【超簡単】庭に砂場をDIY!作り方の注意点や掛かった費用・時間を解説します!

あゆのアイコン画像あゆ
子供のために庭に砂場を作ってあげたいんだけど…どうやって作ればいいの?
ゆたのアイコン画像ゆた
自分の庭に砂場を作ると、子供専用の砂場になって思いっきり遊べるからね!今回は砂場の作り方について解説していくよ!!

●庭に砂場をDIYしようと検討している人

●庭に砂場をDIYするために準備するのものを知りたい人

●庭に砂場をDIYした時に掛かる費用を知りたい人

●庭に砂場をDIYするやり方を知りたい人

そういった人向けの記事となります。

この記事を読んで庭に砂場を作って子供を喜ばせて下さい。

喜ぶ顔を想像しながらこの記事を読んで欲しいです。

簡単に砂場が作れたので、砂場の作り方を公開しちゃいます!

これから、かわいい子供ために砂場を作ろうと考えている人は必見です!

この記事を読む事で
●DIYで砂場の作り方が分かる

●DIYで砂場を作る時の大体の目安の時間が分かる

●DIYで砂場を作った時の費用がどのくらい掛かるのかが分かる

目次

砂場を庭に作るメリットとは…?

子供って砂場が大好きではありませんか??

私の子供も大好きで、遊具で遊ぶより砂場で遊んでいる時間が長いです。

自分の庭に子供専用の庭がある!

実はこれだけでメリットは充分に感じる事が出来ます。

例えば、公園の砂場には沢山の子供がいたりしますので

思いっきり砂場遊びが出来なかったりし…場合によっては場所や道具の取り合いに…

勿論、子供同時のコミュニケーションは大事です。

その中で協調性やおもいやりの心を学ばせる事は大事です!

しかし、思いっきり専用の砂場で遊ばせてやりたい!って気持ちも親心ですよね??

砂場には子供にとって大きなメリットがあります!

●スコップなどの道具を使って手や指を動かす事で手先が器用になる

●柔らかい土の上を、バケツに砂を入れながら動く事で体幹を鍛える事が出来る

●砂場は子供が自由に遊べる場所のため、遊び方を考える=発想力が鍛えられる

●砂場遊びは水の量などで失敗を経験させることが出来る

そして実は、庭に砂場を作る事で・・

【親】の私達が公園に連れて行く手間が省けて楽になります(笑)

ゆたのアイコン画像ゆた
子供にとっても自分にとってもメリットがある庭に砂場は本当におすすめ!!

庭に砂場を作るために準備するものって何??

あゆのアイコン画像あゆ
何を準備したらいいのかな?特別な道具とか必要なの??
ゆたのアイコン画像ゆた
砂場だけじゃなく、他にも家の事をDIYしていくなら買った方がいい工具とかあるかな!でも砂場に限っては工具は少しで大丈夫だよ!
必ず必要な物

●砂場の砂

●砂場の枠のために木

●砂場の蓋のため木

●防腐剤

●防草シート

●ブルーシート

●ポリカ波板

ゆたのアイコン画像ゆた
砂場の砂は思いのほか多くの量がいるから気を付けてね!!
あると便利な工具

●スコップ【必須】

●スケール

●電動ドリル

●のこぎり

砂場を庭にDIY!砂場の作り方を解説!

早速、砂場にを作り方を解説していきます。

ゆたのアイコン画像ゆた
僕が実際に作った方法を解説していくよ!!

1.砂場の大きさと決める

あゆのアイコン画像あゆ
砂場ってどのくらいの大きさにしたらいいのかな??
ゆたのアイコン画像ゆた
あまり大きすぎても費用が掛かるからね!だからと言って狭すぎると使い勝手が悪いからね…あとは兄弟の人数でも大きさは異なるかな!!

砂場の大きさは悩みますが、土地の広さにもよりますよね??

土地が狭いのに砂場が大きすぎるとアンバランスになります…

ゆたのアイコン画像ゆた
僕はあまり手間が掛からないサイズで作ったよ!そういう考えもOKって事だね!!

砂場の大きさに正解はありませんが、大きければ大きいほど費用は高くなる事は頭に入れておきましょう。

我が家の場合は910×1820サイズで製作しました。

その理由はカットが一回で良かったからです。

木材の長さがL=1820を購入して、半分に切って使用しています。

ゆたのアイコン画像ゆた
電動丸のこがあれば簡単だけど木材のカットが少なければ少ない程、手間はかからないよ!!

2.庭のどの位置に砂場を作った方が良いのかを決める

あゆのアイコン画像あゆ
砂場ってどの場所に作った方がいいのかな??
ゆたのアイコン画像ゆた
一番大事なことは日当たりが良い場所にするって事だよ!

想像して欲しいのですが、雨が降った後にずっと砂が濡れたまま…

そういった場所では子供も満足して遊べないでよね?

せっかく作った砂場なのに子供が遊ばない(遊べない)って意味がありませんので

砂場を作る場所は、必ず日当たりの良い場所にしましょう。

しかし、あまりにも日当たりが良すぎると日射病が心配…

そう思うのであればパラソルなどで日陰を作ってあげると効果的です。

3.砂場の枠の材質を決める

あゆのアイコン画像あゆ
砂場の枠材って何がいいの??
ゆたのアイコン画像ゆた
将来的な事を検討する事が一番いいかな!僕は木枠にしたよ!!

例えばレンガやコンクリートブロック・化粧の石などの場合は

子供が成長して砂場を使わなくなった時にどう処理するか?を考えた方がいいです。

あゆのアイコン画像あゆ
砂場の後を花壇とかにすればおしゃれだね!
ゆたのアイコン画像ゆた
うん、そうだね!レンガやブロックはモルタルで固定していくから解体する時がちょっと大変だよね!後から再利用するならレンガやブロックはおすすめだよ!

我が家の場合は砂場を利用する時間も後3年~5年ぐらいと思い費用的にも安くすむ木にしました!

あゆのアイコン画像あゆ
そういや公園の砂場も木枠が多い気がするね!!

ちなみに我が家は加工しやすいSPFのツーバイ材を使いました。

4.木枠をカットする

木枠をカットして使用します。

ゆたのアイコン画像ゆた
実は手で木材を切るのは凄く大変だよ…

手だけで木材をカットするのは時間が掛かる上に真っすぐ切る事が難しです。

ホームセンターで購入するのであればカットサービス(1カット〇円など)があるので

カットサービスを利用する事をおすすめします!

ゆたのアイコン画像ゆた
もしくは、ホームセンターで電動工具のレンタルがあるから、レンタルサービスを利用するのも手だね!

砂場だけでなく他にも色々DIYをやっていこうと考えているのであれば

安いものでいいので、電動工具を少しずつ集めていった方がいいですね。

ゆたのアイコン画像ゆた
ホームセンターのレンタルは誰かか借りていたらその日にレンタル出来ないデメリットもあるからね…

5.防腐剤を塗る・木枠を組み立てる

本来ならば先に防腐剤を塗ります。

ゆたのアイコン画像ゆた
僕は天気の都合上、先に組立を行ったけど、先に防腐剤で木材を塗った方がいいよ!
あゆのアイコン画像あゆ
どうして先に防腐剤で塗った方がいいの??

枠を組み立てた後であれば、防腐剤が塗れない箇所がどうしても出てきます。

木材と木材がくっついている場所はどうしても塗れないからです。

また、組み立ててない状態で塗った方が塗りやすいため

組み立て前に塗る事をおすすめします。

ワインポイント

防腐処理がされている木材もあります。

そちらの方が腐れにくい製品ですので、そちらもおすすめです。

ちなみに、防腐剤はこちらを使用しました!

塗る回数は最低でも2回塗りましょう。塗れるのであれば、3回でも4回でもOKです。

また組立に関してはビス固定していきます。

固定ビスは外で使用するものなのでステンレスのビスを必ず使用します。

あゆのアイコン画像あゆ
どうしてステンレスのビスがいいの??
ゆたのアイコン画像ゆた
ビスがサビでしまってビスが折れてしますからだよ!折れると固定していないのと変わらないからね!

ビスは必ずステンレス製にしましょう。

どのように木材を組み立てる??

あゆのアイコン画像あゆ
どうやって木材を組み立てるの??
ゆたのアイコン画像ゆた
分かりやすく図で説明していくよ!!
  • STEP1
    4方枠の組立

    まずは木の狭い方を下に並べて4方枠を組み立てます。

    長手方向を外側に・短手方向を内側に入れて横からビスで固定していきます。

  • STEP2
    更に4方枠の組立

    今度は先ほどと反対で木材の広い方を下に並べます。(画像では緑色部分)

    並べ終わると、先ほど組んだ枠を上に置き、今度は枠の上からビスで固定します。

    ※茶色部分から緑部分に向かってビスで固定していきます。

  • STEP3
    砂場の枠・完成
    最後はひっくり返すだけで完成です。
ゆたのアイコン画像ゆた
電動ドライバーがあれば簡単に固定出来るよ!!!

6.木枠に合わせて穴を掘る

防腐剤で塗った後は乾くまで時間があります。

その時にある程度スコップで掘った方が効率がいいですよね!

あゆのアイコン画像あゆ
どのくらいの深さ・どれくらいの大きさで掘った方がいいの??
ゆたのアイコン画像ゆた
深さもあまり深すぎると掘る作業が大変になるからね!かといって掘らなければ砂場にならないからね!基準を説明するよ!!

砂場の深さは今現状の位置から約40~50センチぐらい掘れば問題ありません。

ゆたのアイコン画像ゆた
深く掘ってやれば掘ってやるほど本格的な砂場になるよ!ただ、砂の量も結構必要だからバランスは大事だね!!

元々の土地の時から勾配がついている場合は、その勾配を外構工事で調整している事が多いですよね?

我が家も真砂土で高さを調整して貰ってます。

ですので、本当にレベルを取って水平にすることは非常に大変ですので、

この辺はある程度にしないと時間がかかります。

ある程度でもほぼ問題ありませんので大丈夫です。

7.木枠を入れて防草シートを張ろう!

木枠は本当に置くだけで問題ありません。

どこかに固定したわけではありません。

しいて言うのであれば、周りの土を少し踏んで固めたぐらいです。

木枠を入れたら次は防草シートを張ります。

あゆのアイコン画像あゆ
どうして防草シートを敷いた方が良いの??
ゆたのアイコン画像ゆた
勿論、雑草が生えないようにするためだよ!せっかくの砂場に雑草が生えてきたら嫌じゃない??
あゆのアイコン画像あゆ
うん…そうだね。せっかく砂場に雑草が…抜くのが大変そう…

あくまでも予防ですが、防草シートをしても生えてしますケースもあります。

やらないよりはやった方がいいといった部分です。

防草シートは掘った穴に敷き、木枠で押さえつける部分まで敷きましょう。

8.木枠を設置後土を入れる

防草シートを敷いたら砂を入れて行きます。

ゆたのアイコン画像ゆた
砂は思った以上に必要になるよ!

砂場の大きさや深さを大きくすれば大きくするほど砂が必要になりますので注意してくださいね!

ちなみに砂はせっかくだから除菌砂を使用しましょう。

開封後は雑菌が発生する可能性があるとの事ですが、ある意味その部分はしょうがないかなと思います。

触った感じも全く問題ないです。

ちなみに、多少小さい貝殻が混ざっているので、娘が見つけては喜んでいます。

同じ除菌砂ではありませんが、他にも除菌砂がありますので、良ければ参考にして下さい。

9.庭に子供専用砂場の完成

目の届く範囲で子供が砂遊びをしてくれるので、親としても安心で何より楽です。

本当に作っている時は大変でしたが、作った後が楽になります。

飽きずに長い時間遊んでくれる事を祈るばかりです。

補足:砂場を作ったら【砂場のふた】も作ろう!

砂場だけでは、雨の日砂場は水に濡れっぱなしになってしまいます…

ゆたのアイコン画像ゆた
まぁ雨は少なからずしょうがないとしても…野良猫がやってきて砂場におしっこしたら嫌じゃない??
あゆのアイコン画像あゆ
うん…それは絶対いや!せっかく抗菌の砂を入れているのに意味がないよ…

知らないところで、真夜中に野良猫が庭にいるってあるんですよね…

それを防止するためにも砂場にふたがあると安心ですよね??

せっかくなのでふたも作りましょう。

砂場のふたの作り方を解説!

それでは早速砂場のふたの作り方を説明していきます。

砂場のふたをDIYでやる手順

1.必要な材料を揃える

あゆのアイコン画像あゆ
砂場のふたってどんな材料が適しているの??
ゆたのアイコン画像ゆた
基本は雨に濡れても問題ない材質だね!あとは、あまりにも重たいとふたをあける事が大変だから重たすぎるのも考えなきゃね!

ちなみに、軽すぎると風で飛んでいくので注意が必要です。

我が家では木枠にポリカの波板をつける方式を採用しました!

材料の明細は以下の通りです。

2.木枠をカットして組み立てる

ゆたのアイコン画像ゆた
木材をカットする前に必ず砂場の枠の内側の寸法を確認しようね!!

砂場の枠の内側~内側の寸法を測ります。

この内側からマイナス1㎝が枠の外-外になるように材料をカットします。

勿論、組立に使うビスはステンレス製を使用しましょう!

ステンレスのビスは砂場の枠を作った時に使用したビスでOKです。

ビスは下穴を掘りながらやるとスムーズに固定しやすいです。参考にして下さい。

3.ブルーシートを巻く

あゆのアイコン画像あゆ
どうしてブルーシートで巻くの??
ゆたのアイコン画像ゆた
ブルーシートは凄く優れていて、水を浸透しないんだよ!下地の木を腐らせないためにブルーシートを巻くんだよ!

長期間木を腐らせないためにも、ブルーシートを巻いた方がいいですね。

ブルーシートはタッカーで止めていくと簡単です。

こんな感じで止めていけばOKです。

私は10㎝ぐらいの感覚で留めていきました。

4.波板のポリカを取付

ゆたのアイコン画像ゆた
ポリカはカーポートの屋根とかに使われる事が多いので、衝撃に強い商品だよ!!

ふたに関しては、雨を砂場に入れない事が前提になります!

ポリカは雨などの水を染み込むわけではなく

はじく商品になるので安心です。

ポリカを止めるための釘は基本的には5山ごとに止めていく事が基本ですが

私は釘が余り過ぎたので、途中から2~3山ごとに止めていきました!

長手方向は基本的には木の下地がある場所へ固定しますが

450ミリ以内に固定していくことが基本となっています。

ポリカの波板はブルーシートからはみ出して固定していくようにします。

はみ出した部分に砂場の枠の部分の載せるようい設計してます。

5.完成

完成したら実際に砂場に入れていきます。

仕上がりはこんな感じです。

本来であれば、取っ手を付けてやるとスムーズにふたを開け閉め出来ます!

我が家は取っ手を購入し忘れたので…後で取付を行います!

砂場製作とふた製作に掛かった時間はどのくらい…?

砂場+ふた製作に掛かった時間は、約160分前後です。

時間的にはそんなに多くは掛かってないイメージです。

しかし、電動工具がないと時間的には厳しいかもしれませんね・・・。

今回作った砂場は、L=1820の木材を半分にカットしています。

これは、ホームセンターで購入した時に、カットサービスがありますから、

ホームセンターでカットしてもらうと楽です。

ゆたのアイコン画像ゆた
何度もいうけど…手のみののこぎりは真っすぐ切れないし、大変です!!

また、木材を四角に組む時にはインパクトドライバーもしくは電動ドライバーで固定すれば楽ですが、

これも手回しドライバーで固定するとなると・・・どのくらい時間が掛かったのか分かりません。

家を購入された方であれば、DIYで何かした作る事もあるでしょうし、

組立家具なんかも楽ですので、一台購入しておいても損はないと思います。

ゆたのアイコン画像ゆた
電動工具はホームセンターでもレンタル出来るからね!レンタルも視野にいれるといいかも!

砂場製作に掛かった費用

ゆたのアイコン画像ゆた
価格はみんなが気になる事だよね!今回は紹介している材料の費用をまとめてみたよ!
砂場に掛かる材料費

●砂場の枠 ツーバイ材(2×4)38ミリ×89ミリ L=1830 495円×6本=2,970円

●防腐剤キシラデコール 0.7L 2,200円×1缶=2,200円

●ステンレスビス 51ミリ 20本入り 275円×5袋=1,375円

●除菌砂 15㎏ ¥1,375円×15袋=20,625円

●防草シート 871円+防草シート押え150円=1,021円

砂場合計金額 28,191円

砂場のふたに掛かる材料費

●下地木材 45×45 L=1900 2本セット 2,420円×2=4,840円

●ポリカ波板 6尺 1523円×2枚=3,046円

●波板用 傘釘 9本×4セット=77円×5セット=385円

●ブルーシート 308円

ふた合計金額 8,579円

合計 ¥36,770-

この金額は全てネット販売で購入した際の金額となります。

(送料は含まれておりません)

実際に、ホームセンターなどで購入した場合の方が価格が安い商品もあるでしょうし

100円均一などを利用する事でもっと価格は安くなります。

是非、価格については参考程度に考えて見てください。

実際に私が作った時に掛かった費用は約15,000円ぐらいで済みました!

砂場を外構工事で製作してもらうとどの程度金額がかかるか分かりませんが

DIYだからこそ安い金額で出来るのでは?と感じています。

まとめ:庭に砂場をDIY!作り方・掛かった費用・時間を解説!

今回は庭にDIYで砂場を作る事を具体的に解説しました。

子供専用の砂場があるって子供にとっても私たち親にとっても最高です。

実際、砂場で子供が遊ぶのは小さいときだけで

成長するにつれ砂場で遊ばなくなります…

それは寂しいですが、将来砂場の撤去を考えると、業者に依頼するよりは自分の手でDIYした方が安上がりです。

このブログを見て、砂場を作ってみようと思って貰えたら嬉しいです。

では今回のまとめです。

庭へ砂場をDIYする方法
  1. 砂場を庭に作ることは子供も親にとっても最高!
  2. 砂場のDIYは工具があれば意外と簡単!
  3. 砂場を作ったら砂場のふたも作るべし!
ぜひ、この記事を見ながらDIYしてみてね!

もし、この記事を読んでDIYちょっと難しそうだな…と思った方は

完成された砂場セットもありますので、そちらも参考にして下さい。

他にもDIYで色々やってます!良ければ参考にして下さい。

あわせて読みたい
【見られたくない】塀(生垣・庭木)で目隠し!簡単に作る生垣・庭木をDIYで解説!
【見られたくない】塀(生垣・庭木)で目隠し!簡単に作る生垣・庭木をDIYで解説!そういった人向けへの記事になります。この記事を読むことで、庭にDIYで出来ると分かりますので是非最後まで読んでDIYでおしゃれな庭木・生垣を作りましょう!【庭木・...
あわせて読みたい
【便利】ベランダ・バルコニーにデッキをDIY!作り方・掛かった時間や費用を画像付きで解説!
【便利】ベランダ・バルコニーにデッキをDIY!作り方・掛かった時間や費用を画像付きで解説!そういった人向けへの記事になります。今回、バルコニーへウッドデッキをDIYしてみましたので是非皆さんもDIYにチャレンジしてみてください。気になるところへタップし...

新築戸建て契約済なら!

無料で5,000円のギフト券をゲット /

/アンケートに答えるだけ\

最後まで読んで頂き有難う御座います。他にもためになるブログが沢山ありますので、参考にしてください。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

インスタグラムもやってます。

ブログよりも我が家の写真を沢山載せてます。よかったらフォローして頂けますと幸いです。

インスタグラムはこちら☞

Instagram
スポンサーリンク


スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2017年に注文住宅を建てました。その経験を活かしこれから家づくりを行う皆さんに有益な情報を発信していきますので宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる