トイレや洗面脱衣所に窓は必要か?

リンク広告

我が家は、トイレや洗面・脱衣所に窓が付けました。

しかし、その窓を開けて使用している事はほとんどありません。

そもそも、洗面所やトイレに窓が必要なのか?

という事について改めて考察したいと思います。

これから住宅を計画している皆さんの少しでも役に立てばと思いますので参考にして下さい。

窓の役割

改めて窓の役割を考えて見ます。

窓の役割として①採光②通風の2点です。

この二つは私達が健康に生活する上で必要と考えられています。

そのため、居室には必ず窓を設けなければならない事が建築基準法で決まっています。

皆さんも暗い家よりは明るい家の方がいいですよね?

多くの方がそう思うからこそ、

日当たりが良い土地が人気があり、

日当たりの良い土地の方が金額も高くなります。

また、通風も問題も大きなポイントです。

家にいる間、風通りが良い家の方が居心地も良いですし光熱費の削減にも繋がります。

空気の入れ替えなども窓がないと自然には出来ません。

これから新築される方は、機械で換気を行う24時間換気を必ず設けなければなりません。

しかし、24時間換気では確かに空気の入れ替えは可能ですが、

風を体感する事はないんです。

窓については、別記事にもしていますので、良ければ参考にして下さい。

24時間換気システムについても別記事にしてます。良ければこちらも参考にして下さい。

トイレに窓は必要?

ひと昔前のトイレには窓が必ずと言っていい程窓があったと思います。

その理由は臭いがこもるのを避けるためです。

汲み取り式のトイレはどうしても臭いがこもりますからね。

しかし、今現在は水栓トイレになってから衛生的にも良いですし、臭いの戻りもありません。

トイレの水洗になり、トイレに換気扇をつける事が当たり前になった事で、

団地のアパートやマンション関係は、

トイレに窓がない間取りになっているケースが多いと思います。

でも、一戸建ての場合は?

インスタグラム等で間取りを見ていると、ほとんどの家庭でトイレに窓をつけています。

恐らくですが、トイレには窓が必要という常識が

頭の中にあるために窓が付いているのではないかなと個人的に思っています。

トイレに窓を付けた場合のメリット

トイレの中に明かりが入る・空気の入れ替えが出来るため、

換気扇だけよりも臭いがこもりにくい点がメリットだと思います。

また、窓をつける事によって出来る窓枠を利用し、物を置ける事もメリットです。

もし、窓がない場合は、何か物を置きたい時には棚を設ける必要があります。

しかし、メリットとして考えるには小さいと個人的には思っています。

トイレに窓を付けた場合のメリットは小さい

明かりが入るかもしれませんが、夜になると明かりは入ってきません。

その場合は照明をつける事になります。

また、昼間でも場所や窓の大きさによっては光が多く入ってくる事もないと思います。

その場合はやはり照明をつける事になります。

電気代などでメリットがあるわけではないという事です。

また、臭いの問題ですが、今はトイレでも脱臭機能が付いていますし、

最悪消臭スプレーを使用すれば臭いも大きく気になる事もありません。

換気扇は常に付いているわけですから、大きく気にする事もないのではないでしょうか?

トイレに窓を付けた場合のデメリット

しかし、デメリットは大きいです。

まずは断熱問題。どうしても窓は壁に比べて断熱効果が低いです。

いくら樹脂サッシや木製サッシを使用したとしても壁には敵いません。

窓から冷気が入ってきて寒いなど考えられます。

また、窓を設けるという事は費用が掛かるという事です。

費用を掛けて窓を設ける事に対して、費用対効果が本当にあるのかという事です。

個人的に思う事は、ほとんど窓を開けてトイレをしている人はいないのではないのか?と思っています。

角度にもよるでしょうが、

トイレを開ける事で、外から見られる危険はあるわけです。

もう一つは防犯性能ですね。いくら防犯の面格子を付けていても、防犯ガラスを付けていようが、

壁には敵いません。

もしもの場合ですが、防犯性能は落ちます。

単純に明かりを入れたいだけであれば、

FIX窓でも良いと思います。そちらの方がよっぽどコスパが良いです。

トイレに窓が必要かの結論

私は必要ないと思います。

我が家には、1Fのトイレには窓がなく、2Fのトイレには窓が付いています。

両方経験しているからこそ言える言葉です。

2Fのトイレを使用する時私はその窓を開けて使用したことは一度もありません。

臭いの問題ではありませんんし、見られるからと言った問題でもありません。

ただ、トイレにいるわずかな時間に窓を開ける行動を取らないという事です。

勿論、光は入ってきます。

ですから、窓が付くのは常識と思っている方は、FIX窓でも良いのではないでしょうか?

個人的にはトイレの窓にお金を使うのであれば、

他の物にお金を使った方がよっぽどマシだと思います。

もし、予算オーバーしているのであれば、トイレの窓を減額案に入れて見ては如何でしょうか?



洗面所(脱衣所)に窓は必要?

洗面所と脱衣所を兼ねている家庭は多いと思います。

そのため浴室の横に洗面所がある家庭がほとんどです。

その洗面所、恐らくほとんどの人が窓が付いていると思います。

これについても考えて行きます。

洗面所に窓を付ける理由は一つしかないです。

その理由は、お風呂からの湿気が入るため、換気をしなければ、カビが生えると思っているからです。

そのため必ずと窓が付いていると思います。

しかし、カビは換気が出来ていれば発生しません。換気扇でも充分換気出来ます。

メリットデメリットについてもトイレの時と同じです。

メリットは
●採光が可能
●空気の入れ替えが窓から可能

デメリットは
●断熱性能が落ちる

基本的には上記の点です。

しかし、空気の入れ替えも換気扇で可能ですし、光は照明で可能です。

また、風呂上りすぐは裸ですので、窓を開ける事はまず無いでしょう。

それでは、家族全員が風呂上がってから窓を開けますか?

おそらく開けてないのではないでしょうか?

風呂が済んだら寝るばっかりですから、防犯的に開けっ放しで寝る事は考えられませんんし・・・。

個人的には、洗面所も同様FIX窓でいいのではないかと思います。

必ず必要とはいえないと思います。

我が家にも洗面所に窓は付いていますが、ほとんど開ける事はありません。

周りの目線が気になるのであれば、天井いっぱいにサッシを付けて光を入れる事をおススメします。

まとめ

窓を設けるためには、家の真ん中ではなく外側に位置しなければいけません。

広い家であれば問題ありませんが、

あまり大きくない家で、必ずトイレに窓を

洗面所に窓をといった固定観念でいくと、間取りに制限がかかる事も多いと思います。

ぶっちゃけ、我が家では開かずの扉となっています。

もう一度家を建てる事が出来るおであれば、トイレには窓を付ける事はまず無いでしょう。

洗面所は、FIX窓を付けるかな

でも優先順位としては低い方ですので、付けない事も考えられます。

個人的な意見にはなりますが、

まだ、家を計画中の方であれば、参考にしてみて下さい。

トイレについては、別に記事にしてます。良ければそちらの参考にして下さい。

今なら新築戸建て住宅を契約した人、既に着工して引渡しが終わった人に朗報です。

今なら¥5,000-分のギフトカートをゲット出来ちゃいます。良かったらブログを参考にして¥5,000-分のギフト券をゲットしちゃいましょう。

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞


Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


注文住宅を建てたいけど、本当にこの会社で大丈夫かな?間取りは本当にこれで大丈夫なの?
気になるハウスメーカーはあるけれど、数が多すぎて全てを回るのは大変・・・

時間の無い中、多くの住宅会社を回って、同じ質問されながら、同じ答えを言って・・・
せっかくの休日を無駄に過ごしたくない
と思っている人は多いはずです。
何たって、私がそうでしたから。

その悩み解決出来ます。

間取りブラン・注文住宅の費用・さらには土地探しまで行ってくれるのをご存知ですか?比較も出来て便利です。
絶対後悔したくない!!家づくりを行う上で必ず皆思う事です。後悔する可能性を少しでも下げるためには一括で比較が出来る事を利用した方が絶対良いと思います。



引越し業者は決まりましたか?

新築の場合、引越しに費用を掛けるより、家にお金を掛けたいですよね?
可能な限り安く引越ししたい・・・それならば、一括見積を利用すべきです。

【仕事は受注したい】
引越し業者は皆思っています。引越し業者は、一括見積サイトから見積依頼をしている事で既にほかに競争相手がいる事を認識しています。

実際の値段交渉は、会ってしなければいけませんが
取り急ぎ一括見積サイトで概算の金額を見る事、そして比較する事で価格を安く出来る事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です