トイレの位置に悩まれている方必見!もう迷わない、トイレの場所!

リンク広告

朝起きてトイレに行く人って多いですよね。私は必ず朝起きてトイレに行きます。
そんな一日の始まりがトイレで、起きてから、どの位置まで歩いて行くのかって意外に重要です。

トイレは家の中で必ず一つはあります。そんなトイレの場所ってどこが良いのか考えた事はありませんか?

トイレは、生理現象を行うスペースですので、音の問題などを考えるエリアでもありますし、小さな個室なので、オシャレな個室に簡単に出来る空間です。

そんな空間ですが、場所を間違えると使いづらいとなります。トイレに行くまでに距離が遠い、しかしあまりにも近いと音が聞こえる、衛生的に考えると少し離した場所にしたいなど、考えると結構重要な事だと思いませんか?

今回はトイレの位置を考えて見ます。

一番ダメなトイレの場所

例えば、キッチンの場合であれば、家の中では重要な役割を果たします。キッチンの配置は勿論の事、キッチンのスペックなどにお金を掛けるところです。

しかし、トイレの場合はどっちかというと魅せるのとはちょっと違いますよね?勿論、トイレがオシャレな家は沢山あります。しかし、本来トイレは恥ずかしい場所でもありませんか?

ですので、トイレはリビング・ダイニングのように、一番滞在の時間が長い場所から見える位置は基本的に避けられているはずです。もし、あたなが今貰っている間取りの中で、トイレがリビングのソファから丸見えの間取りになっているのであれば、設計士を変えてもらった方が良いと思います。

では、その理由はなぜか?

ご飯食べている途中にトイレに行く時、親から行儀が悪いと言われた事はありませんか?食事している時にトイレが見える事は基本嫌ですよね?

また、トイレには臭いの問題と音の問題があります。食事中に音や臭いってやはり避けたいと思います。ですので、ダイニングの場所の近くにはまずありえません。

同様にリビングも同じです。
くつろいでいるリビングからトイレの中が見えたり、音が聞こえたり臭いが・・・って想像したら嫌ですよね?

勿論、扉を付けているから、便器が丸見えにならないし、音も遮れますと、もし設計士に言われたとしても、扉を開ければ見えるわけです。

食事中にトイレの扉が開いて便器が見える・・・嫌ではありませんか?

個人的な考えになるかもしれませんが、リビングダイニングから廊下も設けずに行けるトイレはまずありえないと私は思います。

水廻りが近くにあるパターン

良く聞く話で、水廻り(トイレ・洗面・風呂)の場所が近ければ近いほど、価格も抑えられるといった話を聞いた事あると思います。

その理由は配管の長さが短くて済むからといった理由が主な理由です。

しかし、価格が安くなったとしても使い勝手が悪い場合では意味がありません。

例えば、

出典:http://sumai.panasonic.jp/sumu2/basic/vol6/02.html

こういった間取りの場合、リビングダイニングとはきちんと離れているし、音や臭いの問題もほとんど感じる事はないと思います。

また、トイレの中に手洗い器を設ける必要がありません。トイレが終わった後は、洗面所を利用すればいいので、手洗い器分が得になります。

しかし、お風呂に入っている人がいる場合、トイレが使いにくいといったデメリットがあります。
特に、男の子ばかりの家族であればさほど気にならないかもしれませんが、女の子が多い家庭であれば、尚更使いずらいと思います。



トイレを配置する時の考え方

まずはどこに配置するのが良いのかと悩みますが、実際はどこに配置するのが良いのかと考える前に、他に考えるべきことがあります。それは、誰のためのトイレかって事です。

誰を基準に考えるのかが大事なポイントになります。

例えば、高齢の親と二世帯ではなく同居で考える場合は、優先順位としては高齢の親を考えて、親の寝室から近い場所へ配置した方が良い等優先順位が決まってきます。

では、普通の家庭であれば、誰のためのトイレ?

そう、それは家族みんなのためのトイレです。間違ってもいつ来るか分からない来客のトイレではありません。いつ来るか分からない親戚のためのトイレではありません。普段生活をしている家族みんなのトイレです。

ですから、家族全員の使い勝手が良いトイレの場所がベストだという事です。

結局どこの場所にあるのが良いのか?

では結局どの場所にあるのが一番良いのかといった問題です。結局残されている場所は、玄関の近くしかありません。昔の家は廊下があり、玄関とトイレは離れているケースは多かったです。

出典:http://www.sazaesanitiba.com/madori.html

おもしろい間取図があります。サザエさんの家の間取りです。この間取図を見れば分かりますが、廊下が長く、トイレと玄関は離れています。この間取が、ひと昔前の間取図の代表と言えます。

しかし、今は廊下がある家はほとんどありません。家のサイズもコンパクトになり、廊下をなくして少しでも空間を広く取る事を優先しているからです。

玄関の近くって結局どうなの?と思っている方も多いと思います。

まずは、玄関の近くである問題を上げて見ます。

玄関付近では、来客時に玄関で話し込んでいればトイレに入りずらい、またトイレの中にいた際お客が来た場合、トイレから出にくいといったデメリットがあると言われています。

しかし、この話は少し前の話です。昔の家であれば、確かにそういった事は充分に考えられます。

しかし今はインターフォンがあり、簡単な話であれば玄関を開けて話をする事がありません。ぶっちゃけ、玄関先で話す事をやめて、家の中に入ってもらうか、玄関から出て外で話せばいいだけですので、デメリットとは言えないと思います。

むしろ、小さい子供がいる人にとっては、有難い間取りになります。
どこかに出かける前にトイレ・帰って来た時にすぐにトイレに入れるといったメリットがあります。

また、玄関付近であれば、リビングから丸見えといったケースはあり得ないので、その問題ありません。

注意点としては、トイレの入り口がドアの場合、外側に開いてくるので、ドアの前に人がいる場合、ぶつかる危険があります。人の通り道にトイレがある場合は注意が必要です。

まとめ

トイレは目立つ場所は避けた方が無難です。しかし、トイレに入る回数は、家族全員を考えると多いです。そのため、トイレに行くまでの動線が長いと不便になります。

使用頻度が多いため、配置場所に失敗すると、家づくりの失敗へとつながる可能性が高いです。

たかがトイレですが、トイレの配置は簡単なようで難しいです。

どうしても、家の中で大事なリビングやキッチンなどを考えがちですが、トイレの場所にも気を配らないと後悔する家になるかもしれません。

ちなみに我が家は玄関開けたらすぐにトイレの扉が見えます。配置については全く問題を感じていません。

トイレについて、他にも記事にしています。良かったらそちらの記事も参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です