名の道具です。金額的にも1,500円程度ですので、家庭に1ケあれば充分ではないかと思います。

今後、他にもDIYで何かしらやろうという気持ちがあるのであれば、購入をおススメします。下地センサーの使用方法は動画を参考にして下さい。

実際の取付(ビス固定)

取付に関しては、電動ドライバーが必須です。と言うのも、取付に使用するビスが結構長いのです。10kgの重さに耐える事が出来る物干しですので、取付に使用するビスが長いのは当たり前。しかし取付を行う方からすると、流石に手回しのドライバーでは萎えてしまいます。

ちなみに、電動ドライバーがあれば、取付に10分も掛かりませんでした。
基本的には、まっすぐ取付を行いたいところですが、多少であれば、ズレていても問題ないと思います。

この製品、4Mまでワイヤーが伸びますので、ある程度の場所に取り付けが可能です。取付説明書には、取付高さが1700ミリ以上の場所へ取付して下さいと記載がありました。恐らく多少ワイヤーが垂れるため、洗濯物が床に付かないようにだと思います。基本的には取付け位置は任意の高さで問題なさそうです。

実際につけた感想

製品、すごく良いです。簡単ですし、目立たない。使用している時だけ引き出す。この製品を設計した人は素晴らしいと思います。ワイヤーが少し垂れる事が難点だと思ってましたが、正直全く問題ありません。少しくらいの垂れでも問題はないです。垂れて洗濯物が中央に寄って来るのでは?と思いますよね?実際に私は思ってました。しかし、全く問題なく使用出来ます。

商品の金額も安いです。収納式の上から降りてくるホスクリーンやエアバーに比べると金額も安いです。しかも10㎏も対応できるとなると、コスパは高いと言えます。これから新築を計画している方や、室内物干しを検討されている方は、是非検討して下さい。私は、採用して問題ないと思いました。

このブログが皆さんの今後の家づくりに役に立てば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です